Pocket

金沢夏樹

『6ヶ月でWebから集客仕組みを作る!』神戸を拠点に活動しているWeb集客コンサルタント。セミナーや勉強会、交流会を主催。直近1年半の期間で累計1,500名以上を集客。

>>詳細なプロフィール★

 

ブログを更新した後ってどうしてますか?

 

 

『ん?記事書いて更新し終えたら終わりじゃないの?』

そう思っているなら、ちょっと意識を変えた方が良いかもしれません。

おそらくそれじゃ、ほとんど読んでもらえません。というより更新したことに気付いてもらえません。

 

 

もちろん、趣味でブログを書いている人はそれで構いませんし、また、あなたが有名人でファンも沢山いるからとりあえず更新しておけば見てもらえるというなら、今のままで大丈夫です。

でも、たぶんそうではありませんよね。

 

 

そうではないなら、ブログ記事を更新したら記事に集客をするということが必要です。

 

 

ブログというのはむしろ記事を更新した後が大切だと言っても良いぐらい重要なことなので、ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。

 

 

ブログ記事を更新するだけではアクセスしもらえなくなっている

昔は今ほどWebサイトはありませんでしたし、こんなに色んなツールが存在していなかったので、とりあえずインターネットで公開すればある程度見てもらえていました。

ですが、いまは毎日ものすごい勢いで情報が増えていっていて、日々入ってくる情報を全てチェックすることは不可能です。

 

 

たしか江戸時代の人が一生かけて得る量の情報が、1日のうちに自分に入ってくる時代になっているそうです。

それだけ大量の情報が溢れている中に自分が書いたブログ記事を投げ込むわけですから、普通に更新しただけではなかなか見つけてもらえません。

 

 

水族館の水槽ぐらいならエサを放り込んだら、飼ってる魚にちゃんと届きますけど、太平洋の真ん中でエサばらまいてもちゃんと魚に届かない可能性も高いですよね。

いまの時代にブログ更新して終わりにしてるのは、それと同じことです。

 

 

ただ更新しただけで見てもらえるような時代は終わっているということを、まずは認識しておきましょう。

 

 

しっかりと書いた良いブログ記事ほどしっかり告知する

最初の頃は時間かけて力入れて書いた記事も、適当に短時間で書いてしまった記事もアクセス数はそんなに変わらないことが普通です。

なぜなら、みんなブログの存在を知らないし、更新したことなんてもっと知らないからです。

 

 

だから、ちょっと意識を変える必要があります。

良い記事を書いたら自然と見てもらえるという意識ではなく、良い記事の時こそ告知をして読みに来てもらう努力をするという意識です。

 

 

ただ、そう言うとちょっと抵抗を感じる人が少なからずいます。

そういう方は、『自分のために更新情報を告知するのではなく、役立つ記事を書いたことを教えてあげないことで損をする人が出てくることを防ぐために告知する』という意識を持つと良いでしょう。

 

 

でも、実際にそうですよね。

あなたが専門家として書いた情報というのは、専門外の人からしたら本来はお金を支払って得ないといけない情報です。

そんな価値のある情報が無料で得られるわけですから、告知してもらった側としては喜ぶべきことです。

 

 

ですので、時間をかけて書いた記事は読者さんのためにもしっかりと告知してあげましょう。

 

 

記事を更新した後にできる告知方法

ブログの記事を更新した後にたくさんの人に見に来てもらうためにできることをご紹介します。

ここに書いている内容を全てやる必要はないですし、更新したブログ記事の内容によってもどれを使うのかは変わるので、ケースバイケースで効果がありそうなものからやってみてください。

 

 

告知する先を見ている人というのは重複している場合もあれば、そうじゃない場合もあります。

あなたの発信している情報の内容によってもどこで告知をするのが適切なのかは変わってくるので、やってみて反応を見ながら取り組んでみてください。

 

 

