Pocket

金沢夏樹

『6ヶ月でWebから集客仕組みを作る!』神戸を拠点に活動しているWeb集客コンサルタント。セミナーや勉強会、交流会を主催。直近1年半の期間で累計1,500名以上を集客。

>>詳細なプロフィール★

 

広告費を掛けずに多くの人に自分の商品・サービスを知ってもらう方法をご存知ですか?

 

 

その方法というのはSEO対策です。

 

 

いきなりSEO対策とか言われてもよく分からないですよね。。。

でも大丈夫です。

ちゃんと理解してもらえるようにしっかりとこの記事で説明しますので。

 

 

SEO対策というのは、ホームページやブログなどオウンドメディアのアクセスを増やして、見込み客との接点を増やすために行う施策のことです。

 

 

Web集客の手法はたくさんありますが、昔も今も変わらず重要な位置付けとして認識されています。

 

 

ただ、Webに詳しい人でなければSEO対策と聞いても、何かよく分からないということで、今回は、初心者の方でもSEO対策の全体像が分かるように基本知識について解説します。

 

 

今はパソコンやスマホで手軽に必要な情報を探す時代です。

SEO対策が上手く出来るようになれば、広告費をかけずとも多くの見込み客を自分のところに呼んでくる事が出来るようになります。

 

 

難しい感じる部分もあるかもしれませんが、ぜひ頑張って今回の記事でSEO対策の基本を押さえて取り組んでみてください。

 

 

★この記事を読むと得られること★
・SEO対策というのがどんなものなのかを知れる!
・なぜSEO対策をする必要があるのかが理解出来る!
・SEO対策をする場合の基本の考え方を知れる!
・SEO対策に必須の検索エンジンの基本を理解できる!
・外部対策、内部対策、コンテンツ対策の概要を知れる!

 

 

SEO対策とは何か?まずは基本知識を押さえよう!

まずはSEO対策とは何かという基本の部分からご説明していきますね。

 

 

SEO対策とは?

これは覚えなくても良いんですけど、一応説明しておくと、SEOというのは『Search Engine Optimization』を省略した言葉で、日本語に直訳すると『検索エンジン最適化』になります。

 

 

『検索エンジン最適化』とか言われても、なんかピンときませんよね。

簡単に一言で言うと、GoogleやYahooなどで検索した時に自分のサイトが上位表示されて見てもらいやすくするための施策をSEO対策と呼びます。

 

 

SEO対策はなぜ必要なのか

次に、なぜSEO対策を行って、インターネットで検索した時に自分のサイトを上位表示させるべきなのかについてお話します。

 

 

何か知りたいことや解決したいことがあって、それに関する情報を得ようと思った時に多くの人が一番最初に行うことはGoogleやYahoo!などで検索する事です。

 

 

例えば、友達と神戸で遊んでいて、お腹が空いて来たのでラーメンを食べたいと思ったら、ポケットからスマホを取り出して『神戸 美味しい ラーメン』というようなキーワードを使って検索してお店を調べますよね。

そして、出てきたお店の中から美味しそうなお店を選んで足を運ぶことになります。

 

 

もし仮にあなたが神戸でラーメン屋さんを営んでいたとしたら、この時に自分のお店のホームページがヒットして、見てもらう事が出来たら、その人たちがお客さんとして来てくれる可能性が生まれます。

逆に、この時に自分のお店のホームページがヒットしなければ、この人たちが自分のお店に食べに来てくれる可能性は限りなくゼロに近付きますよね。

 

 

なぜなら、インターネット検索をした時に情報が出てこなければ選択肢に入らないからです。

 

 

スマホが普及してほとんどの人がスマホを使ってインターネットを使う時代なので、昔以上にSEO対策の重要性は高まっています。

ビジネスにもよりますが、SEO対策が上手くいっているかどうかで売上は大きく変わってきます。

 

 

SNSで検索する人も増えてるんじゃないの?

