ブログを拡散する事よりも前に考えるべきたった1つの事

Pocket

ブログを書いているなら、多くの人に読んでもらいたいですよね?

 

『誰にも読んでもらいたくない!』っていう人がインターネットという公の場で公開するわけないですしね。

書いたブログを何とか多くの人に届けるっていうのは、僕も必要だと思いますし、書いただけで放置してても、まぁ読まれません。

だから、何とか多くの人に届けるために拡散する方法を考えるわけですが、その前に考える事あるよなぁ、っていうのが今日の話です。

 

アクセス数を増やすだけでいいの?

僕もこのブログでSEO対策についてや、アクセスアップについてなどの記事を書いているので、よく聞かれる質問があります。

 

『アクセス数を増やすにはどうしたら良いですか?』

『どのブログを使ったらアクセスが集められますか?』

 

確かに気になります。僕も気にしてますし。ただ、この思考に陥るとめちゃくちゃ危険です。

『数字』に目が行ってしまって、『人』の存在を忘れてしまいがちだからです。

 

なんで分かるかって言うと、僕が半分その罠にハマっていたからです(笑)

頭では分かってるつもりなんですよ。でも、気が付いたら数字を気にし過ぎている自分がいる。

 

自分が書いた記事を読んで『役に立ったなぁ♬』って思っている人の顔よりも、先にGoogleアナリティクスのPV数が頭に浮かぶ。

 


Google アナリティクスというのは、
アクセス解析って言って、アクセス数とかを分析するための無料ツールです。

 

冷静に考えたらヤバイやつです。でも、同じ事しちゃってる人はけっこういるんちゃうかなと思います。

 

まずは画面の向こう側の1人を喜ばせる

ブログのデメリットではあるんですけど、どうしてもGoogleの検索エンジン相手にしてしまう時があります。


本当はブログの問題じゃなくて、自分の問題なんですけど
そうなりやすいってこと

確かにGoogleの検索エンジンもめちゃくちゃ賢くなっていて、人間に近い感覚で評価出来るように改善が進んでいます。

でも機械は機械なんですよね。やっぱり人間とは違う。

 

ソフトバンクの携帯ショップに行ったら、最近ペッパー君が出迎えてくれますよね。形も人間に近くなってきているし、人間みたいに話しかけてきます。

でも、ペッパー君と人とは違うのは普通に考えたら分かります。

 

『ペッパー君が認めてくれるような話をしよう』とかって誰も考えません。

 

でも、なぜかGoogleの検索エンジンを相手にしたら、それに似た事をやっちゃいます。

あなたが書いた文章を読むのはインターネットを通した向こう側にいるGoogleの検索エンジンではなく、インターネットを通した向こう側にいる人間です。

この1人に満足してもらえる記事を書くことがめちゃくちゃ重要です。

 

これが出来て初めて拡散の仕方を考えるわけです。

 

1人を満足させられない時に拡散しても無駄

情報が拡散するとお金が儲かる、と思っている人もいますが、んなワケない。

とりあえずで書いた質の低い記事を拡散してしまうと、逆にマイナスイメージがついてしまうだけです。

 

1度や2度ならまだしも、それが続くと『この人の発信するものはゴミ情報だ』というレッテルが貼られてしまいます。

そうなると、3通目にめちゃくちゃ良い記事に仕上がったとしても、もう読まれずにスルーです。

これは考え方が全くの逆。

 

最初から拡散する事を考えるのではなく、まずは読んでくれる1人が満足してくれる記事を書けるように1記事、1記事しっかりと書くこと。

この人が満足してくれたら、この人と興味関心が似た人が、たまたまふらっとやって来てくれた時に、『このブログええやん♬』ってなります。

 

これを1人ずつ積み重ねていく事です。本当に1人ずつ1人ずつ満足させていく。

それがある程度積み重なってきたら、その中から他の人に紹介してくれる人が出てきます。

そうこうしている内に結果として拡散するようになった、というのが目指す考え方です。

 

