Pocket

金沢夏樹

『6ヶ月でWebから集客仕組みを作る!』神戸を拠点に活動しているWeb集客コンサルタント。セミナーや勉強会、交流会を主催。直近1年半の期間で累計1,500名以上を集客。

>>詳細なプロフィール★

 

毎週土曜日は神戸三宮で朝活勉強会です。

今日も8時から開催してきました!

 

 

毎度のことですが、朝早くから外出して活動をすると清々しい気分になって1日が気持ち良く過ごせます。

その後の仕事の捗り方も全然違ってくるので、そういう面でも朝活はオススメですね。

 

 

今回ご参加いただいたのは4名の方々です。

いつも朝早くからご参加いただきありがとうございます!

 

 

この朝活勉強会はこのブログでも募集をしているため、今までにお会いした事がない方にもけっこう来ていただいています。

以前からブログを読んでいただいていてご自身が何か新しい事にチャレンジしようと思ったタイミングでご参加いただいたり、朝活を探してて来ていただいてたり理由は様々です。

 

 

今日も初めての方にご参加いただきましたが、自分の人生を前向きに突き進まれている本当に良い方でした。

この会も去年の9月からスタートして、はや8ヶ月続けてきましたが、ご参加いただくメンバーも良く、刺激を受けあえる場になっています。

 

 

ビジネスをしている方やこれからビジネスを始めたいという方にはとても良い場なので、ご興味ある方はぜひご参加下さい。

 

 

さて、今回は『自分の魅力を余すことなく伝えるためのプロフィールの書き方』というテーマです。

 

 

プロフィールと一言で言っても色んな場面で書く事がありますが、今回はブログに書くためのプロフィールの話をさせていただきました。

インターネットを活用しての情報発信が比較的容易に出来るようになって、自分と同じジャンルで活動している人も同じようにブログ等で情報発信しているケースを見かけることも多いと思います。

 

 

そんな時に自分を選んでもらわないといけないわけですが、選んでもらうための判断要素というのがいくつかあります。

 

 

その1つがプロフィールです。

今の時代は『何』を提供するのかよりも、『誰』が提供しているのかが重要な時代だと言われています。

 

 

この背景にもインターネットの普及が少し関連していますが、今の時代は本当に情報交換というのがリアルタイムに行うことができ、良い情報がどこかにあればそれをすぐに自分に取り入れることができます。

それによって起こったことは、全体的なサービスレベルが上がって、どこでサービスを受けても最低ラインのサービスは受けられるようになったということです。

 

 

つまり、『これができます』というのは差別化ポイントにはならないケースが圧倒的に多いということです。

おそらく自分が出来ることの多くをライバルも行うことができるので、何か他の部分で選んでもらうことが重要です。

 

 

その最大の要素というのが『自分』という人の部分で選んでもらうということ。

USPとか差別化という言葉がありますが、自分という存在が一番のUSPです。

 

 

それを存分に知ってもらうためのツールがプロフィールだということです。

今回はプロフィールの重要性について最初にお話しさせていただいて、その後に具体的なプロフィールの書き方についてご説明させていただきました。

 

 

活発な意見交換もしながら、良いディスカッションの場になり、充実の朝活となりました。

 

 

次回は来週土曜日(5/6)に開催しますので、ご興味ありましたら、ぜひご参加下さい。

 

>>>朝活勉強会の詳細はこちらからご確認ください<<<

 

 

LINE@のご案内

LINE@では、最新のWebマーケティングやWeb活用に関する情報についてお届けしています。

ご興味ある方は下のボタンよりご登録よろしくお願い致します。
友だち追加

【メール講座】ご案内集客できる!情報発信力向上の7ステップ

無料メール講座を配信しております。

ブログやSNSでの情報発信をこれから始めたいという方、
もしくは始めて間も無い方にオススメのメール講座です。

詳細はこちらに記載していますので、
ご興味ある方はぜひ一度読んでみてください。

オンラインコミュニティーのご案内!

6ヶ月でWebから集客出来る仕組みを作る方法や、最新のWeb活用の情報をシェアしてWeb集客出来る仲間を増やしていくためのコミュニティーです。
お互いのビジネスを高め合い、協力し合ったり、一緒に楽しいイベントで遊んだりする仲間を作りませんか

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で金沢 夏樹をフォローしよう!

Pocket

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事