Pocket

金沢夏樹

『6ヶ月でWebから集客仕組みを作る!』神戸を拠点に活動しているWeb集客コンサルタント。セミナーや勉強会、交流会を主催。直近1年半の期間で累計1,500名以上を集客。

>>詳細なプロフィール★

 

ブログを始める方の多くが最初に検討するのがアメブロを使って運営することです。

おそらく周りでブログを書いている人のほとんどがアメブロで記事を書いているので、『ブログと言えばアメブロ』というイメージを持っているかもしれませんね。

でも実はブログサービスというのはアメブロ以外にもたくさんあって、サービスによって特徴も違いますし、ユーザー層も違っています。

 

 

最初に僕の中でのいま時点の結論を言っておくと、『ビジネスブログとしてアメブロがベストではない。でも使うのはアリ』という感じです。

Webの世界は新しいものがどんどん出てきて流行り廃りも早いので、今後もずっとそうかと言われると、その時になってみないと分からないというのが正直なところです。

このブログ記事を書いている2019年時点での情報ということで、これからブログを始めるという方がどのブログを使うのかを判断するための参考として読んでもらえたらと思います。

 

 

アメブロについての基本知識

アメブロの存在自体はご存知だとは思いますが、他にたくさん存在している無料ブログサービスと何が違うのか分からないという方も多いのではないでしょうか。

まずはアメブロの基本知識や特徴について簡単に説明しておきたいと思います。

 

ユーザー数No.1の無料ブログサービス

無料ブログサービスは数多くありますが、その中でもユーザー数が一番多いブログサービスがアメブロです。

2018年9月のサイバーエージェントの発表では、会員数が6,200万人を突破したとのことで、Facebookが2,800万人、Instagramが2,900万人、Twitterが4,500万人ということなので、日本においてはかなりユーザー数の多い情報発信メディアだと言えます。

無料ブログサービスの場合、サービス内でのアクセスというのが生まれるように設計されているので、アメブロでブログを書けば他のユーザーに読んでもらえる可能性があるというのが大きな特徴の1つです。

 

アメブロを使うメリット・デメリット

どんな商品・サービスにもメリット・デメリットがあり、当然アメブロにもそれはあります。

使い始めてから他のブログに乗り換えるとなると手間も掛かりますし、情報発信の面でもマイナスに働く点も出てきます。

ですので、出来ればアカウントを開設して記事を書き始めるまでにある程度その辺り知っておきたいですよね。

アメブロを使う事のメリット・デメリットについては以下の記事に詳しく書いているので、そちらを参考にしてみてください。

 

 

商用利用禁止問題はどうなった?

アメブロを趣味ではなくビジネス目的で利用する時に今までネックになっていたのが、商用利用禁止という規約です。

実際には商用利用している人もたくさんいたのですが、ある程度許容はされていて問題なく運営出来ている人も多かったのですが、人によっては公開した記事に閲覧制限が掛かってしまったり、場合によってはアカウント停止されてしまった人もいます。

そこの線引きがユーザー側からは分からなかったので、本格的にビジネスに利用するのは難しかったという状況でした。

 

 

それが2018年12月にアメブロの公式ブログで商用利用をオッケーにするという内容の記事がアップされ、ビジネス利用も可能になりました。

MLMや情報商材などトラブルに発展しがちなビジネスはNGですが、ちゃんとしたビジネスの場合は基本的にオッケーです。

だからと言って無条件にオススメはしないのですが、選択肢の1つとして検討するのはアリなのかなと思います。

 

 

アメブロの商用利用の規約については以下の記事でも書いているので、こちらもご参考にしてみてください。

 

 

アメブロで書いたブログはSEOに強い?

ブログというのは、記事を書いたらそれでオッケーというものではなく、書いた後にいかに読んでもらえるようにするかが大切です。

自分の書いたブログ記事を読んでもらうために出来る事として1つはSEO対策をして検索結果からアクセスしてもらうという方法があります。

SEO対策に関しては、個別の記事だけではなく、サイト全体の評価(ドメインの評価)も影響してくるので、どこに記事を書くのかもアクセス数には影響してくるわけです。

で、アメブロと言うメディアがSEO的に強いのかどうかが気になるポイントですよね。

 

 

2018年の時点で運営会社であるサイバーエージェントが発表していたユーザー数は6,200万人でした。

参考までにメジャーなSNSの日本におけるアクティブユーザー数を書いておくと、Facebookが2,800万人、Instagramが2,900万人、Twitterが4,500万人です。

そう考えるとアメブロのユーザー数はかなり多くて、シンプルに考えるとそれだけ多くのコンテンツがアメブロ内で掲載されているという事です。

 

 

これは大きなポイントで、アメブロというメディア自体はSEOに強いメディアだと言えます。

ただ、Googleは検索結果に多様性を求めているので、競合の多くがアメブロを使っていると検索結果に表示されない可能性も出てくるというのがあります。

その辺りに関しては以下の記事に書いているので、そちらをご参考にしてみてください。

 

 

結局アメブロはビジネスブログとしてアリ・ナシ?