ブログ記事の拡散方法1:Facebookページに投稿する

ブログというのは待ちのメディアなので、向こうから来てもらわないと見てもらえません。

なので、SNSとの連携というのが1つ重要なポイントになっていて、その中でも多くのケースで最重要なのがFacebookとの連携です。

 

 

Facebookの個人アカウント(みんなが使ってるもの)は、一応商用利用禁止になっていて、そこにビジネス関係の投稿をバンバンするのはあまり望ましく無いというのがあります。

 

 

FacebookにはFacebookページというビジネス用のアカウントが用意されていて、ビジネス利用する時はそれを使うのが本来の形です。

もちろん、私もFacebookページを作っていて、ブログの更新情報は一旦そこに投稿しています。

 

 

Facebookページについては『Facebookの商用利用はビジネスアカウント(Facebookページ)を活用しよう』に詳細を書いているので、こちらもご参考にしてみてください。

 

 

 

ただし、Facebookページに投稿した内容というのは基本的にはFacebookページ自体に『いいね!』を押してくれた人に届く形になります。

ですので、Facebookページを作成したら、それ自体に『いいね!』を押してもらえるような活動をすることが必要となります。

 

 

ただし、『Facebookをビジネスに有効活用するなら知っておきたいエッジランクについて』にも書いたように、いいね!を押してくれた人たち全員に情報が届くわけではなく、エッジランクによって届く・届かないが決められるので、エッジランクを高める事も考えてみてください。

 

 

ブログ記事の拡散方法2:Facebookの個人アカウントでシェアする

次に、Facebookページに投稿したものを個人アカウントでシェアします。

 

 

Facebookページに投稿したのに必要?と思うかもしれませんが、Facebookページに『いいね!』は押してもらえていないけど、個人アカウントでは友達になっているという人も当然いるはずです。

その人たちにも情報を届けようと思ったら、個人アカウントで投稿をすれば情報を届けられる可能性があります。

 

 

つまり、Facebookページブログの更新情報を告知したら、今度は個人アカウント側でシェアすることで、Facebookページだけに投稿するよりも多くの人に届くようになります。

 

 

個人アカウントでビジネス目的の投稿をシェアしても良いのか?

そういう疑問も出てきていると思いますが、僕の見解ではシェアはオッケーと考えています。

これがアウトだったら、シェアという機能の存在意義がほとんどなくなってしまうので、さすがにこれは大丈夫でしょう。

 

 

 2018年になって・・・
この記事を書いた当初は上記の見解だったのですが、2018年になった今、少し状況が変わってきています。
Facebook自身がニュースや企業の情報を届きにくくすると言っているからです。
これからどうするのがベストかはFacebookの動向を見ながら検討が必要です。

 

 

ブログ記事の拡散方法3:Twitterに投稿する

Facebookに投稿するのと同じイメージでTwitterにも投稿します。

 

 

TwitterはFacebookと違って匿名性のメディアなので、本名も顔も出さずに利用している人もたくさんいます。

また、友達という双方が承認した形ではなく、一方的にフォローする形なため、影響力の強い人は何十万、何百万人もフォロワーがいたりします。

 

 

そういう人に運良く投稿を取り上げてもらうことが出来たりすると、一気に情報が拡散するケースがあります。

僕自身もブログ書き始めて間も無い頃で日々のアクセスが1桁台の頃に、たまたま書いた記事がTwitterで拡散されて数時間の間だけで1,000PVを超えたというのがありました。

 

 

これは運もあるので、狙って行うことはできませんが、運が良ければそういうこともあるというのが特徴です。

もちろんPVだけ増やしたところでお客さんが来なければ意味はありませんが、認知を広げる段階において拡散されることは有効なことなので、そういうのも使いたいところです。

 

 

あとはTwitterの場合はボットという自動投稿のツールを設定しておけば、自分で投稿しなくても、あらかじめ設定だけしておけば、時間が来ると勝手に投稿させることも可能です。

Twitterを活用する場合は、自動投稿も上手く活用しながら運営すると良いと思います。

 

 

Twitterの活用方法については『ブログのアクセスアップのためにTwitterを有効活用しよう!』にも書いていますので、そちらもご参考にしてみてください。

 

