Pocket

金沢夏樹

『6ヶ月でWebから集客仕組みを作る!』神戸を拠点に活動しているWeb集客コンサルタント。セミナーや勉強会、交流会を主催。直近1年半の期間で累計1,500名以上を集客。

>>詳細なプロフィール★

 

ホームページやWordPressでブログ作った場合、 コツコツと記事を更新していくだけでアクセスが簡単に増えるというような 簡単なものではありません。

 

 

しっかりとアクセスが集まるような戦略を立てて それを実行してみて結果を確認しながら改善し続けることが大切です。

いわゆるPDCAサイクルを回す必要があるわけですね。

 

  • Plan:最初にどんな内容の記事を誰に向けて届けるのかなど、 ホームページやブログの方針を決めます。
  • Do:Planのフェーズで決めた方針に沿って実際に記事を更新します。
  • Check:Doのフェーズの結果を把握し、Planとの差異を認識します。
  • Action:Checkで認識した課題に対する対策を練って実行します。

 

 

このPDCAを高速に回して理想の状態を目指して改善していくわけです。 ホームページやブログ以外のことでも同じことですよね。

 

 

アクセス解析で現状を把握する

ホームページやブログをお客さんが呼び込めるような状態になるように改善していくPDCAサイクルの中のCheckに当たる部分を担うのが、アクセス解析ソフトです。

名前の通り、どんな人がどんな機器を使って、どのページから来て、 どのページから帰っていくかを把握するために使います。

 

 

逆にこのアクセス解析ソフトが無いとサイトの現状分析ができないので、 何がどうなっていてどこをどう直せば良いのか検討する材料がありません。

そのぐらい重要なツールがアクセス解析ソフトです。

 

 

例えば、10,000アクセスがあるうちの30%はSNS経由でのアクセスで、60%が検索エンジンからのアクセスで、残りはお気に入りなどからのアクセスというようなことが把握できます。

さらにSNS経由のアクセスのうち、Facebookがこれだけで、Twitterがこれだけというような内訳も把握できます。

同じく、検索エンジンからのアクセスの場合は、どんなキーワードで検索されて際のアクセスなのかということも把握できるようになっています。

 

 

このような詳細な情報を元に分析をして改善していくわけですね。

 

 

WebサイトへのアクセスはTOPページからとは限らない

ホームページってまずどこから見に来るか知っていますか?

 

 

おそらく多くの人は「トップページ」から来ていると思っているのではないかと思います。

普通のホームページは「トップページ」の配下に他のページがぶら下がっているように作られてますもんね。

 

 

でも実際はそうじゃないんです。

Googleで検索してみたらすぐに分かりますが、そこに出てくるページをクリックしてホームページに入ってみるとトップページではなく、個別のページの場合がよくあります。

 

 

つまりTOPページに限らず全てのページがホームページの入り口になり得るということです。

だからそれぞれのページを分析して、どんなページの情報をユーザーは求めている把握し、それを元に改善をしていく必要があるということです。

 

 

そもそも検索ユーザーが求めていない情報をいくら出しても、誰も求めていないので、それがビジネスにつながることはないでしょう。

なので、アクセス解析を使ってユーザーが求めている、使いやすいサイトを作っていくということが重要です。

 

 

Webだからこそできる経路分析

コンビニ行ったことありますよね?

コンビニって僕たちが想像している以上に購入者情報を収集して分析するということを行っています。

 

 

何歳ぐらいの人で、性別はどっちで、購入した商品は何で、同時に購入している商品があるかないかとかを、レジにいる店員さんが瞬時に判断して入力しているのと、POSデータというレジでバーコードを読み込んだ時に取り込まれるデータを組み合わせてデータ分析しています。

 

 

これと同じようなことがアクセス解析を入れているとWebサイトでも行うことができます。

さらにWebの場合はもっと詳細なデータまで把握することができます。

 

 

サイトのどのページからユーザーが入ってきて、どのページとどのページを参照してから、このページにアクセスして、このサイトから出て行った、というようなユーザーが辿った経路を把握することができます。

コンビニに置き換えていうと、雑誌コーナーで3分ほど立ち読みをして、冷凍コーナーで冷凍食品を見たけど買わずに、ビールの棚からビールを取り出して、おつまみを買ってレジに来た、というような情報を得ることが可能です。

 

 

 

Googleアナリティクスがオススメ

このようなサイトの改善に必要な情報を分析するためのツールとして有名なものに『Google Analytics』というものがあります。

 

 

名前からもわかる通り、Googleが提供しているサービスで、Gmailなどと同じように無料で利用することができます。

Googleの提供しているサービスだけあって、無料だからといって妥協せず高機能なものが提供という点と、利用しているユーザーもかなり沢山いるので情報がとても多いという点でとてもオススメのツールです。

 

 

もちろん他社の提供している有料のアクセス解析ソフトを利用するというのも選択肢ではありますが、プロのWebマーケターも利用しているツールなので、安心して利用することができます。

 

 

最後に

Webサイトというのは作ったら終わりではなく、継続的に改善を繰り返すことで効果が出てくるようになるものです。

その改善を感覚に頼っていては改善されたかどうかも感覚的なものになってしまいます。

 

 

それを実績としての数値を元に判断することによってより精緻な改善を行っていくことが可能となります。

なので、ブログ型でもホームページ型であってもWebサイトを作成した場合は必須でアクセス解析の設置をするようにしましょう。

 

 

外注した場合もアクセス解析ソフトは必ず設置してもらうようにしておきましょう。

個人ビジネスの場合、大企業と違ってこの部分だけに注力することはできませんが、行き当たりばったりの対応では効果的な改善も難しいので、アクセス解析ソフトの存在は頭に入れておきましょう。

 

 

LINE@のご案内

LINE@では、最新のWebマーケティングやWeb活用に関する情報についてお届けしています。

ご興味ある方は下のボタンよりご登録よろしくお願い致します。
友だち追加

【メール講座】ご案内集客できる!情報発信力向上の7ステップ

無料メール講座を配信しております。

ブログやSNSでの情報発信をこれから始めたいという方、
もしくは始めて間も無い方にオススメのメール講座です。

詳細はこちらに記載していますので、
ご興味ある方はぜひ一度読んでみてください。

オンラインコミュニティーのご案内!

6ヶ月でWebから集客出来る仕組みを作る方法や、最新のWeb活用の情報をシェアしてWeb集客出来る仲間を増やしていくためのコミュニティーです。
お互いのビジネスを高め合い、協力し合ったり、一緒に楽しいイベントで遊んだりする仲間を作りませんか

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で金沢 夏樹をフォローしよう!

Pocket

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事