色々説明しましたが、結局のところビジネスブログとしてアメブロはアリかナシかをお話しますね。

アリかナシかで言うと、アリになりました。

さっきも書いた通り、2018年12月アメブロのスタッフブログにて商用利用禁止の規約が削除されたからです。

ただ、全力でオススメするかと言うとそんな事はなくて、どうしても無料でブログ運営したい人には選択肢の1つとして提示はするかなと言う感じです。

 

 

これからブログを始めたいという人がどんなポイントを頭に入れて最終判断をすれば良いのかについて書いておきたいと思います。

 

初期のアクセスは集めやすい

アメブロのメリットは先ほどもお話した通り、ユーザー数が多いことです。

無料ブログサービスの場合は、そのサービスの中でアクセスが回る仕組みを用意しているケースが多いため、検索にヒットしたりSNSで拡散しなくても読んでもらえる可能性があります。

特にアメブロの場合は、SNSとしての色合いが強く、他のユーザーとのコミュニケーションツールが多数用意されているため、ブログを開設して記事を書き始めたら他のアメブロユーザーが記事を読みに来てくれたりします。

そのため、ブログをスタートして間もない時期に関しては、WordPress等で自分で構築したブログに比べるとアクセスが集めやすいと言うのがメリットです。

 

ネット検索すると情報が豊富に存在している

アメブロだけに限らず、Webツールを使っていると必ずといっても良いぐらい操作方法やカスタマイズ方法など分からない点が出てくるものです。

特にビジネス目的でブログを書いている場合であれば、より多くの人に読んでもらったり、記事を読んでくれた人を商品・サービスの購入まで来てもらうための導線を作る事も必要ですよね。

そうした時に、情報が容易に得られるかどうかというのは、見落としがちですが大きなポイントになります。

 

 

アメブロの場合は、ユーザー数が多い事もあり、それを専門としたコンサルタントの人が多数存在しており、その人たちがブログ記事等を通して情報を提供してくれているため、困った時でも検索すれば何とかなる可能性が高いです。

その点は他の無料ブログと比べても優位なポイントではあるので、頭に入れておいてもらえたらと思います。

 

記事を移行するための機能が用意されていない

先ほどの2つはどちらかと言うと、アメブロを選択するにあたってのプラスポイントです。

プラスな面があればマイナスの面もあります。

その1つが、記事を移行するための機能が用意されていない事です。

最初のうちはアメブロで記事を書いて、どこかのタイミングでWordPressに乗り換えようと考えている人は結構います。

で、そのタイミングでアメブロで書いていた記事をWordPressに移したいと思っても、アメブロの場合は記事のエクスポート機能が無いので、1記事1記事コピペで移していく必要があります。

 

 

10記事20記事ぐらいであれば、頑張って移行できるのですが、数百記事になってくると、何日も掛けて作業する必要が出てきます。

これなかなか大変ですよね。

ただでさえ本業が忙しい合間をぬって記事を書いているのに、記事をコピペしていくという無駄な仕事に時間を取られるのはしんどいと思います。

この点はデメリットとして頭に入れておく必要があるでしょう。

 

サービスの終了のタイミングでブログが無くなる

先日もYahoo!ブログが終了するというニュースがありましたが、無料ブログサービスを使っている場合の最大のデメリットは、サービス終了に抗えないという点です。

自分でサーバーを用意してWordPressでブログを運営していたら、始めるも終わるも自分次第ですが、無料サービスを使っている場合には、サービス提供者の意思決定に従わざるを得ません。

ブログサービスも提供会社としてはビジネスとしてやっているので、収益性が下がってきたらサービス停止する事も普通にあります。

アメブロを利用する場合は、その点も頭に入れた上で利用するようにしましょう。

 

 

さらに有効活用するために知っておくと便利な事

アメブロをビジネス目的で使う事に決めた場合に、このポイントは押さえておこう!というものがいくつかあるので、それについて最後にご紹介しておきたいと思います。

 

バックアップは取っておこう

1つ目はバックアップを取っておく事です。

商用利用がオッケーになったので、規約違反によってアカウントが削除されるケースというのは大幅に減るはずですが、それでも絶対ではありません。

また、Yahoo!ブログのようにサービス自体が終了する可能性もあるので、どんな事が起こっても自分の書いた記事は手元に確保できるような状況は作っておくべきです。

アメブロの場合はシステム的な自動バックアップをユーザーが取得できる仕組みは提供されていないので、少しアナログな方法にはなりますが、自分が書いた記事をWordやメモ帳などにコピーしてパソコン等に保存しておくようにしましょう。

 

SNSとして活用しよう

僕が考えているアメブロが最も優れているポイントは、SNSとしてのコミュニケーション機能です。

いいね!やコメントはもちろん、その他にもユーザー間で交流できる仕組みが多数用意されています。

せっかくアメブロでブログを書くのであれば、これを使わない手はありません。

他のSNSと同様に、使えばすぐに仕事に繋がるという訳ではもちろんありませんが、人と繋がるきっかけとして活用する事は可能です。

ぜひ、ブログを書くだけではなく、他のアメブロユーザーとの交流にも活用してみてください。

 

カスタマイズは出来るけどスマホ画面には反映されない

アメブロの難点の1つがカスタマイズは出来るけれど、それがスマホ画面には反映されない事です。

最近はスマホユーザーが相当数増えていて、スマホファーストだと言われるぐらいスマホを意識してサイトを作る事が重要事項になってきています。

アメブロの場合は、スマホからアクセスした場合とパソコンからアクセスした時とで、同じブログであっても表示のされ方が異なります。

そのため、ヘッダー画像やメニューバーをカスタマイズして作ったとしても、それがスマホの画面には反映されません。

一応ホームページ風には出来るのですが、それはスマホで見たときには反映されないという点は押さえておきましょう。

 

 

【メール講座】ご案内集客できる!情報発信力向上の7ステップ

無料メール講座を配信しております。

ブログやSNSでの情報発信をこれから始めたいという方、もしくは始めて間も無い方にオススメのメール講座です。

詳細はこちらに記載していますので、ご興味ある方はぜひ一度読んでみてください。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で金沢 夏樹をフォローしよう!

Pocket

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事