Pocket

金沢夏樹

『6ヶ月でWebから集客仕組みを作る!』神戸を拠点に活動しているWeb集客コンサルタント。セミナーや勉強会、交流会を主催。直近1年半の期間で累計1,500名以上を集客。

>>詳細なプロフィール★

 

来年の目標としてWebサービスの開発をするというのがあり、Webの知識やプログラミングの勉強をちょこちょことしています。

 

 

その前に、ブログのカテゴリーとして『どうでもええ事』というのを追加しました。

このカテゴリーの記事については僕の考えているどうでもええ事を書くだけなので、役に立つことも参考になる事も書きませんので、あらかじめお伝えしておきます。

 

 

元々、ERPという業務系システムのエンジニアをしていたので、ジャンルは違えどプログラミングも出来ますし、ITの仕組みは理解しているつもりなので、毎日1時間程度ではありますが、スムーズに勉強を進められています。

年明けからは比較的時間の都合が付くエンジニアの仕事があれば、仕事として受けながらWebサービスの開発の勉強をしたいなと思っています。

 

 

今のWebマーケティングやコミュニティー運営、キッズプログラミング等の仕事をセーブするつもりは無いので、1〜2年ぐらいは休みなく朝から夜中まで毎日働く覚悟をしております。

なぜWebサービスを作れるようになりたいのかは、また別の機会に書くとして、技術寄りのIT関係の情報を取るようにしていると、AIの話が必ず出てきます。

実際に、AIが実用化されていっているので、ITを仕事としてやるなら無視は出来ないようになってきています。

 

 

AIは人間の仕事を奪うのか?奪われないわけが無い(笑)

AIの話題になると、よく出てくるのが『人間の仕事がAIに奪われるのでは無いか?』という話です。

『奪われる』という表現が良いかどうかは別として、議論の余地も無く、いま人間がやっている仕事の多くがAIを搭載したロボットに取って変わられるはずです。

AIうんぬんでは無く、今までもいろんな事がテクノロジーの進化で仕事の姿を変えてきたので、それ自体は別に驚くような事では無いでしょう。

 

 

駅に自動改札が出来た事で駅員さんの切符を切るという仕事が無くなり、自動販売機が生まれた事でタバコ屋のおっちゃんの仕事が無くなりました。

最近だと、Amazon Goの登場によってコンビニやスーパーの店員の仕事が無くなることもリアリティーを持って予想できるようになりましたよね。

これが今まで以上のスピードで進化を遂げていき、またAIというのが自ら学習していく機能を搭載している事で、どんなスピードで進化していくのかの予想も難しいというのがこれからの時代です。

 

 

現実的に残る・残らないは実際にその時にならないと分かりませんが、今あるほとんどの仕事は技術的にはAIが代替できるようになるのだと思います。

 

 

AIのIQ(知能指数)ってどれぐらいか知ってます?

AIというのは『人工知能』というぐらいなので、自分で考える力を持つわけですね。

一般的な人のIQが100〜110ぐらいだと言われていて、東大生レベルで120、天才だと言われている方々で130とか140ぐらいなんだそうです。

そう考えると、金田一少年はIQ180だったので、めちゃくちゃスゴイですね(笑)

 

 

で、AIがどれぐらいかというと、IQ10,000らしいです。

僕らがめちゃくちゃ頭良いと思っている東大生とのIQの差がせいぜい20程度なのに対して、AIとのIQの差は2桁です。

そんなもん何をどう頑張っても勝つのは無理。

短距離走でボルトに勝とうと思っているのがカワイイぐらい無謀な事で、『どうぞ仕事を奪っていってください』という感じです。

 

 

AIに出来ない事を人間がやっていくしか無い

パターン化できる仕事や、効率の求められる仕事に関しては、あと何年後かは分かりませんが、近い将来人間の出る幕は無くなるでしょう。

そうなってきた時に、人間は何をしたら良いのかを考えると、何かしら人の心を動かすものなのかなと。

エンタメ系や芸術、スポーツとかはやっぱり人間がやるからこそ感動もするし心にも響くので、こういうのは無くならないでしょう。

 

 

また、先日ペライチというホームページ作成ツールのサポーターサミットというのに参加するために岐阜県の美濃市というところに行ってきたのですが、そこで乗ったタクシーのおっちゃんなんかは、自動運転には取って変わられないと思いますね。

タクシーで移動した20分程度の時間、普通に楽しかったですからね。

移動手段としてのタクシーは自動運転になるでしょうけど、その移動の時間を楽しませるという部分には可能性があります。

他の仕事も同じで、単純に機能性だけを備えたサービスは無くなるでしょうけど、そうでは無く情緒や感性に訴えかけるものは、時間の余裕が生まれたらより求めるようになるでしょうから、そこは無くならないと思います。

 

 

だからこれからの時代は本当にどういうキャリアを経て行けば良いのか非常に難しい時代になります。

僕が今やってる仕事も間違いなく僕が生きている間に無くなるでしょうから、絶対何か他の仕事を今後やることになります。

でも、それが何かは全く見当が付かないので、準備のしようも無く、必要に迫られた時にパッと行動できる反射神経だけ鍛えておく事ぐらいしか出来ません。

あとは、自分の頭で考える力というのは、今まで以上に重要になっていくので、そこは意識しておきたいなとは思っています。

 

 

まとめ

AIというキーワードを聞かない日は無いぐらいホットな話題で、ITの世界に足を突っ込んでいるとどうしても無視は出来ないテーマです。

AIを扱うエンジニアの募集をしている企業もたくさんありますし、AIエンジニアとして活躍されている人もどんどん増えていっています。

さっきの話の中では触れませんでしたが、AIをメンテナンスするエンジニアの仕事は当面は需要があると思います。

ただ、AIがAIをメンテナンスするようになったらどうなるのかは見当もつきませんが。

 

 

どうあがいてもこれからどんどん世の中が変わっていくので、変化に対応できるような柔軟性をしっかりと身に付けていきたいなと思います。

 

 

【メール講座】ご案内集客できる!情報発信力向上の7ステップ

無料メール講座を配信しております。

ブログやSNSでの情報発信をこれから始めたいという方、もしくは始めて間も無い方にオススメのメール講座です。

詳細はこちらに記載していますので、ご興味ある方はぜひ一度読んでみてください。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で金沢 夏樹をフォローしよう!

Pocket

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事