ブログ集客のためのタイトルの付け方!ブログはタイトルが9割!

Pocket

『人は見た目が9割』という本がヒットしていましたが、ブログにおいても同じ事が言えます。

ブログはタイトルが9割』です。

 

 

どれだけ読んでくれる人に対して価値のある内容を書いたとしても、まずはその記事を開いてもらわない事には、読んでもらえる事すら出来ません。

ブログの記事を読んでもらわない事には、当然集客に繋がらないというのは言うまでもないですよね。

 

いかに検索結果やSNSでクリックしてもらえるタイトルになっているのか、これが大切です。

今回はブログを読んでもらうために必要なタイトルを魅力的に付けるコツについてお話ししていきます。

 

 

ブログタイトルは多少盛るぐらいでちょうど良い

ウソつくのはダメですが、事実をありのままに表現すると面白味も無くなります。

 

女性が綺麗な服を着て、髪型も整えて、しっかり化粧をして人前に出るのと同じように、ブログ記事もタイトルで外見を整えてあげましょう。

 

やり過ぎるとサイト自体の信用を失う事にもなるので、さじ加減は調節しないといけないのですが、多少の演出はエンターテイメントとして必要です。

 

昔のように、インターネット上にライバルがいない時には、とりあえず記事を書いて公開すれば読んでもらえました。

ですが、今ではどんなジャンルであってもインターネット上にライバルがいます。

 

そのライバル達の中から自分を選んでもらわないといけないので、楽しさや面白さ、興味深さなどが必要不可欠です。

ただ正しい事を書いているだけでは、本当に読んでもらえません。

 

記事の内容さえしっかりと価値のある情報になっていれば、多少は着飾ったタイトルにしてあげましょう。

 

 

タイトルから役に立つ事・得する事が分かる

情報が溢れている世の中なので、1日の間だけでも、トンデモナイ量の情報が自分のところに流れてきます。

 

その大洪水と言っても過言ではないような大量情報の中から自分の発信している情報を選んでクリックしてもらうには、何か引っかかるポイントが必要です。

 

人が行動を起こす時というのは、大きく2つの感情に起因していると言われています。

それは『快楽』と『恐怖』です。

 

快楽を大きく捉えると、得する事とか役に立つ事も含まれます。

 

要するにタイトルを見て、この記事を読めば役立つ事や得する事が書いていると判断してもらう事が出来れば記事を読むわけです。

 

ですので、短い文字数の中で読まないと損すると思わせる事が必要です。

 

例えば、こんな感じです。

  • 〜のコツ
  • 〜するテクニック
  • 〜できる方法
  • 〜の秘訣
  • 〜の裏ワザ

 

まさに今それを求めているという人が読まずにはいられない提示の仕方をしましょう。

 

 

ブログのタイトルはターゲットを絞って作る

野球のグローブにサッカー少年が興味を抱かないように、人によって興味関心を抱くポイントは異なります。

 

なので、記事を書く時には『誰』をターゲットにしているのかを明確にして書く必要があると言えます。

 

例えば、こんな感じです。

  • 初心者必見!
  • 〜したい人のための
  • 上級者向け!

 

人というのは、自分に関係の無い事には興味を示しませんが、自分に関係する事には無意識のうちにアンテナをはっています。

 

カフェとかで、周りが騒々しい中で話していても、隣の席から自分に関係のある事が聞こえてきたら耳を傾けたりしますよね。

目の前の人の話は聞こえづらいのに、隣の席の会話は聞こえてくる。

不思議ですよね?

 

これはカクテルパーティー効果といって、心理学的にも認められている心理現象だそうです。

要するに、ターゲットを絞って発信すると、当てはまる人のアンテナにかかりやすいという事です。

 

タイトルが記事の内容に沿っていること

いくらタイトルが重要だと言っても、記事本文に書いていない事をタイトルにしたらダメです。

 

最初の数回はタイトルに惹かれて中を読んでくれるかもしれませんが、想像していた内容が書かれていないと、読み手は騙された気持ちになります。

 

それを何度か繰り返していると、信用がなくなってしまい、その後どれだけ良い記事を書いたとしても読んでもらえなくなります。

オオカミ少年の話と一緒ですね。

 

タイトルに力を入れるとは言っても、直接的、間接的にでも記事の内容を表したものとなっていることが、とても重要です。

 

タイトルには数字を入れる

『たくさん』とか『いっぱい』のような曖昧な表現をした場合、人によって感じ方が違ってきます。

 

ですが、それを具体的な数字にすると、一気に説得力が増すのと、読み手側がイメージしやすくなります。

 

イメージ出来ないものを興味を持って読む事もなかなか無いので、数字を入れる事は有効な方法です。

 

タイトルで簡単に出来る事を伝える

『毎日クリックするだけ簡単に集客できます』みたいな怪しさが出たらダメですが、読者さんの中で勝手に上がっているハードルは下げてあげる必要があります。

 

