ブログ集客基礎:ブログには更新日付を表示させる

Pocket

『日付がない書類なんかビジネス文書は成立しない』 個人ビジネスコンサルタントの金沢夏樹です。 冒頭の言葉は僕自身が社会人1年生か2年生の頃に指摘された言葉です。

日付が無いビジネス文書はダメ

会社員の経験がある人は分かると思うんですが、 就職して社会人1年目の頃に色々なビジネスマナーを先輩社員に教えてもらったと思います。   そのうちの一つにビジネス文書には必ず日付を書きましょう っていうのがありませんでしたか? わざわざ文書にしているということは、 後から見る可能性があるから、時間をかけて形式を整えてまで作るわけです。 ※実際には『こんなもん時間かけて作らんでええわ。誰が見んねん』っていうものを 何時間も掛けて作っている人もいるんですけどね。   何でこんな事をいきなり言い出したのかと言うと、 最近検索したときに出てきたページに更新日付が表示されてなかったからです。   まぁおそらく意図があって、わざと出していないんだと思うのですが、 それでもやっぱりちゃんと日付は出した方が良いと思うんですよね。。。

Web上には無数の情報が溢れている

いまさら言うまでも無いことですが、 インターネット上には本当に数え切れないぐらいたくさんの情報が掲載されています。   そこには何年も前に掲載されたものから、今日掲載されたものまで様々です。 情報というものには食材と同じで鮮度があり、新しければ新しいほど価値があります。 ニュース番組があれだけたくさんあるのが、その証明です。   新しい情報にはみんな興味を持っていて、それをキャッチアップしてきて発信しているのが、 新聞であったり、テレビニュースであったりするわけです。 もちろんネットニュースも同じくです。   そこには『いつ』の情報なのか、というのが分かることが必要で、 それが分からないと価値を失うことになります。 若干、話が逸れたんですが、何が言いたいのかというと、 情報発信するからには、それが『いつの話なのか』というのは 明確にしておく必要があるということです。 普通のブログサービスを利用していれば、あまり意識をしていなくても、 勝手に投稿した日付が表示されるようになっていますが、 たまに日付を表示しない設定をしている人がいます。

必ず日付は表示しよう

もし、その設定になってしまっているのであれば、 日付を表示する設定に変更しましょう。   せっかくしっかりしたものを書いていたとしても、 日付が明記されていないだけで、信ぴょう性を失います。 実際に僕は書籍を選ぶときも、インターネットで検索したときも、 最初に見るのは日付です。   特に移り変わりの激しいジャンルの情報を探している場合には、 そのときに日付情報が無ければ、その時点で読むのをやめます。 せっかく読んだのに、結局10年前の情報で、 今はもう全然使えないものだったとなったら時間の無駄になってしまうからです。

SEO的にも影響があるかも

これは正直、実際のところは分かりませんが、 検索ランキングにも影響があるんじゃないかと思っています。   Googleの検索エンジンの評価の仕組みは公開されていないので分からないのですが、 Googleの方針として『検索ユーザーにとっての価値』を最優先するので、 検索ユーザーが不便だと思うものは、減点の対象になると考えられます。   まぁ、検索エンジンがどうこうって言うより、 そもそも誰のために書いてんだって話です。 自分のメモ用として書いてるなら構いませんが、 そうじゃないなら余程の理由がない限り日付情報を表示するようにしましょう。   ではでは☆

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で金沢 夏樹をフォローしよう!

Pocket

今回の記事がお役に立った場合、シェアしていただけると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Profileプロフィール

金沢夏樹

個人ビジネスコンサルタント
1983年8月22日生まれ 兵庫県神戸市出身(神戸市在住)
趣味:野球、マラソン、料理

オウンドメディアとソーシャルメディアを活用した個人ビジネス向けのWebマーケティングの専門家として活動している。

Webでの情報発信力を高めることを目的としたセミナーを毎月開催。
また、前向きに活動している仲間の集まる場ができればいう想いから朝活勉強会を毎週開催しており、個人事業主、経営者から起業志望者まで幅広い人が延べ100名以上参加している。

Web上の活動だけではなく、リアルな活動を重視し、Webとリアルの融合を軸にした提案が特徴。

【人生を懸けたミッション】
自分の好きな事に本気で取り組み、
ワクワクして生きる人を増やすこと!
自分に関わる全ての人に最高に面白い人生を生きて欲しい!