ブログ集客をしたいならコンテンツの質を高める努力をしよう

Pocket

『ブログのアクセスアップはテクニックじゃない。コンテンツの質だ!』

個人ビジネスコンサルタントの金沢夏樹です!

僕は基本的にどんな業種の方であっても、ブログを書くことをお勧めしています。
自分でビジネスをしている人にとってはもちろんブログを書くことは大きな価値があります。

また、会社員の方であってもブログを書くことにはとても大きなメリットがあるし、
主婦の方にとっても同じく価値があると考えています。

あらゆる人にとってブログを書くことは価値があり、
まだ書いていない人はぜひブログを書き始めて欲しいと思っています。

ブログを書く目的はどうあれ、
ブログを書く以上アクセスを集めて多くの人に読んでもらうことは
一つの大きな目標になります。

ブログにアクセスを集めると考えた時に、様々な手法が考えられますが、
今回は枝葉のテクニック部分ではなく、本質的な幹の部分にフォーカスして書いていきます。

テクニックももちろん必要な要素ではあるんですが、
それだけが先行してしまっては薄っぺらい印象を与えてしまい逆効果になります。

ですので、今回お伝えする内容を頭の片隅において、
今後ブログを書いてもらえたらと思っています!

コンテンツイズキング

Googleの検索エンジンの精度が格段に高まり、
自作自演の被リンクでは上位表示が出来なくなりました。

さらにインターネットユーザーのリテラシーが向上してきたことで、
明らかな広告はクリックされなくなってきました。

そんな背景のもとに注目度を上げてきたマーケティング手法が、
コンテンツマーケティングです。

これは、webサイト上に沢山の価値ある情報を掲載し、
それによってGoogleの評価を得て、検索結果の上位表示を実現することです。

当然、上位表示されたサイトはユーザーの目に触れる機会が格段に増えるため、
アクセスを集めやすくなります。

つまり、Googleから評価を得られればアクセスを集めやすくなるのですが、
じゃあどういう要素があればGoogleから評価されるのか?というと、
Googleは各サイトに掲載されている情報の価値によって評価をしています。

以前は、被リンクといってそのサイトへのリンクが他のサイトからたくさんついていたら、
良いサイトだとGoogleは評価していました。

良いことが書いていたら自分のサイトでも紹介して多くの人に知ってもらいたい
そう思うだろうということで、被リンクを人気投票の結果として判断していました。

でも、これを悪用するヤツらが出てきて、
自分で大量のサイトを作ってそこに自分のサイトへのリンクを張るということが横行したんです。

そうすると、めちゃくちゃしょうもないサイトであっても、
検索すると最初にそのページが出てきたりするんですよね。

そのサイトの運営者にとっては、稼げるチャンスが広がるからハッピーなんですけど、
検索ユーザー側からすると、欲しい情報に行き着かず、
そのしょうもないサイトが表示されるわけですね。

そんな状態ではGoogle検索を使う人が減ってしまうと懸念したGoogleが
検索エンジンのアルゴリズムの変更に注力し始めたというわけです。

何度も何度も繰り返しGoogleの検索エンジンは修正されていて、
その結果、Googleの検索エンジンの精度は相当高いものになっています。
まぁ小手先のテクニックでは上位表示できませんね。

もし出来たとしても、それは一時的なもので、
すぐに是正されて、圏外に吹っ飛ばされます。

要するにインターネットの世界では、
小手先のテクニックはもはや通用しなくなっていて、
コンテンツの質がすべてを決めるという時代になったということです。

 

ちなみに、あのマイクロソフトのビルゲイツ氏は、
コンテンツが重要になる時代がやってくると、かれこれ20年ぐらい前に言ってたらしいです。

人の役に立つ価値あるコンテンツを作る

コンテンツが重要と言うけど何をどうしたら良いんだろう?
という疑問がどうしても出てくると思いますが、究極を言うとこの一言に尽きます。

『人の役に立つ記事を書けばそれでいい』

結局Googleが見てるのは、検索しているユーザーにとって
一番ハッピーな形を取りたいということなんですよね。

そうなったときに、何をどうしたら自分の記事を読んだ人にとって良いのかを考えて、
それを形にしていくことが『価値あるコンテンツ』に繋がっていくわけです。

これは決して、何文字で改行を入れた方がいいとか、
キーワードは文章全体の何パーセントにしたらいい、
っていう話では無いんですよね。

 

もちろん、そういうこともやった方がいいし、やったら効果も出ます。
でも、それは最初に考えることではなく、
もっと情報としての価値を高めた上での話だと思っています。

 

そして価値の高め方は人それぞれでいい。

面白く読めるというのも価値だし、誰よりも分かりやすいというのも価値です。
切り口が他の人と違うというのも価値です。

答えは一つでは無くて、自分のスタイルを見つけていくっていうのが大切だなと思います。

誰に向けて書くのかを明確にする

そもそも価値の感じ方っていうのは、人によって違うわけで、
自分が誰に向けて書きたいのか、っていうのも明確にしておいた方がいいかなと。

渋谷のチャラ男に言うときと、学校の校長先生に言うのとで、
同じように言っても絶対伝わり方違いますよね。

※偏見です。すみません(笑)

情報発信も同じことで、誰に伝えたいのかによって発信の仕方が変わってきます。
そこを世の中の人全員に伝えたいと思ってやるのは間違ってて、
それをやると誰にも伝わらなくなってしまうというジレンマに陥ってしまいます。

※本当は間違っては無いと思うんですけど、
実際問題、背景が異なる色んな人がいる中で、全員に響かせるのは無理だと思ってます。

だから、そこは割り切って少なくともこの人たちには分かってもらう、
というターゲットを決める必要があるかなと。

どう書くかの典型的な型

コンテンツマーケティングといっても、
実際はほとんどブログとイコールのケースがほとんどだと思います。
ブログ記事の書き方で、
「こんなんがあるよ」というのを思いつく限り書いてみます。