 

ブログ記事の拡散方法4:はてぶする

はてなブックマークというソーシャルブックマークサービスがあります。

ネットサーフィンをしている時に、あとでもう一度読みたいページをお気に入りに入れたりすると思いますが、それを他の人と共有することが出来るというサービスです。

 

 

要するに私がどんなサイトに対してブックマークしているのかをあなたも見ることができて、逆にあなたがブックマークしているものも私から見れるというものです。

 

 

意外に知らない人も多いのですが人気サービスで、たくさんブックマークされたページははてなブックマーク内で大きく取り扱われるのですが、そうすると一気に爆発的にアクセスが増えたりします。

 

 

これをどう使うのかというと、単純にブログを更新するたびに自分でブックマークします。

示し合わせて他の人と一緒にブックマークしたり、1人でいくつもアカウントをとってブックマークするのはダメですが、自分のサイトを自分でブックマークするのはルール上オッケーになってます。

 

 

なぜこれをするのがアクセスアップにつながるのかイメージ付かない方もいるかもしれませんが、実際に僕のこのブログへのSNSからのアクセスで2番目に多いのが、はてなブックマークからの流入です。

最初一定期間は効果が無いんですが、少しずつ増えていきますし、タイミングがハマればアクセスが爆発して認知が一気に広がる可能性もあるので、ぜひ活用してみてください。

 

 

ブログ記事の拡散方法5:アメブロに投稿する

ブログの内容を要約してアメブロに書いて公開します。

アメブロユーザーは減少傾向にあるので、以前ほど盛り上がりは無いですが、それでもまだまだ利用者はいるので、その人たちに向けて案内するようなイメージです。

 

 

これもTwitterと一緒で、一定数アメブロからもアクセスしてくれてる方がいるので、その方たちがいるからお知らせするという感じです。

あとは、WordPressに書いた記事と別に、要約版のアメブロが検索にヒットすることもあって、そこからアクセスが来るという副次的な効果もあるので、余裕があればやってみてください。

 

 

アメブロに関しては、『ビジネスブログとしてアメブロを利用するメリット・デメリット』に書いたようにメインブログとして活用するよりも、SNS的なサブメディアとして活用するのがおすすめです。

 

 

ブログ記事の拡散方法6:Google+に投稿する

これに関しては、アクティブな利用者が周りに少なすぎるため、SNS的な効果は皆無です。

つまり、Google+上で繋がっている人が僕の投稿を見てブログを見に来てくれるというのはほぼありません。

 

 

ただ、GoogleのサービスでGoogle+への投稿は検索にヒットする対象なので、そこからのアクセスも見込めるため、投稿しています。

そこまで劇的なアクセス増加は見込めませんが、手間のかかることでも無いので、更新後に投稿するようにしています。

 

 

ブログ記事の拡散方法7:Googleサーチコンソールにインデックスの依頼をする

Googleの検索結果に表示されるためには、Googleが検索エンジン用に持っているデータベースにWebページの情報を登録してもらう必要があります。

このデータベースにWebページの情報を登録することをインデックスと言います。

 

 

通常は、Googleがインターネット上を徘徊させているロボットプログラムがサイトのリンクをたどってやってくる形なんですが、こっちからインデックスをしてもらうように申請をすることができます。

 

 

Googleサーチコンソールというツールに『Fetch as Google』という機能があり、そこからインデックスしてもらえるように申請する必要があります。

 

 

ただ、これを使ったら必ずインデックスされるという保証はありません。

やっておくと検索結果に出てくるスピードが早くなる可能性があるので一応やっている程度なので、必須では無く余裕があればやればオッケーです。

 

 

ブログ記事の拡散方法8:他の記事に内部リンクをはる

ブログを書き終えた時点で、過去に書いた記事の中で今回の記事と関連があるものとか、一緒に読んでもらった方が理解が進むというのがあれば、その記事にリンクをはります。

ブログは本と違って、どうしても記事ごとにブツ切りになってしまうので、ある程度関連性のあるものは後でまとめておいた方が、読んでくれる人にとって分かりやすくなります。

