以前、受験をして二次試験の1科目が足切りになってしまって合格出来ていなかった中小企業診断士試験を来年に再度受験することにしました。

本当は今年受験するつもりで申し込みまでしていたのですが、ちょうどそのタイミングで濃厚接触者となってしまったので、今年は受験を断念しました。まぁ、メインはITの仕事なので必須では無いのですが、開発し始めたWebサービスのプランとして、士業の資格を持っているのが都合が良いアイデアを思い付いたので、開発と並行して勉強したいなと思っています。

一次試験の免除期間は終わってしまったので、再度一から受け直す必要がありますが、去年の過去問をやってみると、合格ラインの6割程度は得点出来たので、一次試験に関しては忘れない程度に勉強をしておけばクリア出来るかなという状態です。(以前、勉強していた時に、仕事がある日も含めて毎日6〜8時間勉強を5ヶ月ほど続けたので、その財産が残っている形です)

あとは以前落とした二次試験の1科目の準備をしっかりと時間を掛けて行えば、おそらく合格圏内には入るかなと思っているので、1年掛けてじっくりと勉強したいなと思います。

中小企業診断士については、足の裏の米粒(取っても食えない)と揶揄されたりする資格で、確かに勉強していて、その知識を得るだけでは実際のビジネスには活用しにくいというのはあると思います。税理士や弁護士等の他の士業と違って独占業務も無いので、取っても取らなくても出来る事は変わらないというのが、その理由です。

ですが、それも使いようだと思うので、資格だけを盾にビジネスをするわけではなく、1つマーケティングのツールとして活用することを考えているので、効率的に勉強していきます。

おすすめの記事