圧倒的に読まれるブログの文章を書くために5W1Hでコンセプトを明確化しよう!

Pocket

『ブログを一生懸命書いているけど、なかなか読んでもらえない』とお悩みではないでしょうか?

 

 

忙しい中、寝る間を惜しんで書いているブログですから、多くの人に読んでもらいたいですよね。

ブログ記事を読んでもらうためには、実はコツがあります。

そのコツを押さえて書いているのかどうかで、その記事自体を最後まで読んでもらえるかどうかと、次の記事を読んでもらえるかどうかに差が生まれます。

 

 

今回は、ブログ記事を読んでもらうための『読まれる文章』を書くために押さえておくべき6つのポイントについてお話しします。

この6つのポイントを意識するだけで読者へのメッセージの響き方が全然変わってきますので、ぜひ活用してみてください。

 

 

では、さっそく内容に入っていきたいと思います。

 

 

 

ブログは5W1Hでコンセプトを明確にする

 

ブログというのは自分の情報発信メディアなので、本来は好きな事を好きなように書いても良いのですが、それだと多くのケースで独りよがりの誰にも響かない文章になってしまいがちです。

文章自体はそれっぽく書けたとしても、そこにコンセプトが無く漠然と書いていたとしたら、おそらく思ったような反応が得られません。

 

 

そこで最初にやるべきなのが、ブログのコンセプトを明確に定義することです。

コンセプトを明確にすることで、発信するメッセージに一貫性が生まれ、読んだ人の共感が得られるようになるわけです。

 

 

セブンカフェのプロデュースやユニクロのロゴのデザインを手がけた佐藤可士和さんもこう言っています。

コンセプトが曖昧なまま何かをデザインしたとしても、心に響くものにはならないでしょう。

by 佐藤可士和

 

 

これはブログであっても同じことが言えます。

コンセプトを明確にせずにブログを書き続けても、その文章は誰の心にも響くものになりません。

 

 

ですので、まずはコンセプトを明確にしていきましょう。

 

 

では、具体的にどうやってコンセプトを明確にするのか?

それは5W1Hのフレームワークを使うのがシンプルかつ効果的です。

 

 

5W1Hの6つの質問に1つずつ答えていくことによって自分の発信する情報に軸が生まれていきます。

ですので、ぜひブログのコンセプトを明確にするために5W1Hを紙に書き出して1つずつ設定することをやってみてください。

 

 

それでは、5W1Hを具体的に説明していきます。

 

 

What:何をテーマにして書くのか?

ブログ書き始めようと決めたけど、いざパソコンの前に座ったら何も書くことが思い浮かばず、うんうんと悩んでしまう人も多いのではないでしょうか?

 

 

それはWhat(何)が明確になっていないことが原因かもしれません。

ですので、そんな方はまずは書きたいテーマを決めることから始めましょう。

 

 

もう既にご自身のビジネスを持っている方であれば、その分野に関することでかつ見込み客の方々が知ると役立つ内容を書いていくのが良いでしょう。

 

 

もしこれから自分でビジネスをやっていきたいと考えているけれど、具体的に何をやっていくのかが明確に決まっていない場合は、まずはそれを決めましょう。

と言っても手を止めて悩んでてもなかなか出てこないでしょうから、多少テーマが広くなっても良いのでブログを書きながら少しずつ絞っていきましょう。

 

 

街でよく見かける『うどん、ラーメン、カレー』という看板のお店みたいに何の店なのか分からないブログになってしまうと、なかなか固定の読者は付きにくいです。

なぜなら、何を知りたい時にこのブログにやってきたら良いのかがわからないからです。

 

 

芸能人のように自分自身が有名になってファンが出来てくれば何書いても喜んでくれる人がいるのですが、無名の人がそれをやったとしても興味を持ってもらうことができません。

 

 

ですので、まずは何かのテーマに絞ってターゲットとなる人が興味を持つ可能性の高いものにテーマを絞って書いていきましょう。

 

 

Who:誰に向けて書くのか?

 

ブログに限らずFacebookやTwitterなどのSNSもそうですし、チラシや名刺など、どんなモノを使って情報発信をする場合でも同じことですが、不特定多数の人に向けて書くのではなく、『誰』に対して書くのかを明確にすることはとても重要です。

 

 

誰に向けて書くのかというのを決めることで、メッセージが明確になるため、そのメッセージにドンピシャで当てはまる人の心にダイレクトに届きやすくなります。

つまり、自分のメッセージに響きやすくなるということです。

 

 

極端な例で言うと、「日本に住んでいる20歳の男性」と「アマゾンの奥地に住んでいる20歳の男性」、この2人に対して同じ内容を同じ表現方法で伝えても絶対に同じ反応にはなりませんよね。

ここまで極端ではなくても、誰に対して届けたいのかで、書く内容も違ってきますし、書き方や表現方法、言葉遣いまで変わってきます。

 

 

だからまずはどんな人に自分の発信する情報を届けたいのかを決めることが重要です。

そのために有効なのが『ペルソナ』です。

 

 

ペルソナについては・・・
ブログを書くなら絶対やるべき!ペルソナ設定が読者の反応を格段に高める!
に詳細を書いていますので、そちらを読んでみてください。

 

 

ペルソナを作成して、理想の顧客像を明確に定義し、その人に向けて情報を発信するというのは、マーケティングの基本です。

 

 

自分が書きたいことを書きたいように書くのではなく、しっかりと届けたい相手を意識して、その人に向けて書くことです。

人はそれが自分の事だと感じなければ真剣に読んでくれる事はなく、自分事として情報を受け取ってもらうためには、誰について書くのかを明確にする事がとても有効です。

 

 

When:いつ読むのか?

