Pocket

 

ようやく少しずつ日常が戻ってきた感じがしますね。

といっても、今日も東京都では新型コロナ感染者数が40人を超えていたようなので(これをKPIとすることが正しいかどうかは別として)、感染リスクがゼロになったわけではありませんし、世の中的にも元の状況に戻っているわけではないので、まだまだ終息とはならなそうなのは周知の通りですが。

また、経済的なダメージは今からが本格化していくことが予想されているので、当面はコロナの影響を受け続ける形になるでしょうね。

 

 

会社設立していきなりのコロナでなかなかの船出だなと思っていますが、これもビジネスのやり方を変える良い機会だとポジティブにとらえて、次の準備をし始めました。

先日の記事でも書いたのですが、自社商品としてWebサービスの開発をすることを決めました。ただ、今まで簡単なホームページ 作成はやっていましたが、技術的に難しいものはアウトソーシングして対応していたので、本格的なWeb開発はやってませんでした。なので、勉強しながら開発しているような感じです。

これ自体は将来に向けての準備のためのものになるので、現時点の売り上げも維持しながらじっくり作っていこうと思っているので、今までやってなかった部分にもチャレンジしてやっていくつもりです。

 

 

それと並行して、取り組み始めたのが公認会計士の資格取得に向けた勉強です。

去年受験した中小企業診断士の2次試験が今年の秋にあるので、それも受験するのですが、前回の課題が事例Ⅳという会計・ファイナンスに関するテーマの科目だったので、合わせて勉強を進められるかなと考えています。

会計士に関しては相当難しいというのも認識しているので、簡単に取れるとは思っているので、2〜3年を覚悟してとりあえず財務諸表論、管理会計論、企業法、監査論のテキストを購入してきました。気合入れて勉強していきます。

 

 

なぜ、今さら会計士資格なのかというと、開発したいサービスが中小企業向けのクラウド会計ソフトだからです。

会計自体は確定申告時の経理処理も自分でしていますし、仕事でも経理の方が使うシステム構築をすることが多かったので、それなりに知識はありますが、本格的に勉強して本気で勝負しようかなと。

開発自体はプロトタイプ的には自分で行うつもりですが、全ては難しいと思うので、どこかのタイミングでWebの開発者を探してやれたらと思っていますが、何を実現していくのかコアの部分は自分でアイデア出していくべきなので、ベースの知識を何段階もあげないといけないなということで、会計士にチャレンジすることにしました。

 

 

今までの経験でこういう感じにしていったら他のクラウド会計サービスと差別化していけるんじゃないかと思う部分はあるので、それをもっと深めていきたいなと考えています。

いずれにしても、ある程度普遍的なテーマですし、今後もなくなることは無いものなので、じっくり取り組んでいきます。

では、また進捗や勉強内容も書いていくので、興味がある方は読んでみてください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で金沢 夏樹をフォローしよう!

Pocket

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事