ブログとかFacebookで情報発信を始めたいけど、本名・顔出ししないとダメ?

Pocket

『ブログを書くときって本名を出さないとダメ?』

『プロフィール欄に顔写真を掲載しないといけない?』

 

ブログやSNSなどを使って、インターネットで情報発信をする時にハードルに感じる方が多いのが、自分の事をどこまで出すかっていう事です。

 

実際にけっこう多くの方から冒頭の質問をいただくので、ここが気になっている方というのは、とても多いと感じています。

 

 

本名や顔写真を出すと会社の同僚や上司、また周りの友達などにバレてしまうんじゃないか?という部分がネックになって情報発信が出来ないという方もいらっしゃいます。

インターネットに出してしまうと誰が見ているのかも分からないし、ちょっと怖いというのもあるのだと思います。

 

 

確かに正解は無いし、自分で決めてやるしかないのですが、よく聞かれる内容なので、メリット・デメリットも含めてその辺りどう考えてるのかについて今回は書きたいと思います。

 

 

本名や顔写真は本当に出さないといけない?

ブログで情報発信するという場合に必ず本名とか顔を出さないといけないのかというと、もちろん法律とかで決まっているわけでは無いので、どっちでも良いです。

 

それぞれのメリット・デメリットを天秤にかけて判断すればオッケーです。

必ずこうしないといけないというのはありません。

 

 

まず名前に関しては、本名を出したくなければビジネスネームでも構わないと思います。

芸能人とか作家さんだと、本名出さず芸名やペンネームで活動している人はたくさんいます。

 

また、それと同じイメージで、ビジネスネームを使って仕事をしている人は思っている以上にたくさんいます。

ですので、どうしても本名を出すのがイヤだというのであれば、ビジネスネームを使ってブログやSNSに登録してもオッケーです。

 

ただし、1度決めたらそれを使い続ける必要があるので、ビジネスネームを使うのであれば、それを一生使うぐらいの気持ちでちゃんと考えてから使うようにしましょう。

 

 

 

ちなみにFacebookの個人アカウントは原則は実名で使う事がルールになっています。

ただ、実際はビジネスネームで使っている人もいるので、そこは自己責任でやるしかないかなと思います。

 

もしくは、ルール通りにやるなら、Facebookページのみを活用する形で個人アカウントは諦めるというのも1つです。

 

顔写真に関しては出せるなら出した方が良いです。

顔が見えるだけで、安心感と親近感が生まれるからです。

 

スーパーの野菜コーナーとかに行くと生産者の顔写真を付けてたりしますよね。

あれと同じように、誰が書いてるブログなのか、誰が発信しているSNSの投稿なのか、顔が見えたら受け手側も安心して情報を受け取れます。

 

 

SNSでも単純接触効果は有効で、毎日のように顔写真を見ているだけで、仲良くなった気がします。

発信内容が抜群にインパクトがあって引きのある内容であれば、少しぐらいのマイナス要因はカバーできますが、そうでなければ小さな信頼を積み重ねて行くしかありません。

 

その要因の1つが顔写真を掲載するということなので、掲載できるのであれば掲載した方が良いです。

 

まとめ

本名も顔出しもリスク・ベネフィットを考えて考えるしかありません。

絶対にこうしないといけないというものはありませんが、出せるなら出した方が有利に働くケースが多いのは事実です。

その代わりとして受け入れないといけないデメリットもありますが。

 

自分の取れるリスク許容度を考慮してどうするのかを考えてみてください。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で金沢 夏樹をフォローしよう!

Pocket

今回の記事がお役に立った場合、シェアしていただけると嬉しいです!

Profileプロフィール

金沢夏樹

個人ビジネスコンサルタント
1983年8月22日生まれ 兵庫県神戸市出身(神戸市在住)
趣味:野球、マラソン、料理

オウンドメディアとソーシャルメディアを活用した個人ビジネス向けのWebマーケティングの専門家として活動している。

Webでの情報発信力を高めることを目的としたセミナーを毎月開催。
また、前向きに活動している仲間の集まる場ができればいう想いから朝活勉強会を毎週開催しており、個人事業主、経営者から起業志望者まで幅広い人が延べ100名以上参加している。

Web上の活動だけではなく、リアルな活動を重視し、Webとリアルの融合を軸にした提案が特徴。

【人生を懸けたミッション】
自分の好きな事に本気で取り組み、
ワクワクして生きる人を増やすこと!
自分に関わる全ての人に最高に面白い人生を生きて欲しい!