Amazon GO(アマゾン・ゴー)の登場でまた1つ人間の仕事が減るから少しずつやりたい事始めよう!

Pocket

『Amazon GO』ってご存知ですか?

今朝のブルームバーグの記事に面白いものが出ていました。

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2016-12-05/OHQ8EX6VDKHW01

今日はこのAmazon Goの登場によって世の中がどうなるのか想像したいと思います。

Amazon GOってなに?

さっきのリンク先を読んでもらったら分かるのですが、簡単に言うと、スーパーとかで買い物をする時に、レジを通さなくても自動で勝手にお会計してくれるというものです。

たまに夕方のスーパーに行く時があるんですけど、ビックリするぐらい並んでて、けっこう時間がかかるんですよね。

といっても、まぁ数分なんですけど、ボーッと待つ数分は無限のように感じるわけで、それが無くなって喜ぶ人はたくさんいると思うし、画期的なことだと思います。

遠い未来の話ではなく来年の話

ただ、パッと聞くと色んなハードルがあって、

  1. どうやって商品認識するの?
  2. どうやって支払いするの?
  3. そもそも、買い物してるのが自分ってことをどうやって識別すんの?

とか他にも色んな疑問が湧いてきて、まぁ遠い未来の話やろなぁって思いますよね。

それがナント!2017年からシアトルの店舗で試験導入するそうです。

つまり、実用化の一歩手前まで技術的には来ていて、あとは各店舗が取り入れていくかどうかを検討していく段階に入っていきます。

これが本格化すると人間の仕事は減る

書かなくても分かると思いますが、これが広く普及していくと、9割のレジの人が必要なくなります。

1割残したのは、普通にレジの仕事をする以上の付加価値を生めるレジの人は求められるからです。

『あの人がレジしてるからあのスーパーで買おう』と思われるような人です。これは技術では代替出来ないので、この人の仕事はどんな新技術が登場しても残り続けるでしょう。

でも、そうではない9割の人はコストとの勝負になるので、残念ながらゆくゆくは仕事が無くなってしまいます。これはもう仕方ないことで、時代に合わせて人に求められている仕事が残って、そうじゃない仕事は無くなっていくようになっているから。

 

これは別に将来に向けてのネガティブな事ではなくて、今までもそうだったので、不思議な事ではないですよね。

高速道路の料金所のおっちゃんがETCが登場したことによって数がグンと減ったり、決済システムが整った事でガソリンスタンドもセルフのものが出てきたり、これらと同じです。

ただ、これからはそのスピードと範囲が広がっていくから、『10年後に無くなる仕事』っていう記事を見たりして、みんな不安を抱いているわけですね。

 

人間しか出来ない事をやろう

不安に思っても思わなくても、やるべき事は1つだけで、人間にしか出来ない事を探してやるということだけです。

今までは面倒くさかったり、衛生的に良くなかったり、人がやりたくないことというのが仕事になっていました。あとは単純作業と。

そこはじきに機械化されてやらなくてよくなるので、他の事に時間を費やすことが出来るようになります。

そうなった時に今よりもっと面白いことに時間が使えるようになります。その準備をいまから少しずつやっていくことが必要かなと思います。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で金沢 夏樹をフォローしよう!

Pocket

今回の記事がお役に立った場合、シェアしていただけると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Profileプロフィール

金沢夏樹

個人ビジネスコンサルタント
1983年8月22日生まれ 兵庫県神戸市出身(神戸市在住)
趣味:野球、マラソン、料理

オウンドメディアとソーシャルメディアを活用した個人ビジネス向けのWebマーケティングの専門家として活動している。

Webでの情報発信力を高めることを目的としたセミナーを毎月開催。
また、前向きに活動している仲間の集まる場ができればいう想いから朝活勉強会を毎週開催しており、個人事業主、経営者から起業志望者まで幅広い人が延べ100名以上参加している。

Web上の活動だけではなく、リアルな活動を重視し、Webとリアルの融合を軸にした提案が特徴。

【人生を懸けたミッション】
自分の好きな事に本気で取り組み、
ワクワクして生きる人を増やすこと!
自分に関わる全ての人に最高に面白い人生を生きて欲しい!