人生何が起こるか分からない。やるか、やらないかは自分次第
Pocket

何かやりたいこととか、実現したいことがある時に、『〜だから出来ない』という人はとても多いです。

 

 

自分で限界を設けてしまって、出来ない理由でやらないことを正当化しているわけですね。

気持ちはすごく分かります。

誰だって自分が能力的に出来ないことを認めたくないので、何かしらの理由を作って自分を納得させようとしているということです。

 

 

『やれば絶対できる!』とも言えないのが辛いところではあるのですが、何事もやってみないと分からないのは事実です。

 

 

今朝のメジャーリーグのカブスで活躍していた上原浩治選手が巨人に復帰するというニュースがありました。

ちょうど松坂大輔投手が高校野球を賑わして鳴り物入りで西武に入団した同じ年に、巨人にドラフト1位逆指名で入団してそれ以来日本、メジャーの両リーグで活躍してきた選手です。

 

 

プロ野球の世界でもトップ数%の超一流プレイヤーの1人が上原浩治選手です。

 

 

華々しい活躍をしてきた選手ですが、実は高校時代は甲子園に出場していないどころか、控え投手で登板機会もほとんど無いような選手でした。

さらに大学も浪人していて、道路工事のアルバイトをしながら予備校に通い、1年のブランクを経て野球に復帰して、そこから才能が開花して大学卒業後にプロ入りという非常に珍しいルートをたどってプロ入りしている人です。

 

 

普通、高校野球でレギュラーにもなれなかった選手がプロに行くなんて考えにくいのですが、人生何が起きるか分からない、どこでどう成長して変貌を遂げるのかも分からない良い例だと思います。

当時、上原選手が自分自身の事をたとえた『雑草魂』という言葉は、大賞に選ばれたかどうかは忘れましたが、流行語としてノミネートされていた記憶があります。

 

 

結局は最終的に自分が満足できるかどうかだと思います。

 

 

やりたい事をやって生きる人生なのか、やりたい事を我慢して生きる人生なのか、選ぶのは自分です。

『実力が無いから出来ない』とか『子供がいるから出来ない』とかそれはただの言い訳です。

 

 

最初から実力がある人なんていないし、やってたら実力がついていくものです。

求めているレベルにまで行くかどうかは別として。

 

 

何かの本で読んだことがあるのですが、人が死ぬ直前に後悔する事で一番多いのは、『自分の人生においてチャレンジをしなかった事』だそうです。

多くの人が、『あれやっておけば良かったな。』『あの時、なぜチャレンジしなかったんだろう。』という事で後悔して人生を終えるという事です。

 

 

その時にそう思っても時すでに遅しです。

 

 

今日は『上原、巨人復帰』のニュースをみて思った事を自戒の意味も込めながら書いてみました。

やりたい事をどんどんやっていく人生にしていきましょう!

 

 集客できる!情報発信力向上の7ステップ
無料メール講座を配信しております。

ブログやSNSでの情報発信をこれから始めたいという方、
もしくは始めて間も無い方にオススメのメール講座です。

詳細はこちらに記載していますので、
ご興味ある方はぜひ一度読んでみてください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で金沢 夏樹をフォローしよう!

Pocket

【無料プレゼント】集客出来るブログにするための
55のチェックリスト

ブログを集客に有効活用するための55個のポイントを書きました。

これからブログを始めたいという方や、もっとブログから集客したいと考えている方はぜひ読んでみてください。

 

 

 

 

スポンサーリンク
ブログの関連記事
  • 誰でも簡単に出来るアイデアの出し方
  • スキマ時間を最大限に活用する準備をしておく
  • お待たせしました!大阪・神戸で交流会を再開します!
  • AI(人工知能)のIQが人間の100倍以上になる時代に備えて身につけておくべき事
  • 全ての仕事を同じレベルで取り組まず、強弱をつける
  • 結果という作物を収穫するには種を蒔いて丁寧に育てることが必要
おすすめの記事
オウンドメディア構築の全体像
オウンドメディア
オウンドメディアを持ちたいけど、何から始めて良いかも分からない。 そうお悩みではないでしょうか? インターネットが普及して、スマホを使う事...