どんな記事を書こうか迷った時の参考にしてもらえれば良いかなぁと思います。

知識の解説

これが一番多いんじゃないかなと思います。
勉強したこととか、自分の知ってることをわかりやすく解説するというスタイルです。

検索ユーザーの検索の動機としても、
知らないことを知りたいというのが一つ大きな動機としてあるので、
そこを満たすためのコンテンツです。

知識型の場合はいかに分かりやすいかということと
面白おかしく読めるかということが重要かなと思います。

ノウハウ

これも検索の動機としては多いですね。

何かやりたいことがあるけど、やり方が分からない場合とか、
やり方は分かるけど上手くできないというようなケースです。

自分が出来ることはみんなも出来ると思ってしまいがちですが、
全然そんなことはないんですよね。

今まで生きてきた中でやってきたことも違うし、
積んできた経験、考えてきたこと何もかもが違うわけで、
そんな人たちが自分と同じなわけがないんです。

だからあなたが出来ることのやり方を発信してあげるというのも
とても価値があることです。

それにノウハウを求めて検索している人は切羽詰まっているケースも多いので、
情報があるだけでありがたいと思ってもらえます。

まとめ記事

まとめ記事というのは何かというと、
他のブログやサイトの情報をあるテーマにもとづいて集めてきて、
それを一覧形式にして記事にするというものです。

それを自分がすることに価値があるの?

そう思うかもしれませんが、
あなたのプロとしての視点から有益な情報を集めてきてあげることは
とても価値があります。

なぜなら、インターネットという半無限空間の中から
自分の欲しい情報を集めてくること自体、時間がかかることです。

その時間を単純に短縮できるという点が1つ。

また、運良く情報にたどりついたとしても
それが信用できる情報なのかどうかを、
そのジャンルに精通していない人には判断できないんですよね。

そこをプロ目線から選別してあげるというのは
とてもありがたいことです。

確かに、みんながみんな同じ情報を必要なわけではないので、
そこからさらに自分のフィルターにかける必要はありますが、
ある程度、信憑性のある情報の中から必要な情報を探せるというのは
とても大きな価値を提供していると思って良いでしょうね。

まとめ記事ばっかりだと個性も出しづらいかもしれないので、
たまに有益な情報のまとめ記事を出すのもありだと考えています。

事例紹介

どこまで出せるかはしっかり考えないといけないですが、
事例というのは宝の山で、成功も失敗もここに詰まっているため、
めちゃくちゃ価値がある情報です。

コンサルティングファームなんかだと
この事例の豊富さを売りにしていたりするぐらいです。

なので、あなたが実践した事例やクライアントの事例などを
可能な範囲で記事として発信するというのも
とても有益な情報となります。

これを出せるということは実践しているという証拠でもあり、
あなたに対する信頼感を高めることにもなりますし、
その情報自体もとても価値があるというのが事例紹介記事です。

タイムリーな話題

これもニーズがあるんですけど、これを追い求めるのはけっこう辛いです。
タイムリーな話題で勝負しようと思うと、どうしてもスピード勝負になってしまいます。
そうなると、僕ら個人ではなかなか分が悪い勝負をしないといけなくなります。

どうしても大手のニュース記者との勝負になると、
人員やかけられる費用などのリソース的な部分で圧倒的な差をつけられているので、
あんまりオススメは出来ないですね。

もちろんタイムリーな話題を追い求める続けることに生き甲斐を感じているのなら、
どんどんやったら良いと思いますよ。

でもそうではないなら、ニュースをどこよりも早く届けるという立ち位置ではなく、
ワンテンポ遅れても良いから、ニュースに対してプロの見解を乗っけて発信するというのがおすすめです。

まとめ

ブログ集客という観点を考えた時に
今の時代はテクニックでアクセスを集めてそこからお客さんになってもらう
というよりはしっかりと価値ある情報を出してしっかり信頼してもらってから
お客さんになってもらうという本来の形になってきています。

結局、最後に効いてくるのはやはり情報発信者に対して
『人』として信頼できるかどうかだと考えています。

その信頼感を与える材料の一つとして
自分の発信する情報をうまく使うことがコンテンツマーケティングです。

もちろんテクニックも必要ですが、
本質的な部分がしっかりしているかどうかということは
文章にもちゃんと表れてきます。

何が言いたいのかというと、
上っ面でコンテンツマーケティングに取り組んでも上手くはいかず、
ちゃんと人間として成長しながら情報発信していかないといけないということです。

ではでは、そんな感じで☆

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で金沢 夏樹をフォローしよう!

Pocket

今回の記事がお役に立った場合、シェアしていただけると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Profileプロフィール

金沢夏樹

個人ビジネスコンサルタント
1983年8月22日生まれ 兵庫県神戸市出身(神戸市在住)
趣味:野球、マラソン、料理

オウンドメディアとソーシャルメディアを活用した個人ビジネス向けのWebマーケティングの専門家として活動している。

Webでの情報発信力を高めることを目的としたセミナーを毎月開催。
また、前向きに活動している仲間の集まる場ができればいう想いから朝活勉強会を毎週開催しており、個人事業主、経営者から起業志望者まで幅広い人が延べ100名以上参加している。

Web上の活動だけではなく、リアルな活動を重視し、Webとリアルの融合を軸にした提案が特徴。

【人生を懸けたミッション】
自分の好きな事に本気で取り組み、
ワクワクして生きる人を増やすこと!
自分に関わる全ての人に最高に面白い人生を生きて欲しい!