 

 

投稿した記事が他の記事の中の説明の補足に使ったり、関連記事として紹介してあげた方が読み手にとって良いものを過去記事を思い出しながら考えて、該当するものがあれば、新たな記事へのリンクを貼ってあげるイメージです。

これは毎回やってると時間もかかりすぎるので、定期的に記事の一覧を見直してみて、関連しているものがあれば対応するようにすると良いかなと思います。

 

 

ブログ記事の拡散方法9:Twitterのボットに登録する

Twitterというのは、露出が一瞬になるので、タイミングが合わないと見てもらえません。

今投稿しても、10分後には他の人の投稿で流されていって埋もれてしまうんですね。

 

 

じゃあどうやって見てもらえるようにするかと言うと、繰り返し投稿することです。

でもこれを手動でやるのは、かなり大変なので、ツールを使って自動で投稿されるようにします。

 

 

記事を更新した後に1回自分で手動で投稿をして、その後に少し文言を修正したりして、ボット登録しておきます。

探せば無料で利用できるツールがいくつかあるので、利用してみてください。

ちなみに私はMAKE BOTというツールを活用しています。

 

 

ブログ記事の拡散方法10:メルマガで告知する

メルマガをブログ記事の紹介用に活用している人も多いですね。

ブログを更新して、次の日とかにメルマガにブログを更新した旨を書いてメルマガを配信してブログに来てもらうという形です。

 

 

SNSはほとんど見ないけどメールはチェックするという方もいるので、そういう人にお届けするイメージです。

 

 

ブログ記事の拡散方法11:楽天ソーシャルニュースに投稿

楽天ソーシャルニュースという、ニュースのシェアサービスがあります。

ニュースを題材に意見交換するという楽天が運営しているサービスです。

 

 

このサービスのアカウントを登録すると、自分が気になったニュースを投稿することができます。

そこに自分のブログ記事を投稿することができ、かつ楽天ソーシャルニュースは被リンクの効果がある可能性が得られるので、シェアした記事が検索上位表示するのにも役立つわけです。

 

 

まとめ

今回は僕がブログを更新した後にやっていることをご紹介しました。

毎回の記事更新ではやっていないこともありますが、ブログ単体で勝負しているのでは無く、色んな媒体を使いながらブログの発信力を高めていくというのがイメージしてもらえたと思います。

 

 

ブログ自体の認知が広がってくれば、記事さえ更新すればある程度は見てもらえるようにはなりますが、それでもやはり公開したらお知らせするというのは読んでもらうためには重要かなと思ってます。

 

 

今回ご紹介したものを参考にして、ブログの認知を広げていってみてください。

また、他にも出来ることはいくらでもあると思いますので、ご自身に適したものを見つけていってもらえればと思います。

 

 

↓この記事を読んでくれた方は以下の記事もオススメです↓

ブログで集客したいなら知っておきたいブログへのアクセス(流入)経路

 

 

LINE@では、最新のWebマーケティングやWeb活用に関する情報についてお届けしています。

ご興味ある方は下のボタンよりご登録よろしくお願い致します。
友だち追加

 

 集客できる!情報発信力向上の7ステップ
無料メール講座を配信しております。

ブログやSNSでの情報発信をこれから始めたいという方、
もしくは始めて間も無い方にオススメのメール講座です。

詳細はこちらに記載していますので、
ご興味ある方はぜひ一度読んでみてください。

 

 

>>Twitterでも情報発信しています!良かったらフォローしてください!<<

 

6ヶ月でWebから集客出来る仕組みを作る方法や、最新のWeb活用の情報をシェアしてWeb集客出来る仲間を増やしていくためのコミュニティーです。
お互いのビジネスを高め合い、協力し合ったり、一緒に楽しいイベントで遊んだりする仲間を作りませんか

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で金沢 夏樹をフォローしよう!

Pocket

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事