Pocket

金沢夏樹

『6ヶ月でWebから集客仕組みを作る!』神戸を拠点に活動しているWeb集客コンサルタント。セミナーや勉強会、交流会を主催。直近1年半の期間で累計1,500名以上を集客。

>>詳細なプロフィール★

 

集客するためのビジネスブログには外してはいけないポイントがいくつかあります。

そのうちの1つに読んでいて疲れないというのがあります。

使っている言葉が難しすぎない事や、文字が詰まりすぎていない事など注意すべきポイントがあり、ちょっとした事で読者さんの離脱を促してしまう事になります。

その中でも、今回は文字の色についてお話します。

 

 

あまり意識していない方が多いとは思うのですが、文字の色でブログの印象が変わってきます。

些細な事に感じるかもしれませんが、意外に読者の離脱に影響を与える部分になるので、ぜひ読んでみてください。

 

 

ブログの文字色は読みやすさに大きく影響する

ブログというのは、基本的には文字中心の情報発信媒体になりますが、同じように並んだ文章の中で一部分を印象付けようとした時にできる事は限られています。

文字のサイズを大きくしたり、フォントを変えたり、下線を引いたりと、色々な事ができますが、最も印象付けに効果的なのが文字の色を変える事です。

同じ色で書かれた文章の中で、一部分だけ色が変わっていたら自然とそこに目が行ってしまいます。

 

 

なので、強調したい部分の文字の色を変えること自体は正しいのですが、注意してもらいたいのが、カラフルにし過ぎないという事です。

特にアメブロユーザーに多いのですが、カラフルにし過ぎてしまうと単純に目がチカチカして読みにくいという事と、どこが重要な箇所なのかが分からなくなるという事があります。

せっかく強調しようと思って色を付けているのに、強調できないという事になります。

それだと文字に色を付けた意味がないですよね。

 

 

なので、あまりたくさんの色を使い過ぎないようにする事です。

基本の文字色は黒、リンクは青、強調したい部分は赤の3色だけで良いでしょう。

これ以上やるとカラフル過ぎてどこが大切な部分なのかが分かりにくくなるので、オススメしません。

 

 

文字色をつけるのは本当に強調したい部分のみ

『書いてる内容すべて重要な事だし、全部をちゃんと読んで欲しい』という気持ちは分かります。

ですが、あちこちに色をつけてしまうと、読み手としてどこがこの話のポイントなのかが、分かりづらくなります。

それなら全部を黒で統一してくれている方がまだマシです。

 

 

文字に色を付けるのは本当に強調したい部分のみにして、基本は黒で書くのが読みやすいですね。

色んな色を付けてカラフルにするぐらいなら、リンク以外は全部黒字で書いた方が、まだ内容が頭に残ります。

出来る限りシンプルに黒字を基本として、『ここがこの話のポイント!』という部分のみに色をつけるようにしましょう。

 

 

リンク文字は絶対に青文字にする

ビジネスブログにおける超重要事項として、『サイト内を回遊してもらう』ということ、『意図したリンクをクリックしてもらう』というのがあります。

サイト内の色んな記事を読んでもらって信頼出来ると判断してもらわないといけませんし、商品・サービスの案内ページやメルマガ登録ページ、お問い合わせページなど、こちらが望んだページに来てもらうという時に、リンクをクリックしてもらわないといけません。

 

 

その時に、どれがリンクになっているのかが分からなかったら、本当は読者さんはこちらが望んだアクションをしたかったのに、どこからやれば良いのか分からないために諦めて帰ってしまいます。

リアルなお店でも同じ事ですよね。

電池を買いにスーパーに行ったけど、どこに置いてるか分からなかったから、スーパーよりは少し高そうだけど、向かいにあるコンビニに買いに行く、というような事です。

 

 

どこに置いてるか分かりづらい状態になっている事で、スーパーは得られる利益を取りこぼしたという事になります。

これをWebの世界に置き換えると、リンクが分かりづらいという事だと言えます。

リンク文字というのはこの数十年間のWebの歴史の中で、『青色』というのが共通認識になっています。

読者さんは文字の色が青色だったらクリックするし、青色じゃなかったらクリックしません。

 

 

ですので、リンク文字だけは絶対に青文字にしておかないといけません。リンク文字に青色以外は使ったらダメです。

また、逆にリンク文字以外に青文字を使うのも控えた方が良いでしょう。

なぜなら、多くの読者さんの頭の中には『青色はリンク』という事が、これまでの経験上、無意識のうちに擦り込まれています。

青文字をクリックした時にリンク先に遷移しないとなると、違和感を感じて少しストレスを感じます。

 

 

それを繰り返すと『このサイトの青文字はリンクじゃないから、クリックせんとこう』ってなります。

ですので、他の色は何を使うか分かりませんが、リンク文字だけは青色にしておく事をオススメします。

 

 

まとめ

ブログの文字の色という、ちょっと地味なテーマではあるんですが、文字の色によってブログ全体の雰囲気というのが変わってきます。

文字の色を工夫することで読者さんのリアクションに差が生まれる事もあります。

こんな簡単なことでブログの反応が変わるならやってみる価値ありですよね。ぜひ今後気にしてみてください。

 

 

↓この記事を読んでくれた方は以下の記事もオススメです↓

ビジネスブログでの集客を成功させるブログ戦略17のコツ

 

LINE@のご案内

LINE@では、最新のWebマーケティングやWeb活用に関する情報についてお届けしています。

ご興味ある方は下のボタンよりご登録よろしくお願い致します。
友だち追加

【メール講座】ご案内集客できる!情報発信力向上の7ステップ

無料メール講座を配信しております。

ブログやSNSでの情報発信をこれから始めたいという方、
もしくは始めて間も無い方にオススメのメール講座です。

詳細はこちらに記載していますので、
ご興味ある方はぜひ一度読んでみてください。

オンラインコミュニティーのご案内!

6ヶ月でWebから集客出来る仕組みを作る方法や、最新のWeb活用の情報をシェアしてWeb集客出来る仲間を増やしていくためのコミュニティーです。
お互いのビジネスを高め合い、協力し合ったり、一緒に楽しいイベントで遊んだりする仲間を作りませんか

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で金沢 夏樹をフォローしよう!

Pocket

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事