Pocket

本日2019年10月20日に令和元年度の中小企業診断士2次試験を受験してきました。

いやぁ長かった。とりあえず今は開放感に浸ってます。約8ヶ月間に渡って勉強してきましたが、当然仕事をしながらになるので、30分でもスキマ時間があればカフェに入って勉強して、夜も勉強、朝起きたらまずは勉強と、久しぶりにちゃんと勉強をした気がします。

2次試験に関しては自己採点も出来ないので、結果発表を待ちたいと思います。

 

 

中小企業診断士の試験を取得する事が目的ではなく、あくまでも目標に到達するための手段の1つなので、今日からも引き続き他の事に取り組んでいきます。まずは少し待ってもらっていた仕事がいくつかあるので、それを先に終わらせる必要があるのですが、それと合わせて会社設立の手続きを進めて行く予定です。

会社設立関係の本を買ってきたので、それを読みながらやってみます。

 

 

それが落ち着いたら中小企業診断士の学習支援サイトを作成したいなと思ってます。

今回の受験結果は12月6日まで分かりませんが、何れにしても受験してみて分かったことがあり、それを整理しながら今後受験する人に役立ててもらいたいなと。勉強してみて感じたのは、色んな知識を幅広く頭に入れる必要があるので、ビジネスについて考える土台として良いということです。

野球でいうところのキャッチボールみたいなもので、これが出来たからといって試合で活躍できる訳では無いですが、キャッチボールが出来ないと試合には出にくいのに似ている気がします。中小企業診断士の資格で仕事が出来るというのは無いですが、基本知識は体系立てて学べるので勉強すると良いと思います。

僕の場合は、目的がいくつかあったので、これから1つずつ試験勉強に費やしたコストを回収していく取り組みをしていきます。

 

他にもやりたい事がいくつかあるのですが、ほとんどは来年の準備なので、粛々と取り組んでいきます。

とりあえずはひと段落したので、通常運転に戻して活動していきます。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で金沢 夏樹をフォローしよう!

Pocket

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事