最近はTwitterやInstagramなどのSNSを検索のツールとして活用する人も増えて来てはいます。

ですが、それでもまだまだ全体から考えると少数派で、GoogleやYahoo!の検索を無視する事は出来ません。

 

 

また、SNSで情報を探すという人もはっきりと知りたい事が明確になっている場合は、やっぱりGoogleやYahoo!で検索するケースが多いです。

 

 

それに関しては面白い記事があったのでご紹介します。

もしご興味あれば読んでみてください。

 

渋谷109ギャルとSEO対談!!「Googleは終わらない!いまどきの検索スタイルとは?」

(プロモニスタ)

 

 

この記事を読んでも分かるように、SEO対策の基本知識をしっかりと得て、お客さんが自分のブログやホームページなどを見てくれる機会を増やす事が集客や売上アップには大きな影響を与えるということです。

 

 

検索順位はGoogleが決めている

SEO対策の基本知識として最低限知っておきたい事の1つに、検索順位はGoogleが決めているという事があります。

『いやいや、私はいつもYahooで検索しています。』という方も多いとは思いますが、その場合も基本的にはGoogleが順位を決めていると思ってもらって大丈夫です。

 

 

というのも、いまのYahooの検索の仕組みというのはGoogleの検索システムを使っていて、Yahooで検索しても実際に動いているのはGoogleが作った検索エンジンだからです。

一部、Yahoo独自の仕組みも入ってはいますが、ほぼGoogleと同じと思ってもらって差し支えありません。

 

 

検索エンジンの仕組みについては『SEO対策の第一歩はGoogleの検索エンジンについて理解すること』に書いているので、ご興味がある方は、そちらを読んでみてください。

 

 

Googleはどうやって検索順位を決めているのか?

インターネット検索をする時に、知りたいキーワードを検索窓に入力して検索しますが、検索結果の一覧がどのように決められていると思いますか?

 

 

次のようなものが思い浮かぶかもしれませんね。

  • たくさんの人が見ている順番
  • 有名な人、有名な企業のホームページの順番
  • アンケートを取って評価が高かった順番

 

 

結果的にそう思えるような検索結果になっているケースは多いのですが、実際にはGoogleが決めた評価基準によって世の中に存在しているホームページが評価され、その評価の高い順に検索結果の一覧ページが作られています。

 

 

逆に考えると、インターネット検索からのアクセスを増やそうと思ったら、Googleから高い評価をされるページを作る必要があるということです。

 

 

では、Googleはどんな基準によってサイトの評価をしているのか?

この詳細は公表されていませんが、数百の基準を持って評価していると言われています。

 

 

ただ、この評価基準を1つずつ解明して攻略していく必要はありません。

なぜなら、Googleはたった一つの方針に基づいてたくさんの評価基準を設けているからです。

つまり、その方針さえ知っていればどんな風にSEO対策を行えば良いのか検討することができます。

 

 

その方針というのは、検索ユーザーにとって価値の高いページから順に検索結果を表示するというものです。

この方針に合ったページになっていたら、検索上位表示されますし、そうでなければ上位表示できないということです。

 

 

SEO対策について勉強していくと、色々な事が出てきますが、全てこの方針に繋がっていくことになるので、大前提としてまずは知っておいてください。

 

 

SEO対策に取り組むに当たって知っておきたい歴史

SEO対策というのは昔からあるのですが、そのやり方は大きく変わってきています。

過去には正しい方法だったものも、今では正しくなく逆にペナルティーを受けてしまうことすらあるので、簡単に昔と今のSEO対策の違いについて触れておきたいと思います。

 

 

昔のSEO対策

昔も今もGoogleがやりたいことは変わっておらず『検索ユーザーにとって価値のある情報を提示すること』です。

ですが、昔は今ほどGoogleの検索エンジンの精度が高くなく、テクニックを駆使すれば上位表示をさせることができました。

 

 

例えば、以下のような手法です。

  • 記事の中にキーワードを詰め込む
  • 自分でたくさんのサイトを作って、そのサイトからリンクを貼る
  • 無理やり文字数を増やして記事のボリュームを嵩増しする

 

 

