Pocket

金沢夏樹

『6ヶ月でWebから集客仕組みを作る!』神戸を拠点に活動しているWeb集客コンサルタント。セミナーや勉強会、交流会を主催。直近1年半の期間で累計1,500名以上を集客。

>>詳細なプロフィール★

 

何かやりたい事がある場合には、ブログを書こう!

というのをいつもオススメしていますが、その前に1つやっておかないといけないことがあります。

 

 

これをやらずにいくらたくさんの記事を書いても望んだ結果を得ることはできません。

でも、意外に多くの方がそれをやらずに一生懸命記事の更新をしていますが、結果が付いてこないという状況に陥ってしまっています。

 

 

それは何かというと、ブログを書くことでどんな結果を得たいのか、つまり、ブログを書く目的を明確にする事が大切だということです。

 

 

ブログを使って何がしたいか明確にしよう

本当に最近はブログを書いている人がとても増えました。

石をなげたらブロガーに当たると言っても良いぐらいたくさんの人がブログを書いています。

 

 

ただ、これだけたくさんの人がブログを書いていたとしても、求めているような結果が満足に得られている人はかなりの少数派です。

 

 

その理由は先ほども書いた通り、ブログを書くことによって得たい結果が明確になっていないということです。

 

 

『ブログを書いた方が良いと聞いたから書いている。』

『アクセス数を増やしたら何か良いことが起こるかもしれない。』

『1000記事超えたらブレイクスルーが起きるらしい。』

 

 

 

そんな事をぼんやりと思いながら毎日一生懸命ブログを書いているとしたら、一度立ち止まって考える時間をとるべきです。

なぜなら、そのまま書き続けてもおそらくどんな結果も得られずに時間だけが過ぎていってしまう可能性が非常に高いからです。

 

 

ブログを書くのが好きで趣味として書いているのであれば、日々好きなように思い付いたことを書いていけば良いのですが、ビジネス目的でブログを書いているのであれば、それだと不十分です。

というより、むしろ時間の無駄なので書かない方がマシかもしれません。

 

 

大切なのは、ビジネス全体を俯瞰した時に、必要なパーツがたくさんあって、その中のどの部分をブログでまかなうというのを決めてから書く事が重要です。

みんながブログを書いているとしても、もしかするとあなたのビジネスの場合はブログは特に必要ない可能性もあります。

 

 

その辺りをしっかりと固めてからブログを書いていきましょう。

 

 

 

 

ブログ書く目的の代表的な例

『ブログを書く目的を明確にしろと言われても、書いた方が良いって言われたから書いてるだけだったので、なんか改めて言われると何を目的にしたら良いのか難しい』

という人もおそらくたくさんいるんじゃないかなと思います。

 

 

後で『自分はこれのために書くんだ!』っていうのを考えて欲しいんですけど、ご参考までにブログを使えばこんな事が出来るよ、ってのをいくつか例として挙げたいと思います。

 

 

ブログを書く目的①:広告収入を得る

ブログを書いてお小遣い稼ぎをしたいという方も多いので、広告収入を得る事を目的とするのも1つ考えられますよね。

 

 

自分のブログに広告を掲載して、たくさんの人をブログに呼んでくる事で広告主からフィーをもらうというものです。

Googleアドセンスとかの広告を貼っておいて、それを収入源とします。

 

 

この場合は、いかにたくさんのアクセスをブログに呼び込めるかが勝負になります。

そのため、書く内容もアクセスがたくさん稼げそうなものを選んで書いていく事がポイントになります。

 

 

ですので、どちらかというと、テーマを絞って専門的な内容を扱うより、多種多様なものを書くスタイルが主になります。

 

 

ブログを書く目的②:アフィリエイトで収入を得る

ブログで他社の商品を紹介して、そこから商品が売れたらいくらかフィーをもらうというものです。

 

 

具体的にはブログの中に商品の販売ページへのリンクを掲載して、そのリンクをクリックして商品を購入してもらう事が出来たらいくらかのキックバックをもらうという仕組みです。

自分の専門分野に関連するもので、それを紹介する事で、読者にメリットがある場合は活用すると良いと思います。

 

 

ですが、アフィリエイトありきなのは、僕は好きじゃ無いのでやりませんしオススメもあまりしません。

 

 

