ブログとソーシャルメディア(SNS)の特徴の違いと使い分け方

Pocket

個人ビジネスコンサルタントの金沢夏樹です。

ソーシャルメディアが普及してきて、もはやインフラのようになってきています。代表的なものはTwitterとFacebook、最近だとInstagramも勢いがすごいですよね。今日はブログとソーシャルメディアのそれぞれの特徴とその使い分け方についてです。

ブログはストック、ソーシャルメディアはフロー

ブログとソーシャルメディアの大きな違いは投稿した情報の扱われ方です。ブログの場合は過去情報がどんどん溜まっていくような作りになっていて、もちろん最新情報が一番目に付く形で表示されますが、過去記事もストレスなく閲覧してもらえる形になっています。

カテゴリー分けしたり、月別で表示したりできたり、Google検索に過去記事であってもちゃんとヒットするので、今までに書いた記事がしっかり積み重なっていく仕組みになっています。

一方、ソーシャルメディアの投稿はフロー型と表現されますが、発信した瞬間に友達になっている他のユーザーのタイムラインに表示され、どんどん他の情報が発信されるたびに自分の投稿が画面の下に流れていくような形になります。

そのため、1日、2日前の投稿内容であれば表示されるかもしれませんが、過去の記事についてはあまり見てもらえることはありません。

頑張れば参照はできますけど、よっぽどのファンでなければわざわざ過去記事を遡ってまで見ることはないですよね。検索にも引っかからないので、本当に今投稿したものしか実質的には存在しないようなイメージになります。

 

ブログは能動的、ソーシャルメディアは受動的

ブログの場合は記事を投稿したからといって、誰か他のユーザーに通知が行くということは基本的にありません。アメブロとかのブログサービスを利用していたり、RSSというサイトの更新の通知を受ける設定をしてもらえていれば別ですが、基本的には検索にヒットしたページを見てもらうか、お気に入りとかに入れてもらっていて、そこから見てもらう形になります。

つまり、能動的に見てもらうメディアがブログです。

ソーシャルメディアの場合はそうではなく、自分のタイムラインにどんどん流れてくる情報を見るような形になります。なので、投稿すれば友達になっている人のタイムラインに表示されるので、見てもらいやすくはなっています。

ただし、相手が興味があって見に来た訳ではなく、自分のところに流れてきたから見たという形になるので、ブログとは情報の受け手の温度感は低いケースが多くなります。

 

情報発信のベースはブログ

日々、情報発信をしていくのであればFacebookやTwitterよりも、やっぱりブログにすべきです。ソーシャルメディアの投稿は発信した瞬間は見てもらえますが、過去に遡って見られることはまぁないです。新たに友達になった人が最初に見てくれるぐらいです。

つまり、発信した情報が積み上がっていかないということです。

一方、ブログの場合は最初は読んでもらえる人はどうしても少なくなりますが、半年、1年、2年と書き続けていけば確実に記事が積み上がっていきます。ソーシャルメディアと違って、ブログの場合は検索から見てもらうことになるので、過去の記事が全て自分のサイトへの入り口となります。

何か調べ物をしている時にGoogleで検索した時、数年前に更新されたページがヒットすることって普通にありますよね?ブログの場合は、そのページが価値あるサイトだとGoogleが判断してくれたら何年経っていても検索から人が見にきてくれます。

ソーシャルメディアの場合は投稿が積み上がってはいきませんが、投稿した瞬間に見てもらえる数は多くなることと、『いいね』や『シェア』のような拡散してもらえる仕組みがあることがメリットです。

ブログでしっかりとした情報発信のベースを作って、ソーシャルメディアはそれをサポートするようなイメージがオススメです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で金沢 夏樹をフォローしよう!

Pocket

今回の記事がお役に立った場合、シェアしていただけると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Profileプロフィール

金沢夏樹

個人ビジネスコンサルタント
1983年8月22日生まれ 兵庫県神戸市出身(神戸市在住)
趣味:野球、マラソン、料理

オウンドメディアとソーシャルメディアを活用した個人ビジネス向けのWebマーケティングの専門家として活動している。

Webでの情報発信力を高めることを目的としたセミナーを毎月開催。
また、前向きに活動している仲間の集まる場ができればいう想いから朝活勉強会を毎週開催しており、個人事業主、経営者から起業志望者まで幅広い人が延べ100名以上参加している。

Web上の活動だけではなく、リアルな活動を重視し、Webとリアルの融合を軸にした提案が特徴。

【人生を懸けたミッション】
自分の好きな事に本気で取り組み、
ワクワクして生きる人を増やすこと!
自分に関わる全ての人に最高に面白い人生を生きて欲しい!