ブログを書くなら文末に出口を用意しておこう
Pocket

『ブログを集客に利用したい!』という方は多いですが、その場合に必ず用意しておかないといけないものがあります。

 

 

それが無いとどれだけ役に立つ記事をたくさん書いても、どれだけ多くの人にブログを読んでもらっても集客には繋がりません。

ですが、ブログを書いている多くの人がそれを用意せずにブログを書き続けています。

 

 

それは何かというと、『CTA(Call To Action)』と呼ばれるものです。

簡単に言うと、ブログを読んでくれた人に対してとってもらいたい行動の提示のことです。

 

 

CTAを何にするのかはケースバイケースですが、これが無い状態でブログを更新し続けても集客しようが無いのが現実です。

 

 

 

 

ブログのゴールは何かを決める

ブログをビジネスに活用するためには、まずブログを読んでもらった後のゴールが何なのか?ということをしっかりと決めておく必要があります。

 

 

最初はとりあえず書き始めることが大切なのですが、どこかのタイミングでそのブログからどこにユーザーを導いて行くのかを考え始めないといけません。

ブログ一つで表現できることは限られているし、ブログを読んでもらうだけで収益が得られるわけではないので、そこからお仕事につなげていくことを考える必要があります。

 

 

どこをゴールにするのかは、そのビジネスにもよりますし、一概には言えませんが、やはり多いのはブログを読んでもらった読者さんに『メルマガ登録』を促すという形です。

 

 

ブログはあくまでもオープンスペースなので、何でもかんでも書けないこともあるので、深い話はクローズドなところに来てもらってから、話をするというようなイメージです。

もちろん、ブログで商品やサービスの案内をすることをゴールにしても良いし、もうワンステップ踏んでもらう形にするのも良いし、両方の流れを用意するのもいいです。

 

 

何れにしてもブログを読んでもらった後に読者さんにとってもらいたい行動をしっかりと決めておくということが大切です。

 

 

文末にゴールを置く

じゃあ次は、どこでその設定した行動を起こしてもらったら良いかという話になります。

 

 

自分が他の人のブログを読者側として読んでいる時のことを考えると、どのタイミングが書き手に対しての興味度が高まっているのかというと、記事を読んだ直後です。

 

 

検索からなのか、SNSからなのか、その他からなのかは分かりませんが、記事の冒頭部分では初対面で、信頼に足る人かどうか探っている状態です。

記事を読み進める中で、書かれていることへの納得感が積み重ねられて、読み終わった時に『もっとこの人の発信する情報を得たい』と思うわけです。

 

 

なので、まずは記事に集中してもらって、読者が求めている情報を得てもらって、最後に次のステップをご案内するという形です。

 

 

ゴール前のリンクは別画面で開く設定にする

記事の最後に自分の中でとってもらいたいアクションを置いておくということですが、そこに至るまでに他のサイトに行ってしまっては意味がありません。

ですので、ブログ記事の中にはたくさんのリンクを置きすぎないのが理想です。

 

 

ですが話の流れ上、どうしても伝えておきたいページのリンクもあります。

その場合は記事内にリンクを貼るしかありませんが、必要な部分だけ見たら戻ってきて続きを読んで欲しいですよね。

 

 

そんな時にやっておきたいのは、リンク先のページを別画面で開くようにしておくことです。

 

たいていのブログサービスの場合は、リンクを貼る時にそのページで開くのか、別画面で開くのかを指定できるようになっています。

 

 

ぜひそれを使ってください。

 

 

一旦は別ページに行ってしまいますけど、画面自体はまだ残っているので、戻ってきてくれる可能性は高くなります。

 

 

それをしておかないと、わざわざさっきのページはどこかなと探し廻らないといけなくなり、めんどくさくなってまぁ9割がた戻ってこないということになります。

細かい部分なんですが、意外に重要なので意識してみてください。

 

 

しっかりと記事を書いて信頼を得る

あとこれが一番重要ですが、記事をしっかり書くことです。

あなたのブログを読んでくれている読者さんは、何か課題や悩みを解決したくてあなたのブログにたどり着いています。

 

 

その課題や悩みをしっかり受け止めて解決してあげるという意識で記事を書くことが大切です。

確かにこれは難しいことなので、今すぐやれと言われて簡単に出来るものでもありません。

 

 

ですが、常に意識を持って記事の質を高める努力をすることはとても重要です。

 

 

なぜかというと、今の時代、情報発信が簡単に出来るようになりすぎて、自分の周りに存在している情報が大爆発しています。

 

Facebookを開いて自分の友達の投稿だけでも見切れないぐらいなので、見ず知らずのあなたの情報を見てもらうのはとてもハードルが上がっています。

 

 

だからこそ、たまたま見つけてもらう自分の情報を質の高いものにしておいて、『なんか他と違う』と思ってもらえるようにしておかないといけないということです。

 

 

そして、記事を読んで課題や悩みが解決した人は、それを解決してくれたあなたのことが少し気になって、場合によっては、あなたの提案を受け入れるという流れです。

 

 

ちなみにアメブロの場合は、結構薄っぺらい記事を書いていても、読者登録数が多ければたくさん『いいね!』がついてしまったりします。

なので、そこは自分の出した情報がどれだけ相手に響いたのかの指標にはなりませんので、いいねの数が多いからといって本当にいいかどうかは別の話です。

 

 

ということで、ブログは記事を読み終わった直後が読者の興味関心が高まっているタイミングなので、お互いのためにここを有意義に使えるように考えてみてください。

 

 

↓この記事を読んでくれた方は以下の記事もオススメです↓

圧倒的に読まれるブログに必須のコンセプトを5W1Hで明確化しよう!

 

 集客できる!情報発信力向上の7ステップ
無料メール講座を配信しております。

ブログやSNSでの情報発信をこれから始めたいという方、
もしくは始めて間も無い方にオススメのメール講座です。

詳細はこちらに記載していますので、
ご興味ある方はぜひ一度読んでみてください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で金沢 夏樹をフォローしよう!

Pocket

コメントを残す

関連キーワード
ブログ集客の関連記事
  • ブログを書くときに重宝する無料写真・画像素材サイトまとめ
  • 集客できるブログ記事の構成を一挙大公開!ブログ初心者の方はこれを真似しよう!
  • ブログで集客したいなら知っておきたいブログへのアクセス(流入)経路
  • これからブログを始める人のためにブログの種類と選び方を教えます!
  • 圧倒的に読まれるブログに必須のコンセプトを5W1Hで明確化しよう!
  • 集客できるブログにしたいなら文字の色はシンプルにすべし
おすすめの記事
需要と供給の関係で価格は決まる
ブログ
今日は『全く同じものでもこんなに値段は変わる』という話をします。 今日、西明石という明石より1駅西側(姫路のほう)の駅の近くを歩いてたと...