アフリカに靴を売りに行った営業マンの話からビジネスにおける着眼点を学ぶ

Pocket

こんばんは!金沢夏樹です。

 

今回は、アフリカに靴を売りに行った営業マンの話についてです。

僕も以前何かの書籍か何かに書いていて知ったお話で、有名な話しみたいなので、ご存知かもしれませんが、面白い話なのでご紹介したいと思います。

 

人によってこんなに考え方が違うんだということと、考え方一つでチャンスは無限大に広がるんだなということが分かるお話しなので、もし聞いた事ない方はぜひ読んでみてください。

 

簡単に話のあらすじ

まず、この話のあらすじはこんな感じです。

ある靴メーカーであるA社が新市場の開拓先としてアフリカに目をつけました。

アフリカはまだ競合他社も進出していないし、チャンスかもしれないと思っての事です。

 

この大きなチャンスを手にするべくエース級の営業マンを現地に派遣して市場調査することにしました。

偶然にも同じことを競合のB社も考えていて、同じくエース級の営業マンを現地に派遣しました。

 

A社、B社の営業マンは現地に到着してすぐにある事に気付きました。

アフリカの人はみんな裸足で生活をしていて、誰1人として靴を履いていないということです。

 

この時に、A社、B社の営業マンがどう考えたのかというのが、今回の話しのキモの部分です。

 

A社の営業マンの反応

A社の営業マンはこの状況を知って、愕然としてすぐに会社に電話します。

『社長、全然ダメです。。。アフリカに進出するのはやめましょう。この土地の人たちは誰1人として靴を履いていません。ここには靴の市場はなく、絶対に売れません。』

 

まぁ普通の反応ですよね。あなたがこの人の立場であっても、そう思うんじゃないかもしれませんね。

周りを見る限りみんな裸足で過ごしているわけで、靴が無くても生きていけているわけですからね。

まぁ多くの人がとる反応かなと思います。

 

B社の営業マンの反応

一方、B社の営業マンもA社の営業マンと全く同じ状況に直面しています。

そして彼もすぐに会社に電話しました。

 

『すごいです!誰1人として靴を履いていません!ここで靴を販売すれば飛ぶように売れるかもしれません。この市場にはとんでもないチャンスが潜んでいます!』

 

全く同じ状況を目にしたにもかかわらず、正反対の反応をB社の営業マンはしました。

A社の営業マンとは全く逆の発想をして、まだ誰も靴を履いてないなら、潜在需要は計り知れないと思ったわけです。

 

どちらが正解とかではない

話しの流れとしては、B社営業マンのように考えないとチャンスを逃しますよ、と締めくくるのがキレイだとは思いますが、これに正解はないんですよね。

まぁ多くの人はB社の人みたいに考えろと言ってますけど、僕はどっちでも良いと考えています。

 

確かに僕もこっちの方が前向きな感じがするし、好きなんですけど、だからといってBの考え方が必ずしも正しいとも考えていません。

むしろ、個人ビジネスでこのような市場に飛び込んでいくのは、得策ではないケースがほとんどじゃないかと思います。(やりがいとか、面白さとかは考えなければ)

 

なぜなら、まだ靴を履く文化がないということは、これから啓蒙活動をしていく必要があるので、売れるようになるまでに時間とお金はおそらくかかりますよね。

『靴って何?』『履いたらどんな良いことがあるの?』というところから理解していってもらう必要があり、理解してから買おうと思うまでには普通タイムラグがあるからです。

 

本当にビジネスの世界に唯一の正解なんてなくて、自分がどう考えるかだけです。

どっちが正解という話しではなく、『こんな考え方があるんや!』っていうのを知って自分に取り入れたいものなら素直に取り入れることが大切かなと思います。

 

少しずらしたところを狙う

A社の人はちょっと様子を見て、B社がこの市場で靴を普及させるのを待ってみるというのも1つアリですよね。

ただ、B社が靴を流行らせてから同じ靴で勝負に出るというのも良いんですが、ちょっと視点をずらしてみるのも面白いですよ。

 

例えば、『靴下で勝負してみる』とかです。

ゼロから市場を生み出すというのは個人ビジネスなどのスモールビジネスではちょっとしんどいです。

でもその周辺のマーケットであれば、十分可能性はあると思います。

 

ある程度靴が普及してきたら、靴ズレに悩む人も出てくるでしょう。

そのタイミングで靴下持っていけば、お客さんの悩みも解消されるので、すんなり受け入れられる可能性も高いと思います。

 

靴ズレで悩む人がいるなら、絆創膏を持っていくっていうのも良いかもしれないですよね。

あとは、靴の中敷きとか、靴洗うための取っ手の付いたタワシとかも売れるかもしれません。

 

こればっかりはやってみないと分かりません。

でもちょっと視点をズラすっていうのは、けっこう大切な考え方だと思っています。

 

市場の開拓というのはリソースの豊富な大企業が得意とすべきところなので、そこは任せておいて、市場ができてきたところに付帯して発生するニーズを満たすサービスを用意するというのも価値のあることです。

 

今回の話では、思考を柔軟にして『もっと違う視点から見たら異なる発想が生まれるんじゃないか』と常に考えるということを意識してもらいたいなということで、書きました。

ご参考にしてみてください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で金沢 夏樹をフォローしよう!

Pocket

今回の記事がお役に立った場合、シェアしていただけると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Profileプロフィール

金沢夏樹

個人ビジネスコンサルタント
1983年8月22日生まれ 兵庫県神戸市出身(神戸市在住)
趣味:野球、マラソン、料理

オウンドメディアとソーシャルメディアを活用した個人ビジネス向けのWebマーケティングの専門家として活動している。

Webでの情報発信力を高めることを目的としたセミナーを毎月開催。
また、前向きに活動している仲間の集まる場ができればいう想いから朝活勉強会を毎週開催しており、個人事業主、経営者から起業志望者まで幅広い人が延べ100名以上参加している。

Web上の活動だけではなく、リアルな活動を重視し、Webとリアルの融合を軸にした提案が特徴。

【人生を懸けたミッション】
自分の好きな事に本気で取り組み、
ワクワクして生きる人を増やすこと!
自分に関わる全ての人に最高に面白い人生を生きて欲しい!