 

自分の書いたブログを読者の人が読むのはいつなのかを意識しましょう。

これにもペルソナが関係してきますが、その人がどんな生活スタイルでいつブログを読む時間があるのかをイメージすることです。

 

 

仮にサラリーマンの方をターゲット読者として設定している場合に、朝の通勤時間にスマホで読んでもらう場合と、夜寝る前の比較的ゆっくりしている時間帯に読んでもらう場合とでは、書く文章のニュアンスも変わってくるケースもあるかもしれません。

また、更新時間についても、その時間帯に合わせて公開するようにしておけば、読みたい時に更新されている状態になってタイミング的にも合うので、その辺りも意識するとより良くなります。

 

 

Where:どこで読むのか?

これは最近のスマホの普及によるところも大きいのですね。

昔はインターネットを使える環境というのは、家か会社など決まった場所でしたが、スマホが出てきたことで、その幅が大きく広がりました。

 

 

あなたの書いたブログ記事をどこで読むのかをイメージする事も重要です。

 

 

家で読むのかもしれませんし、電車で読むのかもしれません。

また、特定の地域の特定の場所で読んでもらう事が想定されるのか等、自分が発信している情報がどんな場面で読まれるのかを考えて、さらに場所までイメージするとより明確なメッセージになります。

 

 

例えば、観光ガイドのようなブログを書いているのであれば、現地で読まれる可能性も結構高いですね。

文章自体はそんなに長く書かず、写真とか付けながら直感的にわかるように意識して書くとかもできますよね。

 

 

ですので、あなたのブログ記事がどこで読まれる可能性が高いのかも意識して記事を書いていきましょう。

 

 

Why:なぜ自分の情報を必要としているのか?

なぜ読者はあなたの情報を必要としていて、何を解決したいがためにブログを読んでいるのかを考えることです。

それが明確に想像することができれば、読者の心に響く文章が書けるようになります。

 

 

インターネットを使っている人というのは何か知りたいことや、解決したい課題を抱えて、それをクリアするためのヒントを求めて利用しています。

どんな課題に対して答えを書いているのかを決めて書くというのも有効な方法です。

 

 

全てのブログ記事は誰かが求めていることを解決するために書くようにしましょう。

そうすれば読者からの反応も変わってくるはずです。

 

 

How:どうやって伝えるのか?

 

今回はブログ記事というのがテーマなので、発信方法はブログです。

ただ、ブログと言っても発信の仕方は色々あって、日記のような形で書く場合もあれば、ノウハウを中心に書く場合もあります。

 

 

また、文章だけで書いている人もいれば、漫画やイラストなんかを上手く活用して書いている人もいたりと、表現方法は無限にあります。

図表やイメージ画像をふんだんに使うというのも1つの方法ですね。

 

 

どんな形であればペルソナとして定義したターゲットユーザーに伝わりやすいのかを考えて記事を書くことです。

決まったルールはないので、その時その時で最善の方法を模索しながら書いていきましょう。

 

 

まとめ

今回は読まれるブログ記事を書くために気をつけるポイントについて、6つのポイントとして5W1Hをご紹介しました。

シンプルなフレームワークですが、色々な場面で活用できるのが5W1Hです。

 

 

ブログを書くときも例外ではなく、これに従ってどんなことをどんな風に書いたら良いのかを考えていくことで記事の質も格段に上がります。

記事を書く前の5分、10分で良いので時間をとって、書くことを明確にしてみてください。

 

 

これをやるだけでメッセージに軸が生まれてより伝わるブログの文章になっていくはずです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で金沢 夏樹をフォローしよう!

Pocket

今回の記事がお役に立った場合、シェアしていただけると嬉しいです!


金沢夏樹公式メールマガジン



個人ビジネスコンサルタントの金沢夏樹公式メールマガジンのご案内です。

オウンドメディアとソーシャルメディアを活用してあなたのビジネスを加速させる
リアルWeb集客術を公式メルマガにてお届けいたします。

私自身が実践している方法や最新のWebマーケティングの情報を含め、
メルマガのみで公開するクローズドな情報も
公式メルマガを登録していただいた方には無料でお届けいたします。

ご興味ある方はぜひご登録ください。


ABOUTこの記事をかいた人

金沢夏樹

個人ビジネスコンサルタント
1983年8月22日生まれ 兵庫県神戸市出身(神戸市在住)
趣味:野球、マラソン、料理

オウンドメディアとソーシャルメディアを活用した個人ビジネス向けのWebマーケティングの専門家として活動している。

Webでの情報発信力を高めることを目的としたセミナーを毎月開催。
また、前向きに活動している仲間の集まる場ができればいう想いから朝活勉強会を毎週開催しており、個人事業主、経営者から起業志望者まで幅広い人が延べ100名以上参加している。

Web上の活動だけではなく、リアルな活動を重視し、Webとリアルの融合を軸にした提案が特徴。

【人生を懸けたミッション】
自分の好きな事に本気で取り組み、
ワクワクして生きる人を増やすこと!
自分に関わる全ての人に最高に面白い人生を生きて欲しい!