人というのは知らないものや、やった事無い事を過剰にハードルを高く考える性質があります。

本当は簡単に出来るのに、『なんか難しそう』と思っているケースは往々にしてあります。

 

なので、そんなに難しく無くて簡単に出来るという事が伝わるタイトルを付ける事が重要です。

 

例えばこんな感じです。

  • 1日5分の運動で〜
  • 好きなだけ食べても良い〇〇ダイエット
  • 小学生でもできる〜

 

何かノウハウ的な記事を書いた時は、少し意識してタイトルを付けてみてください。

 

タイトルがターゲットユーザーの使う言葉になっている

ブログの記事をペルソナを意識して書くのと同じように、タイトルもペルソナを意識して作ることが大切です。

 

例えば、野球の記事を書いた時に、読んでもらいたいのが野球経験者の場合は『ゲッツー』で良いですが、あまり深く野球を知らない人には『ダブルプレー』の方が良いです。

 

文章を読む時に、知らない言葉が出てきたら、それが気になって先を読み進められなくなるのと同じで、タイトルに知らない言葉が出てると読む気を無くしてしまいます。

ですので、ターゲットしている人の普段使っている言葉を使ってタイトルを作りましょう。

 

ただし、狙いがあってあえて知らない言葉を使うのはアリです。

 

タイトルで必要性が感じられる

人というのは損する事に敏感です。

 

なので、タイトルを見て『これは読まないといけない』、『この記事を読んでおかないと損するな』という風に思ってもらえれば、読んでもらえる可能性も上がります。

 

例えば、こんな感じです。

  • 〜なら絶対に知っておくべき
  • 知らないと損する〜
  • これを知らずに〇〇してたら超危険!

 

もちろん内容もそれに合ったものを用意する必要がありますが、ここで知っておかないと損するというのをタイトルで伝えるのは効果的です。

 

タイトルから緊急性が感じられる

小学生の頃の夏休みの宿題っていつ終わりました?

おそらく多くの人が夏休みが終わるギリギリになって慌ててやってたんじゃないかと思います。

 

そうなんです。

多くの人はすぐに行動しないんですよ。

 

だから『今』行動しないといけないと伝えないといけません。

  • 今だけ〜
  • クリスマスまでに〜
  • 3日間だけの〜

 

というように、今行動することべきだという事をタイトルに含めましょう。

 

実際に、どんなジャンルのどんな内容でも、先送りにするよりすぐに動き始めた方が良い事がほとんどですよね。

読んでくれる人のためにも緊急性を感じてもらえるようなタイトルは有効です。

 

タイトルは30文字以内にする

これは少しシステム的な理由もありますが、記事のタイトルは30文字以内が望ましいです。

検索結果画面やSNSでシェアした時など、だいたいのケースで30文字前後しか表示されないからです。

どうしても超えてしまう場合は、前半の30文字以内に伝えたいメッセージを盛り込むようにしましょう。

 

 

タイトルにはインパクトのある言葉を使う

さっきも書きましたが、情報が大量に溢れる時代なので、単に発信してるだけでは読んでもらえません。

何かしらのポイントで引っかからないと読んではもらえないというのが、現実です。

 

そのポイントの1つは言葉のチョイスです。

同じ内容を表すにしても、少し強めのインパクトのある言葉を選ぶ事で注意を引くことができます。

 

例えばこんな感じです。

  • 要注意!
  • 爆速!
  • 超効率化

 

毎回やると印象も薄まってしまうので、使いどころを見極めながら強めの言葉をチョイスするようにしてみてください。

 

まとめ

今回はブログ記事を読んでもらうためのタイトルの付け方についてお話ししました。

ブログ記事を中心に書いていますが、商品名やセミナータイトル、紙のチラシなどにも応用できます。

全部をすぐに実践するのは難しいですが、1つずつでも実際にて使ってみてください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で金沢 夏樹をフォローしよう!

Pocket

今回の記事がお役に立った場合、シェアしていただけると嬉しいです!

Profileプロフィール

金沢夏樹

個人ビジネスコンサルタント
1983年8月22日生まれ 兵庫県神戸市出身(神戸市在住)
趣味:野球、マラソン、料理

オウンドメディアとソーシャルメディアを活用した個人ビジネス向けのWebマーケティングの専門家として活動している。

Webでの情報発信力を高めることを目的としたセミナーを毎月開催。
また、前向きに活動している仲間の集まる場ができればいう想いから朝活勉強会を毎週開催しており、個人事業主、経営者から起業志望者まで幅広い人が延べ100名以上参加している。

Web上の活動だけではなく、リアルな活動を重視し、Webとリアルの融合を軸にした提案が特徴。

【人生を懸けたミッション】
自分の好きな事に本気で取り組み、
ワクワクして生きる人を増やすこと!
自分に関わる全ての人に最高に面白い人生を生きて欲しい!