この他にもGoogleの検索エンジンの穴を探してそこを突くことで上位表示させることができました。

ですが、それだと検索している人にとって本当に役立つ記事から順番に提示することができないため、時間をかけて検索エンジンの改善をしてきています。

 

 

今のSEO対策

今もまだ度々修正されていますが、Googleの検索エンジンもかなり精度の高いものになってきています。

そのため、小手先のテクニックだけでは上位表示することはできず、記事の内容や質の高さがそのまま検索結果に反映されるようになってきています。

 

 

本来あるべき姿であるコンテンツの質を高めることで上位表示を目指していくというのが今のSEO対策となっています。

 

 

これからのSEO対策

これからは誰が書いたコンテンツなのかも大きな影響を与えるようになっていくと予想されています。

すでに健康系のサイトでは対応されていたりしますが、そのジャンルの専門家であることが検索の順位に影響を与えるようになるということです。

 

 

ここまで来るとすごいの一言なのですが、本当にそうなってきているので、今後はさらにその傾向が強くなっていくはずです。

つまり、インターネット上で専門的なことが書けるだけではなく、現実世界でその分野の専門家として活躍していることがインターネットの世界に反映されるようになるということです。

 

 

SEO対策の具体的な施策

 

ここまでで、SEO対策がどのようなものなのかをご説明してきました。

この先はSEO対策を行う時にどんな事をすべきなのか、具体的な施策についてお話していきます。

 

 

SEO対策には大きく分けると3つの施策があり、『外部対策』、『内部対策』、『コンテンツ対策』を行うことになります。

 

 

外部対策

まず最初は『外部対策』についてです。

ここでいう『外部』というのは、自分のブログやホームページの外という意味です。

 

 

具体的に言うと、被リンクと呼ばれる自分のブログやホームページに対するリンクをたくさん付けてもらうことで、検索結果の上位表示を目指す施策のことを外部対策と呼びます。

 

 

多くのサイトからリンクが貼られているというのは言い換えると、他のサイトから紹介されているということです。

多くの人が読んで価値があると考えたからこそ紹介されているわけで、そのサイトは信頼の置けるサイトだとGoogleが判断します。

 

 

ただ、1点だけ注意しておかないといけないポイントがあります。

それは、『不自然なリンクはペナルティの対象になり得る』ということです。

 

 

昔、大量の無料ブログを用意して、それらを使ってメインサイトの被リンクを増やして検索上位表示を狙うというテクニックが横行していましたが、今はそのような行為をしてしまうとサイト自体が検索結果に表示されなくなるというケースもあり得るので注意しましょう。

 

 

内部対策

次に内部対策について説明します。

 

 

外部対策がホームページ外での対策だったのに対して、内部対策はホームページ内での対策になります。

ホームページ自体を読者はもちろんGoogleの検索エンジンにとっても分かりやすい作りにするのが内部対策です。

 

 

例えば、本文が何について書いているのかをしっかりと理解できるようなタイトルを付けたり、サイトの構造が複雑になりすぎないようにシンプルな作りにするというようなものです。

そのため、自分で取組みやすいのは内部対策の方になります。

 

 

コンテンツ対策

コンテンツ対策というのは、SEO対策の中でも一番重要な施策で、いくら内部対策、外部対策を行ったとしても、コンテンツがよくなければ、今の検索エンジンでは上位表示はできなくなっています。

 

 

先ほどから何度も書いている通り、検索ユーザーにとって価値のある情報を発信するというのがとても重要です。

このコンテンツ面でGoogleに評価されるようにするというのが、コンテンツ対策です。

 

 

コンテンツ対策については『コンテンツSEOを理解してブログ・オウンドメディアのアクセスアップを行おう!』に詳しく書いていますので、そちらも参考にしてみてください。

 

 

その他SEO対策に取り組む上で知っておきたいこと

その他にSEO対策に取り組む際に知っておいた方が良いことについて、いくつか挙げておきます。

 

 

SEO対策は独自ドメインで行う

ブログの場合は、アメブロやはてなブログなど色々なブログサービスがあるので、それらを利用している方も多いと思います。

これらのサービスを利用していたらSEO対策が出来ないわけではないのですが、長期的な視点に立って考えた時にはあまり望ましくはありません。

 