別に法律違反でも無いし、販売している人が必ず気に入ったものしか世の中で売られていないかというと、そんな事は無いので、別に否定はしません。

スーパーで売ってるものが全部店長のオススメ品なわけ無いですもんね。

 

 

インターネットだから顔も見えないし、煽って煽って売りまくって稼いだれって感じでやっている人が多いので、これ専門でやるのはあまり好きじゃないだけです。

ただ、信念持ってやるというのであれば、否定はしませんし、むしろ応援します。

 

 

ブログを書く目的③:自分の商品・サービスを販売するため

これを目的にブログを書いている人が1番多いのではないかと思います。

直接的にやってる人、間接的にやってる人がいますが、何れにしても、最終的には自分の商品を購入してもらう事を目的にブログを書いているという形です。

 

 

どんな商品やサービスを扱っていても同じですが、自分の商品やサービスを購入してもらうためのファーストステップは『認知』です。

 

 

つまり、存在を知ってもらうことから全てが始まります。

これ無しにモノを購入してもらえる事は絶対にありません。

 

 

自分が買ったことにも気付いてなかったけど気が付いたら買ってた、という事は普通はないですよね。

 

 

ですので、まずは知ってもらわないことには始まりません。

その知ってもらうためのきっかけ作りのためと、より詳しく知ってもらうためにブログを使うわけです。

 

 

ブログの場合は性質上、定期的に自分の発信する情報に触れてもらうことができるため、自分のことを覚えてもらってかつ信頼関係を築いていくためにブログを書くという感じです。

 

 

自分の影響力を高めるため

結局のところ、自分の影響力を高めることさえ出来れば、他の全ては勝手に付いてきます。

 

 

  • オススメの商品があればそれを周りに伝えれば反応する人が出てくる。
  • イベントをやる時に案内を出せば人が集まってくる。
  • 新しいアイデアを思い付いた時にそれを発信すれば実現するために協力してくれる仲間が出てくる。

 

 

これが出来るようになれば売り物は何でも良くなってきて、何を売るかは関係なくなってきます。

商品が良いから購入するのではなく、あなたが勧めるから購入するようになるということです。

 

 

これはいきなりは難しいですが、継続的に情報発信を続けていく事で少しずつ影響力は高まっていきます。

 

 

何者でもない人がいきなりポンっ!と言った事には、なかなか人は反応しないでしょう。

でも全く誰も反応しなくても発信し続ける事です。

それを続けていれば、そのうち1人、2人と反応をしてくれる人が出始めます。

 

 

そこまでいかに我慢して試行錯誤を繰り返しながら続けられるかです。

これがみんな出来ずに途中で諦めてしまうんですね。

ただ、これが出来るようになればあとは何でも出来るようになるはずです。

 

 

まとめ

ブログを書くといっても、それ1つで色んな目的に使うことができます。

自分が何に使いたいのか、目的を明確にすることがまず最初の1歩です。

 

 

私自身は何のためにブログを書いているのかというと、『自分の影響力を高めるため』です。

自分の考え方とか人間性に共感してくれる人が周りに集まってきてくれて、面白い事が出来たら良いなと思っています。

 

 

どんな目的であっても、単発で渾身の記事を書いたら成功するという事はまず無いので、継続して書き続ける事です。

ぜひ目的を明確にして書き続けていってください。

 

 

↓この記事を読んでくれた方は以下の記事もオススメです↓

『素人革命』時代に入り、今まで以上に発信力と影響力が大切になってきました!

 

 

LINE@では、最新のWebマーケティングやWeb活用に関する情報についてお届けしています。

ご興味ある方は下のボタンよりご登録よろしくお願い致します。
友だち追加

 

 集客できる!情報発信力向上の7ステップ
無料メール講座を配信しております。

ブログやSNSでの情報発信をこれから始めたいという方、
もしくは始めて間も無い方にオススメのメール講座です。

詳細はこちらに記載していますので、
ご興味ある方はぜひ一度読んでみてください。

 

 

>>Twitterでも情報発信しています!良かったらフォローしてください!<<

 

6ヶ月でWebから集客出来る仕組みを作る方法や、最新のWeb活用の情報をシェアしてWeb集客出来る仲間を増やしていくためのコミュニティーです。
お互いのビジネスを高め合い、協力し合ったり、一緒に楽しいイベントで遊んだりする仲間を作りませんか

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で金沢 夏樹をフォローしよう!

Pocket

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事