Amazonダッシュボタンの登場で改めて理解した今後のマーケティングの考え方

Pocket

去年の末頃にアマゾンからまた便利なものが登場したことをご存知ですか?

 

Amazonダッシュボタンという今までの物の買い方を一変させるものが日本にもやってきました。

僕自身はまだ使っていないのですが、とても便利で買い物を効率化してくれる画期的なものです。

 

Amazonダッシュボタン自体についてあれこれ言うほど知識は無いのですが、これの登場によってビジネスやマーケティングについて思うところがあるので、それについて書きたいと思います。

 

Amazonダッシュボタンって何?

まずはそもそもAmazonダッシュボタンって何かということですが、日用品など頻繁に購入する商品をワンプッシュで注文して、配達までしてくれるというものです。

 

今回はAmazonダッシュがどうこう言いたいわけではないので、よく知らない方はまずこのページを見てみてください。

 →https://www.amazon.co.jp/b?node=4752863051

 

もう効率化では戦えない

Amazonダッシュボタン絶対めっちゃ便利ですよね。でもおそらくこれはまだまだ過渡期で、もっともっと便利になっていく。

 

具体的にこうなるっていうのは、パッとは思い付かないですけど、頭の中で想像しただけで注文完了になるとか、それぐらいぶっ飛んだレベルの便利さになっていくはずです。

いずれにしても、もう効率化を図って低価格でお客さんに選んでもらうというのは成り立たなくなります。

 

だって市場規模が世界で、規模の経済が効きまくるAmazonより安くて良い商品はなかなか作れないですよね。

規模の経済っていうのは・・・
いっぱい作ったら単品あたりのコストも下がることを言います。

 

無理やり安くして勝負する事はもちろん出来ますけど、それじゃあボランティアになってしまって、ビジネスとして成り立たなくなります。

『利他的』というと聞こえは良いですが、利益が出ないと、どんなに良いモノであっても継続的に提供する事が出来なくなってしまって、お互いにとって良くない。

 

そもそも効率化や便利さという尺度で勝負する場合、基本的にはその業界のトップ企業と競合してしまいます。

同じ土俵で戦ったら、どれだけ頑張っても結局は資金力がある会社が勝ちます。

 

そのため、僕たちは効率化だけを追求して商品・サービスを提供しようとしていくと、かなり厳しい状況になる時代に入ったので、意識をガラッと転換する必要があります。

 

好きな人から買いたいし、それがやりやすい世の中になってきた

同じモノを買うならどこの誰だか知らない人から買うよりも、知ってる人から買いたいと思うのは自然な事ですよね。

それが買う側も安心できるし、買ってもらう側も嬉しい。で、これが今の時代はやりやすくなってきています。

 

SNSというツールが登場したおかげでリアルに会わなくても関係性を深められるようになったからです。

 

これは『インターネット内だけで完結する事が出来るから楽になった』という話ではなく、リアルな世界で会った後にSNSでもやり取りする事で信頼関係を深める事が出来るという事と、リアルな世界で関係を作るためのきっかけがWeb上で出来るということです。

 

何かの機会があってお会いした人と、単発では関係を深められなかったところが、SNSを活用する事で、継続的な関係を作る事が出来ます。

また、SNSで知り合った人とWeb上でやり取りをしていたら、何か機会があった時に会うと、全くの初対面の人よりも格段に近い関係からスタートする事が出来ます。

 

今までは、全く知らない人から消費するというのが当たり前でしたが、知ってる人の間で消費するというのが当たり前になっていきます。

今までは物理的な距離で商圏というのが決まってましたが、これからは人間関係の距離の中で商圏が決まる時代になります。

つまり、必要なモノは知り合いから買う時代になるという事です。

 

時代は気が付かない間に変わってきている

大袈裟に聞こえるかもしれませんが、僕らが気が付かない内にどんどん時代は変わってきています。

 

水の中に入ったカエルを弱火でコトコト煮込んでいても、少しずつの変化なので、カエルは気が付かずにそのまま居続けます。

でも、温度は少しずつ確実に上がっていっていて、カエルが温度の変化に気付いた時には水は熱湯に変わっていて、水から飛び出すタイミングを失ったカエルは茹で上がって死んでしまいます。

 

『カエルあほやなぁ』って言ってられないですよ。

ホントにじわじわゆっくり変化したら気が付かないですからね。

 

毎日一緒に過ごしてる子供の成長って意外に気が付かないんですけど、それと一緒です。

久しぶりに会った人の方が、イメージとの差が大きい分、違いに気付きやすかったりしますよね。

 

ビジネスの世界も、もうひと昔前とは全然環境も違ってきてるけど、毎日少しずつ変化しているので、それに敏感に反応をしていかないと、気が付いた時には手遅れで、ゆでガエルになってしまいます。

 

ゆでガエルにならないためにやるべきこと

じゃあ、ゆでガエルにならずに済むにはどうしたら良いの?っていうところが気になるところですよね。

Amazonダッシュボタンをはじめとして、かなりの効率化が進んだ時代に、個人レベルで何をしたら良いと僕が考えているのか3つお伝えします。

 

