Pocket

金沢夏樹

『6ヶ月でWebから集客仕組みを作る!』神戸を拠点に活動しているWeb集客コンサルタント。セミナーや勉強会、交流会を主催。直近1年半の期間で累計1,500名以上を集客。

>>詳細なプロフィール★

 

『ブログを毎日書きたいけど時間がなかなか取れないんです・・・』とお悩みではないですか?

 

 

ブログを書いた方が良いことは分かっている。

でも、本職の仕事だけでも忙しいのに、ブログまで書こうと思ったら時間が無くて全然書けない。

そんな忙しいあなたでもブログを書くためのコツをお教えします。

今回ご紹介する方法をちゃんとやりさえすれば、2000文字程度の文章であれば全然毎日書けるはずです。

 

 

実際に僕自身が会社員としてシステムエンジニアの仕事をやっている時に、限られた時間の中で、毎日ブログを1記事更新していた方法なので、ご参考にしていただけるかなと思います。

『時間が無くてブログが書けない』と諦めている方がいれば、ぜひやってみてください。

 

この記事を読んで欲しい人
  • ブログを書きたいけど時間が無くて書けていない人
  • ブログを書くことが継続できていない人
  • パソコンの前に座る時間が取れない人

 

スマホを使ってスキマ時間にブログを書く

ブログというと机に向かってパソコンを使って書かないといけないと思っている人がとても多いですが、全然そんなことはありません。

パソコンに向き合う時間が毎日確保できるならそれがベストですが、実際にはちょっと厳しいですよね。

確かにそれだと僕もこの頻度では絶対にブログを書けません。

ですが、実際には毎日パソコンに向かうことはしなくても大丈夫です。

 

 

では、どうやってブログを書いているのかというと、スマホを使ってスキマ時間に書いています。

2,000〜3,000字ぐらいの記事ならスマホだけで文章を書いて最後の調整だけパソコンで行っています。

キングコングの西野氏は本もスマホで書いているというぐらいなので、スマホでブログを書くというのは今の時代のスタンダードなのかもしれません。

本もスマホひとつで、3日で書く。激動の新人時代に磨かれた西野亮廣の「書く力」
(新R25)

 

 

スマホだと書く時間が余計にかかると思っている方も結構いますが、フリック入力を覚えてそれに慣れたらスマホの方が早くたくさんの文章が書けるようになります。

フリック入力って何?という方は、以下の記事に詳しく書いていますので、そちらをチェックしてみてください。

 

 

スマホのメモアプリを活用して書いてパソコンに自動連携する

スマホで書くと言ったら、何か特別なアプリとかを使っていると思われるかもしれませんが、僕がブログの文章を書くのに使っているのは、『iPhone』とiPhoneに標準でついている『メモアプリ』だけです。

このメモアプリはGmailと連動していて、iPhoneで書いたメモが何もしなくてもGamilでも観れるようになっています。

そのため、文章自体はiPhoneで書いておいて、 最後の仕上げだけパソコンでGmailを開いて、ブログに貼り付けて諸々の調整をしてから公開しています。

 

 

結果、机に向かってパソコンで行う作業は10分ぐらいな感じです。

これぐらいの時間なら毎日でも机に向かう時間は確保できますよね。

 

 

ブログのテーマを事前に決めておく

文章部分はどうやって書いているのかというと、まず朝イチもしくは前の日の夜とかにテーマを決めます。

できるならもう少し詳細に何を書くかを簡単に箇条書きでメモだけしておきます

仮のタイトルまで付けられてたらより良いですね。

 

 

そして、スキマ時間を見つけてはちょっと書く、またスキマ時間を見つけてはちょっと書くというのを1日かけて何回もやり、1記事を完成させます。

電車を待っているとき、信号が赤のとき、トイレの中などスキマ時間を見つけては、ちょっとずつ書くというのを積み重ねていきます。

1回に書く量は2行とか3行ですが、それが1日分積み重なると、1500〜2000文字ぐらいにはなります。

 

 

今までぼーっと過ごしていた時間を有効活用しているだけなので、ブログのために時間を費やしているという感覚はなく、負担感もあまりありません。

確かにやり始めてすぐの頃はちょっとしんどいと思いましたが、すぐに慣れますし、今ではスキマ時間にぼーっとしている方が居心地悪いぐらいの感じです。

それに意外に1日のうちに無駄にしている時間というのは多くあるなぁという感じで、これに気がつかずに何年も過ごしていると莫大な時間を無駄にしていたなと、少し冷や汗モノでした。

 

 

ブログ記事の構成も決めておく

ブログを書き始めた当初は特にそうだったのですが、文章の構成をどうするかを考えるのに結構時間がかかっていました。

これは慣れの問題もあるんですが、1つ出来ることとして大まかな構成は事前に決めておくのが有効です。

趣味で書くブログであれば好きな事を好きな順番で書けば良いですが、ビジネスブログの場合なら次のような構成がオススメです。

これをベースに自分なりにしっくりくるものにしてみてください。

 

 

 オススメのブログ記事の構成

  1. 問題提起:読者さんの抱える問題を簡単に書く
  2. 結論:その問題に対しての解決策を簡単に書く
  3. 詳細:根拠や補足などを詳しく書く
  4. 結論:最後にもう1度結論を書く

 

記事によって多少変えながら書くのは全然オッケーですし、読者さんが理解しやすいように考慮さえすれば好きなことを好きな順番で書いてもいいと思います。

ですが、1つ自分の中で型を持っておくと、書くスピードは格段にアップするので、ぜひご自身の定番の構成というのを持ってみてください。

 

 

