Pocket

金沢夏樹

『6ヶ月でWebから集客仕組みを作る!』神戸を拠点に活動しているWeb集客コンサルタント。セミナーや勉強会、交流会を主催。直近1年半の期間で累計1,500名以上を集客。

>>詳細なプロフィール★

 

ブログを書いた方が良いというのは、いつも言っているのですが、なかなかハードルに感じる人も多いですよね?

書いた方が良いと思いながらも書けないという方や、書き始めたのは良いけれど書き続けられないという人がほとんどです。

 

 

ブログを書くのには特別が才能がいるのか?

いや、そんな事は全くありません。

本当にコツさえつかめば誰でも書けますし、苦手意識も少しの努力で取り除いていく事が可能です。

 

 

では、なぜ多くの人がブログを書く事が出来ないのか?書き続けることができないのか?

その大きな原因の1つが、セルフイメージと完璧主義にあるのではないかと思っています。

つまり、自分は文章を書くのが苦手だと思い込んでいるという事と、国語の教科書のように綺麗で正しい文章を書かないといけないと思っているという事です。

 

 

それは、そもそも文章の本質を理解出来ていないのかもしれません。

ブログであってもSNSであってもメールであっても、文章というのはコミュニケーション手段なんです。

文法的に正しくても相手にこちらの意図と違って伝わってはいけないし、逆に文法は間違っていたとしても共感が得られるならコミュニケーション手段としては優秀なわけです。

 

 

 

文章が苦手だと言う人の多くが『正しく、綺麗な文章を書かないといけない』と思い込んでいるように感じています。

人様に読んでもらう文章なので、間違った書き方をしてはいけないと思う気持ちはよく分かるのですが、実はそんなに気にする必要は無いというのが現実のところです。

 

 

そんなことよりも、自分の個性や世界観が出ている方が大切です。

ブログの読者さんというのは、あなたに文章の正しさよりも専門家としての情報を求めています。

また、同じ情報であっても好意を抱ける人から聞きたいと思っています。

それが満たされるのであれば、多少文法的に誤っていたとしても満足してもらえます。

 

 

ですので、今日はこの誤解を解いてあなたにもブログやSNSで情報発信できるようになってもらいたいなと願って書きたいと思います。

 

 

ブログやSNSの文章に高度な国語力は必要ない

先ほども書きましたが、文章と言うのはコミュケーション手段です。

伝えたい事があって、どう言ったら伝わるのかな、どんな言葉が伝わりやすいのかな、というのを考えるのが大切です。

でも、多くの人はいかに正しい文章を書くかということに意識を取られすぎているように感じています。

 

 

正しい表現で、文法的にも整った文章を書いた方が良いケースの方が多いのは事実です。

それに他人の目に触れる文章であるからには、当然そうするべきだと思うのも自然な事です。

また、無理に間違う必要はありませんし、正しい文章が書ける事に越したことはありません。

 

 

ですが、ブログやSNSは国語のテストではないので、それを気にするあまりに発信自体ができなくなってしまうのは、とてももったいない事です。

また、キレイに整いすぎていると、引っ掛かりが無く、流れてしまって、結局印象に残らなくなってしまう事もあります。

 

 

そもそも、国語的に正しい表現で、内容的にもしっかり調べ上げた正しい情報を知りたいのであれば、専門書とかを読みませんか?

少なくとも私はそうします。

 

 

でも、それをせずにあなたのブログを読みにきているという事は、読者さんが求めているものが違うんです。

読者さんがあなたのブログに求めているものは、あなたの見解や独自の観点です。

あるテーマについて、『自分とは違うこんな考え方があるのか』と思う事を求めて読みにきています。

その中で、『なるほど!』と納得することや共感することが多ければ、その人はあなたのブログのリピーターとなってくれるでしょう。

 

 

なので、形式にこだわりすぎずに、間違っても良いのでどんどん書いて発信していきましょう!

 

 

ブログやSNSを通して好き嫌いも含めた相性の判断を行う

色んな人のブログを読んでいると、『この人のブログは何か信頼できるなぁ』とか『めっちゃ分かりやすいな』という人に出会う時があります。

とても感覚的な部分なので言語化する事は難しいのですが、相性が合うなと感じるブログがあります。

 

 

なんでそんな風に感じる事があるのかというと、何か引っ掛かりがあるからです。

国語辞典やWikipediaの文章を読んで相性が合うなと思う事はないですよね?

