Pocket

金沢夏樹

『6ヶ月でWebから集客仕組みを作る!』神戸を拠点に活動しているWeb集客コンサルタント。セミナーや勉強会、交流会を主催。直近1年半の期間で累計1,500名以上を集客。

>>詳細なプロフィール★

 

新しいスマホを購入しようと思いショップに行った時に2つの商品が目に入ったとします。

 

 

1つは在庫が山積みになっている端末。

もう1つは在庫が残り1つしか残っていない人気の端末。

 

 

多くの人は人気のものを購入しようかなと思いますよね。

それが今回のテーマであるバンドワゴン効果というものです。

 

 

群集心理における同調現象の1つで、経済学とか社会学で主に使われる言葉です。

バンドワゴン効果を知っていることで、集客や売上アップに役立てられるケースもあると思いますので、今回はこの言葉をご紹介します。

 

 

バンドワゴン効果とは?

バンドワゴン効果とは何かというのを分かりやすく言うと、『赤信号みんなで渡れば怖くない』です。

要するに、多くの人が支持している事にはバイアスがかかって、それに対して安心感が増したり購買意欲が高まったりするというものです。

 

 

みんなが持っているものを欲しくなったり、みんながやってる事は正しいことだと感じるというのがバンドワゴン効果です。

 

 

バンドワゴンが活用されているビジネスシーン

バンドワゴン効果はビジネスシーンでもよく利用されているので、いくつか例を挙げてみたいと思います。

 

 

店頭でのポップ

お店のポップ等で『当店の人気No.1商品です!』と書かれている商品があったら気になって手に取ってしまいませんか?

 

 

それこそまさにバンドワゴン効果です。

みんなが購入している商品だったら良い商品に違いないと思って安心してその商品を選びやすくなります。

シンプルな一言ではありますが、それがあるのと無いのとでは、全然反応が変わってきます。

 

 

最近では、ブログやSNSなどで流行している様子を演出して上手くバンドワゴン効果を活用しているケースも見かけます。

 

 

行列のできているラーメン屋

ラーメン屋だけでは無いのですが、行列ができているところに人が集まってくるというのもバンドワゴン効果です。

 

 

お昼時にガラガラのお店より、並んでいるお店の方が美味しそうに感じますよね。

実際に食べ比べたわけでは無いにもかかわらず、みんながこっちのお店で食べているなら美味しいはずだと思って並ぶわけです。

 

 

ネットのレビュー

食べログやAmazonのレビューなどで多くの人が高評価のレビューをしていたら、それを信用するというのもバンドワゴン効果です。

さくらが入ってると思いながらも、信用してしまうというのは、みんなが経験したことがあると思います。

 

 

まとめ

今回はビジネスに役立つ心理学としてバンドワゴン効果というものについてご紹介しました。

 

 

同じ商品やサービスを案内していたとしても、どういう切り口で説明するのかによって当然反応は変わってきます。

どう紹介すれば興味を持ってもらえるのかを考える時に、バンドワゴン効果が活用できないか考えてみてください。

きっとそれだけでもお客さんからの反応が変わってくると思います。

 

 

LINE@では、最新のWebマーケティングやWeb活用に関する情報についてお届けしています。

ご興味ある方は下のボタンよりご登録よろしくお願い致します。
友だち追加

 

 集客できる!情報発信力向上の7ステップ
無料メール講座を配信しております。

ブログやSNSでの情報発信をこれから始めたいという方、
もしくは始めて間も無い方にオススメのメール講座です。

詳細はこちらに記載していますので、
ご興味ある方はぜひ一度読んでみてください。

 

 

>>Twitterでも情報発信しています!良かったらフォローしてください!<<

 

6ヶ月でWebから集客出来る仕組みを作る方法や、最新のWeb活用の情報をシェアしてWeb集客出来る仲間を増やしていくためのコミュニティーです。
お互いのビジネスを高め合い、協力し合ったり、一緒に楽しいイベントで遊んだりする仲間を作りませんか

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で金沢 夏樹をフォローしよう!

Pocket

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事