 

検索の順位にはドメイン(URL)単位の評価も大いに影響してくるため、ドメインを育てるという視点が必要となります。

ドメインって何?という方は『WordPressを利用するなら避けて通れないドメインとサーバーの基礎知識』に書いていますので、そちらを参考にしてみてください。

 

 

他社のドメインを使っている場合は、自分以外の人が評価を下げるかもしれませんし、サービスが停止されてしまうかもしれません。

その場合に、今までやってきたことが全てゼロからになってしまうので、そんなにコストも掛からないので、独自ドメインでWordPress等を利用することがオススメです。

 

 

ロングテールSEOに取り組んでドメインを育てていく

先ほどドメインを育てるという話をしましたが、ドメインによって検索に強い・弱いというのがあります。

最初は例外なく弱いので、ドメインが評価されて強いサイトと同じキーワードを狙っていても上位表示を実現することは難しいと言わざるをえません。

 

 

なので、最初はそういうキーワードを狙うのではなく、比較的競合が強くなく、かつ長期に渡って有効な複合キーワードを狙っていくべきです。

こういうキーワードで検索上位表示することができれば、少ないながらも継続的にアクセスを獲得することができます。

 

 

そのようなキーワードを狙ってSEO対策をしていくことをロングテールSEOと呼びます。

ロングテールSEOに関しては『個人がブログで集客したいならロングテールキーワードを軸にした3層構造を作ろう』に詳しく書いていますので、そちらを読んでみてください。

 

 

検索の対象にしてもらうためにはインデックスしてもらう必要がある

Googleの検索結果として表示する候補となるページ情報を、独自のデータベースで管理しているのですが、そのGoogleの持っているデータベースに自分の記事を登録してもらうことをインデックスと呼びます。

インデックスされなければ、どんなに良い記事を書いたとしても検索結果には表示されることがありません。

 

 

このインデックスをしてもらうためには、世界中を自動プログラムで徘徊しているクローラーが自分のサイトに来てくれないといけないのですが、何もしないといつ来てくれるのか分からないので、こちらからインデックスしてもらうための申請をすることが出来ます。

 

 

方法は色々ありますが、1つ簡単な方法としてGoogle Search Consoleの機能として提供されている『Fetch as Google』を使うというのがあります。

 

 

まとめ

今回はSEO対策の基本知識について書きました。

 

 

Webマーケティングには色々な手法があるのですが、多くの人に認知をしてもらって集客するためにはSEO対策は必要不可欠なものだと言えます。

 

 

SEO対策には、大きく分けると外部対策・内部対策・コンテンツ対策がありますので、その言葉をまずは覚えておいてください。

また、その中でもコンテンツ対策が最も重要だということも頭の片隅においておいてもらえたらと思います。

 

 

ぜひ、今回の内容をしっかりと理解していただいて、SEO対策を施して検索からたくさんの見込み客との接点を生み出してください。

 

↓この記事を読んでくれた方は以下の記事もオススメです↓

コンテンツSEOを理解してブログ・オウンドメディアに検索からの劇的なアクセスアップをはかろう!

 

 

LINE@では、最新のWebマーケティングやWeb活用に関する情報についてお届けしています。

ご興味ある方は下のボタンよりご登録よろしくお願い致します。
友だち追加

 

 集客できる!情報発信力向上の7ステップ
無料メール講座を配信しております。

ブログやSNSでの情報発信をこれから始めたいという方、
もしくは始めて間も無い方にオススメのメール講座です。

詳細はこちらに記載していますので、
ご興味ある方はぜひ一度読んでみてください。

 

 

>>Twitterでも情報発信しています!良かったらフォローしてください!<<

 

6ヶ月でWebから集客出来る仕組みを作る方法や、最新のWeb活用の情報をシェアしてWeb集客出来る仲間を増やしていくためのコミュニティーです。
お互いのビジネスを高め合い、協力し合ったり、一緒に楽しいイベントで遊んだりする仲間を作りませんか

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で金沢 夏樹をフォローしよう!

Pocket

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事