ブログで情報発信する事

いくら好きな人から買いたいって言っても、商品・サービスは良いモノを受けたいワケで、それを専門としている人から買いたいですよね。

自分が専門としているものが何なのか、どれぐらい専門家としての知識やスキルがあるのかを発信するのがブログの役割です。

 

ブログというのは、記事を書けば書くほど情報がストックされていく事になり、過去に書いた記事でも読みやすいっていう特徴があります。

 

実際にはSNSでの投稿も過去のモノを見れるものが多いのですが、情報が流れていく見え方をさせているので、ストックしていくというよりは、どっちかというとフロー型の情報です。

だから、リアルタイムな情報発信に適しているのがSNSです。

 

さっきも言った通り、ブログはストック型のメディアです。

ここに情報を載せておく事で、自分のビジネスに興味を持っている人が自分の情報を読んでいってくれます。

 

これには2つのメリットがあって、1つはインターネット検索等から見つけて読んでもらう事で、自分と見込み客との最初の接点が生まれるという点。

もう1つがリアルで知っている人、知り合った人に対して伝えきれない部分の補足が出来ます。

 

直接会って話をするって言っても、漏れなく自分の事を伝えるって難しいじゃないですか。

仮に出来たとしても、自分の事ばっかり話してくるヤツって嫌でしょ?

ブログに専門的な話をたくさん載せておく事で、後から相手のタイミングでそれを読んでもらえば、リアルでは伝えきれなかった部分を知ってもらう事が出来ます。

 

 

 

SNSで交流を深めること

ブログだけだと、なかなか関係は深まらないので、SNSで交流します。

さっきも書いた通り、同じもの買うなら知ってる人、好意のある人から買いたいワケで、そのために使うのがSNSです。

とは言っても、ビジネス目的で仲良くしようとしているような人とはやっぱり仲良くしにくくて、本当に友達作る感覚で活用するのが良いかなと。

 

基本的には売り込みは極力少なくして、交流を楽しむ事です。

で、何かニーズが生まれた時に、『あぁ、あの人から買おうか』って思い出してもらえるようになる事がSNSを活用する目的です。

後は普通に人とやりとりしてたら楽しいからそれを楽しでたら良いだけ。

 

だから、SNSをやり始めたからと言って、すぐには何も変わりません。

ただ、長期的な目で見たときに相当なアドバンテージになる事は間違いないので、楽しみながら活用していきましょう!

 

リアルな場を大切にする事

インターネットを使って色んな事が出来る時代になったので、直接会わなくても色んな事が出来るようになりました。

もちろん、ブログやSNSを上手く活用する事は今の時代にはもはや必須事項で、ビジネスやっていくには避けて通れない事だと僕は考えています。

 

ですが、同じような商品やサービスを扱っている人がたくさんいる中で、自分を選んでもらう事に大きな影響を与える要因は、何度も言いますけど、その人の事を知っている事、好意を持っている事です。

その心の距離を一気に縮めるために有効なのは、やっぱり直接会う事です。

 

同じものを買うなら、知ってる人から買うし、僕が主催している朝活や交流会、セミナーなどに来てくれた人から買いたいと思います。

その方が僕も満足するし、満足するから人にも紹介したいと思うし、お互いにとって良いんですよね。

 

SNSを上手く活用すれば、近いところまでは来れるんですけど、最後の一歩の距離はやっぱり直接会わないと縮まらない。

マーケティングの世界では『USP』とか、『差別化』とかを考えたりしますけど、『直接会って知ってる』って事は最強のUSPですよ。

 

だから、インターネットの世界にどっぷり浸かりすぎてリアルを疎かにしてしまってると、もったいないなぁって思いますね。

 

最後に

Amazonダッシュボタンの話から逸れまくりましたけど(笑)、今日の話は結構大切な話かなと思ってます。

ホントに環境はジワジワと加速度を上げながら変化してきています。いま大丈夫だから将来も大丈夫とは全然言い切れないですよ。

 

ゆでガエルみたいに気が付いたときには手遅れだったとならないように、1つずつでも自分の状況を変えていきましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で金沢 夏樹をフォローしよう!

Pocket

今回の記事がお役に立った場合、シェアしていただけると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Profileプロフィール

金沢夏樹

個人ビジネスコンサルタント
1983年8月22日生まれ 兵庫県神戸市出身(神戸市在住)
趣味:野球、マラソン、料理

オウンドメディアとソーシャルメディアを活用した個人ビジネス向けのWebマーケティングの専門家として活動している。

Webでの情報発信力を高めることを目的としたセミナーを毎月開催。
また、前向きに活動している仲間の集まる場ができればいう想いから朝活勉強会を毎週開催しており、個人事業主、経営者から起業志望者まで幅広い人が延べ100名以上参加している。

Web上の活動だけではなく、リアルな活動を重視し、Webとリアルの融合を軸にした提案が特徴。

【人生を懸けたミッション】
自分の好きな事に本気で取り組み、
ワクワクして生きる人を増やすこと!
自分に関わる全ての人に最高に面白い人生を生きて欲しい!