ブログ記事のネタをストックしておく

ある程度の期間ブログを書き続ければ分かるのですが、やっぱり書くことがいくつも思い付く時もあれば、全く思い付かない時もあります。

人間なので、どうしても調子の波はあって、良い時もあれば悪い時があるのは仕方のないことです。

この調子が良くてたくさん思い付いた時に、その中から1つを書くだけではなく、思い付いた他のネタをしっかりメモしておきましょう。

 

 

手帳でもノートでも、スマホやパソコンでも場所はどこでも良いのですが、メモしておくというのはとても大切です。

みんな頭の中だけで覚えておこうとするから、いざ書こうと思った時に思い出せなくてネタを考えることに時間がかかってしまいます。

だから思い出すための仕組みを用意しておく必要があるわけですね。

 

 

また、ブログを書く習慣が出来てくると、ブログを書くときだけではなく、毎日過ごしている中で何度か『これはブログに書けるな』というものが見つかるようになります。

そのときにもちゃんとメモをしておきましょう。

 

 

実際はこのメモしたものを後から見返すと使えないものがとても多いのですが、いくつかは使えるものが潜んでいるので、それを使うイメージです。

 

 

アイデアというのはだいたい突然湧き上がってくるものです。

その湧き上がってきたアイデアを忘れずにメモ帳に記録しておきましょう。

まぁアイデアというのは大半が使えないのが普通です。

ですが、それも含めて出していくというのが大切なので、とにかく思い付いたらメモしておきましょう。

 

 

ただ、一番良いのは思い付いた時にすぐに書くことなので、もしすぐに書けるなら思い付いた勢いで書いてしまいましょう。

 

 

ゼロスタートにならないようにブログに書く内容をメモしておく

さっきのストックしたブログのネタについて、記事を書くほど時間はないけど少しは時間に余裕がある時にやってもらいたいのが、ざっくりと書く内容を箇条書きにしてメモしておくということです。

いざブログ記事を書こうと思った時に、できる限りゼロからスタートするのではない状況を準備しておくのが、ブログを早く書くコツです。

 

 

なので、これだけではなく、参考にする情報が書かれているサイトのURLをメモしておいたり、説明するのに使えそうな例え話を思い付いたらメモしておいたりするのも有効です。

こういうちょっとした準備をしておくだけでも全然違ってくるので、余裕がある時に準備をするというのを意識してみてください。

 

 

ブログ記事を書くのに使える時間を決めて書く

人って与えられた時間を全て使おうとする性質があるため、時間を決めずにやると、どうしてもダラダラしてしまいます。

それこそ夏休みの宿題を考えたらわかりますよね。

あれだけ時間があるのに、最後の日に必死になってやることになるのはまさにそれです。

だからそれを行うことに使って良い時間を決める必要があります。

 

 

時間を決めてその中で書ききれるように意識をする。

それだけで書くスピードは上がっていきます。

僕はそこまではやっていないですが、タイマーを使って時間を意識しながら書くというのも良い方法ですね。

 

 

細かいことは気にせず一気に書き切る

僕の中ではこれが1番重要じゃないかと思うぐらい、効果があるのがこれです。

最初は色々気にせずまずは最後まで一通り書き切ることです。

丁寧に事を進めるということも時には必要なのですが、それだとやっぱり時間がかかります。

短時間でブログを書こうと思うと、それだとちょっと難しいかもしれません。

 

 

僕の場合は、ブログ記事の文章のほとんどをスマホで書いているというのもあるんですが、とにかく文章部分を最初に思うままに書き切ります。

なので、一旦書きあがった文章は「てにをは」の間違いだらけですし、論理的におかしい流れだったり、誤字脱字もたくさんあります。

 

 

これをそのまま公開すると読んだ人にとって意味不明になってしまうので、その後に修正と大事な部分を赤字にしたりなど装飾をしたりします。

やっぱり文章を書くときというのは勢いも大切で、勢いに乗ってくると頭の中に文章がポンポン浮かんできます。

その勢いを殺さずに書いていくというのが大切で、途中で装飾のこととかを考えてしまうと流れが止まってしまうため、まずは間違いを含んでいても良いから一気に書き切ることが重要です。

 

 

まとめ

今回は時間が無くてもブログを書く方法についてあれこれ書きました。

ちょっとたくさん書いたので、全てをいきなり取り入れるのは難しいと思います。

できそうなものからやってみてもらえれば幸いです。

 

 

ただ、今回はこういうテーマで時短のアイデアを書きましたが、ブログというメディアで書いている以上、絶対に忘れてはいけない事が1つあります。

それは読者にとって価値ある情報を出しているか?ということです。

 

 

これがなければ、いくらスピード感を持ってブログ記事を積み重ねていっても読んでくれる人は増えていきません。

何か1つでも良いので、ブログを読んでくれる人に役に立つポイントを入れながら早く書けるように意識していきましょう。

 

 

▼この記事を読んでくれた方には以下の記事もオススメです!▼

ブログで集客するためには毎日記事を書いた方が良い?

 

LINE@のご案内

LINE@では、最新のWebマーケティングやWeb活用に関する情報についてお届けしています。

ご興味ある方は下のボタンよりご登録よろしくお願い致します。
友だち追加

【メール講座】ご案内集客できる!情報発信力向上の7ステップ

無料メール講座を配信しております。

ブログやSNSでの情報発信をこれから始めたいという方、
もしくは始めて間も無い方にオススメのメール講座です。

詳細はこちらに記載していますので、
ご興味ある方はぜひ一度読んでみてください。

オンラインコミュニティーのご案内!

6ヶ月でWebから集客出来る仕組みを作る方法や、最新のWeb活用の情報をシェアしてWeb集客出来る仲間を増やしていくためのコミュニティーです。
お互いのビジネスを高め合い、協力し合ったり、一緒に楽しいイベントで遊んだりする仲間を作りませんか

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で金沢 夏樹をフォローしよう!

Pocket

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事