なぜなら、綺麗すぎるからです。

綺麗すぎると、その人っぽさが出にくくなってしまうので相性も何もなくなってしまいます。

 

 

新聞の文章もそうですよね?

新聞を読んでいて、『この人面白い人だなぁ』と思う事はないと思います。

新聞の場合は面白さを提供しているわけではないので、むしろ個性を消して書いているはずです。

ある程度、万人受けする必要があるので、個性を出してしまうとよくないからです。

 

 

個人のメディアとして立ち上げたブログの場合は、新聞と同じようなスタイルで記事を書いていくのでは無く、自分の色を出していくべきです。

そうすることで、自分のブログに対して良いなと思ってくれる人が出てくる可能性が高くなるからです。

 

 

インターネットの世界で、万人を相手にすることは不可能です。

仮にみんなに受ける内容のブログ記事を書けたとしても、本当に全員お客さんとしてやってきたとしても対応できませんよね。

一部で良いんです。

インターネットを使って情報を取っている人のうちの一部の人が自分に対して好意を持ってくれて、お客さんとして来てくれたとしても対応しきれないぐらいの人数になりますしね。

ですので、綺麗に書く事よりも自分らしい文章を書くようにしましょう。

 

 

ブログに大切なのはその人の世界観

個人のブログにおいて大切なことは自分の個性や世界観を感じてもらうことです。

これは1記事、2記事書いたぐらいではなかなか出てきませんが、日々、書き続けることでじわじわと滲み出てきます。

これは無理に『強烈な世界観を出そう』という風に思う必要はありません。もし無理して出したとしても、それはおそらくすぐに見抜かれてしまうでしょう。

それよりは、あまり細かいことは気にせずに自分が思うことを思うように書くことで、自然と自分の色が出てきます。

それが読んでいる人に伝わっていけば、それが段々とあなたの世界観になっていきます。

 

 

今の世の中、特に日本は成熟経済です。

どこでどんな商品を購入しても、サービスを受けても一定レベルの質は担保されています。

多少の差はありますが、サービスとして成り立たないレベルのものに当たることは、なかなかありませんよね。

そんな状況なので、どこの商品を購入するのか、どこのサービスを受けるのかの判断には、好き嫌いや相性が合う合わないの要素がおおいに入ってきます。

だからこそ、しっかりと自分のパーソナルな情報も出しながら専門家としての認知もしてもらうようにブログで情報発信していく必要があります。

 

 

まとめ

ブログを書く時に文章がうまく書けないというのがお悩みなのであれば、今回の記事に書いた通りなので、あまり気にせず書いていきましょう。

ブログやSNSでの情報発信を続けることで、自分自身の影響力にも、ビジネスの集客にも大きな効果があります。

すぐに結果が出るものではありませんが、コツコツやっていけば結果は出てくるので、ぜひブログ・SNSを書き始めてみてください。

 

 

▼この記事を読んでくれた方は以下の記事もオススメです▼

ブログで発信する情報は全員にウケなくて大丈夫!0.1%の人に響けば十分

 

LINE@のご案内

LINE@では、最新のWebマーケティングやWeb活用に関する情報についてお届けしています。

ご興味ある方は下のボタンよりご登録よろしくお願い致します。
友だち追加

【メール講座】ご案内集客できる!情報発信力向上の7ステップ

無料メール講座を配信しております。

ブログやSNSでの情報発信をこれから始めたいという方、
もしくは始めて間も無い方にオススメのメール講座です。

詳細はこちらに記載していますので、
ご興味ある方はぜひ一度読んでみてください。

オンラインコミュニティーのご案内!

6ヶ月でWebから集客出来る仕組みを作る方法や、最新のWeb活用の情報をシェアしてWeb集客出来る仲間を増やしていくためのコミュニティーです。
お互いのビジネスを高め合い、協力し合ったり、一緒に楽しいイベントで遊んだりする仲間を作りませんか

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で金沢 夏樹をフォローしよう!

Pocket

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事