Pocket

 

ふと、ブロガーになりたいなと思い立ってしまったので、ブロガーになりたいと思います。

肩書きにそんなにこだわりも無いので、どこかに行って自己紹介した時に『ブロガーです』とは言わないと思いますが、ブロガー的なブログの運営をしてみたいなと思って、気持ちはブロガーという事でやっていこうかなと。

そんなに何も変わらず、ただブログを書く量を増やすというだけかもしれませんが。

 

 

ブログを始めた当初は基本的には毎日書いてたのですが、時間的に辛くなってきたという事もあり、最近は書ける時に書くというスタンスでやっていました。

ですが、ブログを毎日書く事のメリットも感じていて、ネタ探しとして世の中を色んな角度から見るようになるんですね。

またブログの記事というのは企画なので、アイデア出しの要素も含まれていて、さらに文章を書く必要があるので、文章力も身に付きます。

その中でもちきりんさんの言うところの『マーケット感覚』もブログ運営全てを通して養われるんじゃないかなと思っていて、その力は何をやる時にも必要なものだと思うわけです。

 

 

マーケット感覚ってなに?

『マーケット感覚』という言葉を知ったのは、ちきりんさんの『マーケット感覚を身につけよう』という書籍です。

端的に言うと、何が売れるのかを見極めるセンスのことで、そのもののどこに価値があって欲しがる人がいるのかどうかを見極める力のことです。

どんな業種であっても、何かしらの商品・サービスをお客さんに買ってもらうことで事業が成り立つわけなので、とても重要なものです。

 

 

ただ、このマーケット感覚というのは、『マーケット感覚とは何か?』という定義を学ぶだけで身に付くものでは決してなく、色んな情報を得たり、自分でお金を出して商品・サービスを買ってみて体験したりして身に付いていくものです。

『感覚』というぐらいなので、少しずつ研ぎ澄まされていくイメージですね。

AIやロボットが進化して、いま人間がやっている単純作業は根こそぎやってくれるようになるという事なので、僕らがやるべき事は間違いなく仕組み化できないことです。

 

 

実際には感覚的な部分に関しても、ビッグデータを分析する事で再現できる部分も増えて来ているのですが、とは言ってもデータには現れない心の奥に潜んでいるものもありますよね。

第六感的なピンとくる部分というのは、おそらくAIでは認知出来ないんじゃないかなと思っています。

世の中を見る目の事をマーケット感覚と呼んでも良いかましれませんね。

 

ブログってオワコンじゃないの?

10年前だと個人で情報発信できる媒体も今ほど多くなく、選択肢としてブログ一択と言っても良いぐらいでした。

ですが、今だとInstagram、Twitter、Facebook、YouTube、Podcast、TikTok、Voicy、noteなどなど、色んな選択肢があります。

そんな状況の中で、Googleの検索エンジンの精度も高くなって、SEO対策も難しくなって、検索上位表示してアクセスを集めるというのが難しくなってきています。

そういうのもあり、ブログはオワコンだという論調が最近はチラホラ出ていたりします。

 

 

ただ、個人的な感覚として、何か情報を探す時に使うのはやっぱりGoogle検索が多いですし、その時に以前と変わらずブログ記事も見ているので、まだまだオワコンだと言うには早いかなという感覚です。

それに、動画や音声での情報も良いのですが、場所を選ぶというネックがあって、どこでも情報を得られる形式としてやっぱり文字でのアウトプットは欠かせないと考えています。

なので、他のメディアも使いながらブログもガンガン書いていこうという感じですね。

 

 

ブログのパワー = 情報の質 × 個人の影響力

ブログを書いていくにあたって意識しておきたい事が1つあって、それが何かって言うと、ブログの持つパワーについてです。

ブログを書く事で得られる事というのは、たくさんあって人によって目的はまちまちです。

どんな目的で運営していたとしても共通して言えるのが、そこに書かれている『情報の質』と『書いている人の影響力』の掛け合わせで目的にたどり着けるかどうかが決まります。

どちらも一朝一夕に身に付くものではないのですが、意図して身に付くように活動していく事が大切です。

特に影響力に関しては、ブログで情報発信しているだけでは身に付きにくく、オフラインでの実績や専門分野、資格、学歴、思想、人柄などトータルで判断されます。

 

 

そのため、人によって影響力が備わっていく過程も違いますし、同じ事をしていても影響力が備わる人と備わらない人がいるので、難しいと思います。

ですが、1つ1つ実績を積み上げて、自分のレベルを高めていくしかないでしょうね。

 

 

ブログの将来性と書き続けるメリット

さっきも少し書きましたが、ブログはまだまだ有効な情報発信メディアです。

売れる商品・サービスを持っている人は、ブログを使って販売する事も可能ですし、イベントを企画している人はブログで集客する事も可能です。

また、面白い記事や役に立つ記事を書ける人はブログに広告を貼り付けて収入を得る事も出来ます。

以前より難しくなったとは言われていますが、だからこそチャンスでもあります。

 

 

企業が運営するブログのようなWebメディアを狭義のオウンドメディアと呼んだりしますが、費用対効果が合わずにサイトを閉鎖しているところが増えてきました。

その流れもあって、ブログは難しいという認識が広がろうとしているため、言うなればライバルがこれから減っていく可能性があります。

Googleの検索エンジンが重視している観点に情報の新しさというのもあるので、書き続けるというのはとても大きなアドバンテージになります。

 

 

ブログを書くのに必要な金銭的なリスクなんて月に1500円程度です。

その程度のコストで、何10万人、何100万人に情報を届けられる可能性を秘めています。

失敗したところで、借金を背負う事もありませんし、僕としてはやらない理由が見つからないかなと思っています。

なので、ここからまた集中してブログ記事を量産していくつもりなので、興味があるテーマがあればぜひ読んでみてください。

 

【メール講座】ご案内集客できる!情報発信力向上の7ステップ

無料メール講座を配信しております。

ブログやSNSでの情報発信をこれから始めたいという方、もしくは始めて間も無い方にオススメのメール講座です。

詳細はこちらに記載していますので、ご興味ある方はぜひ一度読んでみてください。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で金沢 夏樹をフォローしよう!

Pocket

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事