もちろん考え方の話なので、ブログ書き始めた時から、リアルな知り合いやSNSで告知するというのはやりますよ。

ただそれは拡散しようと思ってやるわけじゃなく、自分が役立つと思って書いた記事なので、知り合いにお知らせだけしたいなという感じです。

 

まずはその中で読んでくれる1人の人を満足させようよっていう話です。

それに、1人の人も満足させられない情報発信力なら、それを拡散させたところで誰も反応しない。

 

情報発信ゼロには、どんな大きな数字を掛けてもゼロはゼロです。

まずは掛けた時に数字が残るように、ゼロから1にするところに注力していきましょう。

 

数字じゃなくて人

ひと昔前のビジネスっていうのは、数字にフォーカスし過ぎていました。

いわゆるマスマーケティングっていう、1人ひとりの『人』を意識するのではなく、こんな属性の人っていう、かたまりで捉えるっていう考え方が主流になっていました。

 

このかたまりの内の何パーセントが平均的に反応するから、そこにこんなオファーをして、こんな感じで利益を得ようという考え方です。

むかしは、インターネットとかSNSが無かったから、マスメディアからの一方的な情報を受けるしかなく、あまり多様性を受け入れられなかったから成り立っていたモデルです。

 

でも今は状況が大きく変わっています。

インターネットやSNSによって大きな力を持った企業でなくても、情報発信が出来るようになりました。

 

いま読んでくれてるブログだって金沢夏樹という『個人』が世の中に向けて発信している形です。

どこかの企業がスポンサーになってお金を出してくれてるワケでもないので、好きな事書けます。

 

従来からあるマスメディアでは、スポンサーの目がある以上、好き勝手な事は言えないのが現実だったはずです。

何が言いたいのかというと、個々の人に向けて発信しないとアカンよ、という事です。

 

『こんな人』に向けて発信するんじゃなくて、『この人』に向けて発信する事です。

最初は見てくれる人が少ないので、当てはまる人も少ないですけど、発信し続ければ、必ず届く人は増えてきます。

 

キーワードは『関係性』です。

もうこれからの時代、知らん人から買うってことは少なくなっていきます。

だって知ってる人から買ったほうが安心やし、知ってる人の喜ぶ顔が見たいですもんね。

 

それに、昔と比べて格段に知り合いを増やしやすくなったし、関係を維持しやすくなりました。

なので、ビジネスにおいてもこれからはいかにお客さんと友達みたいな関係性を作っていくか、これが超重要です。

数字も必要なんですけど、それにとらわれすぎないようにしていきましょう。

 

最後に

ブログを書き始めると、アクセス数ってめっちゃ気になります。

ある意味、ブログを書く者にとってのステータスみたいな意味合いもあるので、多いと良いという気分になります。

もちろん、アクセス数が多い方がパイが大きくなって有利になるので、意識はすべき点です。

 

ですが、過度に意識をし過ぎると、1番大切な読んでくれる『人』への意識が薄れる事があるので、注意していきましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で金沢 夏樹をフォローしよう!

Pocket

今回の記事がお役に立った場合、シェアしていただけると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Profileプロフィール

金沢夏樹

個人ビジネスコンサルタント
1983年8月22日生まれ 兵庫県神戸市出身(神戸市在住)
趣味:野球、マラソン、料理

オウンドメディアとソーシャルメディアを活用した個人ビジネス向けのWebマーケティングの専門家として活動している。

Webでの情報発信力を高めることを目的としたセミナーを毎月開催。
また、前向きに活動している仲間の集まる場ができればいう想いから朝活勉強会を毎週開催しており、個人事業主、経営者から起業志望者まで幅広い人が延べ100名以上参加している。

Web上の活動だけではなく、リアルな活動を重視し、Webとリアルの融合を軸にした提案が特徴。

【人生を懸けたミッション】
自分の好きな事に本気で取り組み、
ワクワクして生きる人を増やすこと!
自分に関わる全ての人に最高に面白い人生を生きて欲しい!