Pocket

金沢夏樹

『6ヶ月でWebから集客仕組みを作る!』神戸を拠点に活動しているWeb集客コンサルタント。セミナーや勉強会、交流会を主催。直近1年半の期間で累計1,500名以上を集客。

>>詳細なプロフィール★

 

ブログを集客目的で書くという場合に、いくつか押さえるべきポイントがあります。

 

 

その1つがCTAと呼ばれるものの設置です。

WordPressの場合はテーマ(デザインテンプレート)に含まれている場合もあり、比較的容易に設置することができます。

 

 

ですが、アメブロの場合は自分で設置するための設定をしないといけません。

今回は、アメブロユーザーの方向けにCTAの設置方法についてご説明します。

ぜひご参考にしてみてください。

 

 

CTAとは

CTAというのは『Call To Action』の略で、日本語で言うと『行動喚起』という感じです。

ブログに訪れて記事を読んでくれた人に行ってもらいたいことを明記して、その行動を行うことを促す部分のことです。

 

 

具体的に言うと、ブログの末尾で商品・サービスの申し込みを勧めたり、メルマガ登録を促したり、資料請求をしてもらったりということをするためのリンクや入力フォームを設置します。

ブログの記事を読んで価値を感じてくれたタイミングでご案内するような形になるので、読者さんとしても納得した形でこちらのオファーに応じてくれる可能性が高まります。

 

 

アメブロでのCTAの設置方法

では早速、アメブロの記事下に固定文言としてCTAを設置する方法をご説明します。

  追記!
スマホの場合に表示されないという問題があることが分かりました。
解決策が分かりましたら、また追記します。

 

 

アメブロのマイページから「ブログの管理>設定・管理>プラグインの追加」を指定します。

「フリープラグイン」タブを開いて以下のような文言を入力します。

 

 

この文言は固定なので、そのまま入力してもらってオッケーです。

  <!--記事下告知フッター-->
<script type="text/javascript" src="http://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/1.6.2/jquery.min.js"></script>
<script type="text/javascript">$(function(){$("#ArticleFooter").appendTo(".articleText")});</script>

free-plugin

 

次に同じくアメブロのマイページから「ブログの管理>設定・管理>フリースペース編集」を指定します。

 

 

そして次のような文言を記入します。

  <style type="text/css">#ArticleFooter { margin-top: 15px; text-align: left;}</style><div id="ArticleFooter">ここに表示したい固定文言を入れる。HTMLで書けば画像やリンクなどを表示することも可能
</div>
</div>

 

 

 

注意事項

最後に1点注意事項として、過去記事も含めて全ての記事に設定した固定文言が入ってきます。

ですので、過去記事には入ってはいけないという場合には使えません。

 

 

また、過去記事には毎回自分で固定文言を入れていたという方は、重複して表示されないように過去記事側を修正していく必要があります。

これさえクリアすれば、作業の手間も削減出来ると思いますので、ぜひやってみてください。

 

 

LINE@では、最新のWebマーケティングやWeb活用に関する情報についてお届けしています。

ご興味ある方は下のボタンよりご登録よろしくお願い致します。
友だち追加

 

 集客できる!情報発信力向上の7ステップ
無料メール講座を配信しております。

ブログやSNSでの情報発信をこれから始めたいという方、
もしくは始めて間も無い方にオススメのメール講座です。

詳細はこちらに記載していますので、
ご興味ある方はぜひ一度読んでみてください。

 

 

>>Twitterでも情報発信しています!良かったらフォローしてください!<<

 

6ヶ月でWebから集客出来る仕組みを作る方法や、最新のWeb活用の情報をシェアしてWeb集客出来る仲間を増やしていくためのコミュニティーです。
お互いのビジネスを高め合い、協力し合ったり、一緒に楽しいイベントで遊んだりする仲間を作りませんか

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で金沢 夏樹をフォローしよう!

Pocket

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事