Pocket

金沢夏樹

『6ヶ月でWebから集客仕組みを作る!』神戸を拠点に活動しているWeb集客コンサルタント。セミナーや勉強会、交流会を主催。直近1年半の期間で累計1,500名以上を集客。

>>詳細なプロフィール★

 

『ブログを集客に利用したい!』という方は多いのですが、そのほとんどがなんとなく記事を書いてしまっています。

書かないよりは書いた方が良いのですが、漠然と書き続けて結果が出るほどブログは簡単ではありません。

ブログで集客をしたい場合には、必ず明確にしておかないといけないものがあります。

 

 

それは『ゴール(目的)』です。

専門用語で言うと、『CTA(Call To Action)』と呼ばれるものです。

簡単に言うと、ブログを読んでくれた人に対してとってもらいたい行動の提示です。

 

 

ブログを書いている目的にもよるのですが、ただ読んでもらっただけでは何も起こらずに終わってしまいます。

趣味でブログを書いていたり、ブログに貼り付けた広告が表示されたら収入が入るならそれでも良いのですが、自分の商品・サービスの販売につなげたいのであれば、ちゃんとそこに繋がるようにブログを書く必要があります。

 

 

CTAを何にするのかはケースバイケースなのであなたのビジネスに合わせて設計する必要がありますが、これが無い状態でブログを更新し続けても集客しようが無いのが現実です。

ですので、『集客目的のブログの場合には必ずCTAを設置するようにしましょう!』というのが今回の記事で言いたいことですが、少し詳しく補足説明していきます。

 

 

ブログのゴール(目的)が何かを決める

ブログでの集客で最も重要なことは、ブログを含めた集客フロー全体の設計です。

この設計が上手く出来ているかどうかが集客が出来るかどうかの分かつポイントです。

ほとんどの人がブログで集客したいと言う場合にブログのみで集客しようとしています。

ですが、それは非常に効率が悪くなってしまうケースがほとんどです。

 

 

商品・サービスの内容、ターゲット層、ビジネスモデルなどを考慮して、見込み客との接点がどこで、そこからどういう流れで販売にまで持っていくかを戦略的に決めることが重要です。

むしろ、それが無い状態で一生懸命記事を量産し続けても集客出来ない可能性が高いので、一度記事を書く手を止めて集客の設計図を描くのをオススメします。

 

 

今回はその設計図の中でのブログの位置付けを決めた後の話です。

つまり、ブログに来てもらった見込み客の人に次にどんなアクションを取ってもらうのかを決めるステップです。

どこをブログのゴールにするのかは、一概には言えませんが、ブログを読んでもらった読者さんに『メルマガ登録』を促すという形が一般的です。

 

 

ブログというのは興味度の高い人から低い人まで色々な人が読みにくるメディアです。

そのため、ブログで売り込みをするとせっかく将来的にお客さんとして来てくれた人が離れていってしまう可能性を生んでしまいます。

そうしないため、ブログでは見込み客の人たちへの認知を広めることに集中して、販売の機能はブログ記事には持たさないというのが主流です。

 

 

ブログを読んでくれた人の中で、自分のビジネスに高い興味を持ってくれている人にはメルマガやLINE@に登録してもらい、そこで一歩距離を縮めた関係性を作っていきます。

そして、機が熟したタイミングで自分の商品・サービスを購入してもらうというのがよくある流れになります。

 

 

ブログ記事の最後にCTAを設置する

ブログを含めた集客の全体像の設計が出来たら、次に行うことは実際にCTAを設置していくということです。

CTAの設置をブログ記事の中に行っていくわけですが、これをどこに置くのが良いのかが問題になります。

 

 

自分が他の人のブログを読者側として読んでいる時のことを考えると、どのタイミングが書き手に対しての興味度が高まっているのかというと、記事を読んだ直後です。

検索からなのか、SNSからなのか、その他からなのかは分かりませんが、記事の冒頭部分では初対面で、信頼に足る人かどうか探っている状態です。

記事を読み進める中で、書かれていることへの納得感が積み重ねられて、読み終わった時に『もっとこの人の発信する情報を得たい』と思うのが通常のケースです。

 

 

なので、まずは記事に集中して読んでもらって、読者が求めている情報を得た後に、最後に次のステップをご案内するというのがオススメです。

 

 

CTAのリンクは別画面で開く設定にする

記事の最後に自分の中でとってもらいたいアクションを置いておくということですが、そこに至るまでに他のサイトに行ってしまっては意味がありません。

ですので、ブログ記事の中にはたくさんのリンクを置きすぎないのが理想です。

ですが話の流れ上、どうしても伝えておきたいページのリンクもあります。

その場合は記事内にリンクを貼るのですが、必要な部分だけ見たら戻ってきて続きを読んで欲しいですよね。

 

 

そんな時にやっておきたいのは、リンク先のページを別画面で開くようにしておくことです。

たいていのブログサービスの場合は、リンクを貼る時にそのページで開くのか、別画面で開くのかを指定できるようになっています。

それを使って元の記事にすぐに戻ってこれる状況にしておいてください。

 

 

一旦は別ページに行ってしまいますが、画面自体はまだ残っているので、戻ってきてくれる可能性は高くなります。

逆にそれをしておかないと、わざわざさっきのページはどこかなと探し廻らないといけなくなり、そうなるとめんどくさくなって戻ってきてもらえません。

とても細かい部分なのですが、とても重要なことなので意識してみてください。

 

 

CTAに至るまでの記事本文をしっかり書いて信頼を得ておく

あとこれが一番重要なことですが、CTAに至るまでの記事本文をしっかりと書くことです。

あなたのブログを読んでくれている読者さんは、何かしらの課題や悩みを解決したくてあなたのブログにたどり着いています。

 

 

その課題や悩みをしっかり受け止めて解決してあげるという意識で記事を書くことが大切です。

そして、記事を読んで課題や悩みが解決した人は、それを解決してくれたあなたのことが少し気になって、場合によっては、あなたの提案を受け入れてくれるという流れです。

 

 

まとめ

ブログで集客をする場合には、今回書いたように、ブログを含めた集客の全体像をしっかりと描いておくことが大切です。

あとはしっかりと読者さんの求めている情報を提供することに集中して信頼を得て、CTAに進んでいってもらうという感じです。

思っているような流れになっていくには何度も修正しながら調整していく必要がありますが、流れが出来てくると集客もだんだん楽になっていきますので、ぜひブログを活用した集客フローの構築に取り組んでみてください。

 

 

▼この記事を読んでくれた方は以下の記事もオススメです▼

圧倒的に読まれるブログに必須のコンセプトを5W1Hで明確化しよう!

 

LINE@のご案内

LINE@では、最新のWebマーケティングやWeb活用に関する情報についてお届けしています。

ご興味ある方は下のボタンよりご登録よろしくお願い致します。
友だち追加

【メール講座】ご案内集客できる!情報発信力向上の7ステップ

無料メール講座を配信しております。

ブログやSNSでの情報発信をこれから始めたいという方、
もしくは始めて間も無い方にオススメのメール講座です。

詳細はこちらに記載していますので、
ご興味ある方はぜひ一度読んでみてください。

オンラインコミュニティーのご案内!

6ヶ月でWebから集客出来る仕組みを作る方法や、最新のWeb活用の情報をシェアしてWeb集客出来る仲間を増やしていくためのコミュニティーです。
お互いのビジネスを高め合い、協力し合ったり、一緒に楽しいイベントで遊んだりする仲間を作りませんか

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で金沢 夏樹をフォローしよう!

Pocket

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事