Pocket

 

中小企業診断士の試験勉強をしているときに、いつも思うのが、この試験の勉強はスポーツと一緒だということです。

深く理解することを必要とする部分もあるのはあるのですが、どちらかというと広く浅く知っている事が求められる試験なので、幅広い知識を頭にインプットしていく必要があります。

少なくとも1次試験に関しては知っていたら解ける問題を落とさずに解答できたら合格ラインには到達できるはずです。

 

 

幅広い知識を頭に入れる場合に必要なことは『繰り返す事』です。

試験勉強というと、最初にテキストをしっかり読んで1単元ずつ理解を深めていくのが普通だと思いますが、この試験ではそれをやっていては時間が全然足りないと思います。

7科目全てをしっかりと理解した上で解けるようになるためには、おそらく数年間は勉強に費やすことを覚悟する必要があるぐらいの分量です。

 

 

ですが、試験を突破することを目的とした場合には、もっと時間を短縮してクリアすることは可能だと考えています。

僕の場合もそうですし、おそらく多くの人の場合も、資格を取っただけで目標達成でないと思いますので、その先に進むための中間ポイントのはずです。

この中間ポイントをクリアすることが目標を達成の近道になり得るから取るのだと思うので、資格試験は出来る限り短期合格するのがベストだと思います。

 

 

で、短期合格するには短期合格するためのやり方をする必要があり、その1つが先ほど書いた『繰り返し』だということです。

具体的にいうと、問題演習はひとまずはやりません。

もちろん余裕があればやった方が良いことは間違いないのですが、時間的な余裕が無いのであれば、まずはテキストをひたすら繰り返す事がおすすめです。

 

 

理解出来てなくても良いので、とにかく素早くテキストを読みます。

15〜30分で1冊を読むぐらいのスピードでペラペラページをめくりながら読んでいきます。

読むというより見るという方がイメージ的には近いかもしれません。

1日2時間勉強するとしたら、6科目、上手くいけば7科目全てのテキストを1日で勉強出来る形になります。

 

 

本当にこれをひたすら時間の許す限りやっていきます。

最初は本当にこれで覚えられんの?と半信半疑だと思います。

ですが、繰り返す回数が増えていくに連れて少しずつ知識が記憶に定着していきます。

そうなると簡単な問題であればなんとなく選択肢を絞れるぐらいのレベルにはなります。

 

 

そこまで来たら過去問や問題演習などをやれば良いのですが、そこまではとにかくひたすらテキスを目に飛び込ませるイメージでどんどん読んでいきます。

4年前にこの試験を受けた時には、この方法でちゃんと1次試験を合格する事が出来たので、ある程度自身を持ってオススメ出来ます。

ただ、合う合わないはあるとは思うので、どうしても短期で合格したいという人は試してみてもらう価値はあるかなと思います。

 

 

メール講座】ご案内集客できる!情報発信力向上の7ステップ

無料メール講座を配信しております。

ブログやSNSでの情報発信をこれから始めたいという方、もしくは始めて間も無い方にオススメのメール講座です。

詳細はこちらに記載していますので、ご興味ある方はぜひ一度読んでみてください。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で金沢 夏樹をフォローしよう!

Pocket

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事