Pocket

 

土曜日か日曜日に次の1週間をどう過ごすのかを考える時間を1時間程度取るようにしています。

先々月ぐらいから始めたので、まだ2ヶ月ちょっとの習慣ですが、こういう時間を意識的に取るのは大切だなと実感中です。

なんせ、個人事業主になったら仕事とプライベートの境い目はかなり薄くなり、この日は休みだと言えるような日はあまり無くなります。

まぁまだ独立して2年経ってない走り始めの時期なので、それも承知の上ですが。

 

 

基本的には動きながら考えるのですが、それだとその場その場のピンポイントな問題は考えられるのですが、全体を俯瞰して見るのが難しいので、自分のすべての活動を少し高い視点から見渡して考えるようにしています。

そうし始めてから自分の中でも良い感じに前に進んでいるのが分かるので、気持ち的にはどっしりと落ち着いて日々を過ごせるようになりました。

発信量とセミナーや勉強会等を今は抑えているので、きっと外からは停滞しているように見えると思うのですが、自分の中ではとても順調な状況です。

秋頃から一気に動き出す予定なので、そこまではインプット期間として、しっかりと力を蓄えていきます。

 

 

まずは目先の生活が出来るお金を稼ぐこと

仕事はもちろんしてはいますが、100目の前の仕事に力を費やさずに、次の準備が出来るようになったのには、1つ大きな理由があります。

正直、去年の今頃は同じ感覚では動く事が出来なかったので、これは1つ自分の中でも大きなポイントとなる事があります。

それは、目先の生活を気にしなくても良いだけの収入源を確保するという事です。

 

 

やっぱり、チャレンジする時に1番のネックになるのが、お金の面です。

特に未成年の子供がいる場合は、収入を途絶えさせる事が出来ないので、口で言うより大きな問題になります。

僕の場合も、その問題があったので、最初の1年ちょっとは目先の仕事をこなしていくだけで精一杯で、先を見据えての活動は一切出来ませんでした。

 

 

そんな時に読んだ一冊の本がとてもヒントになって、そこから大きく仕事のやり方の舵をきりました。

その本というのが、『Amazon』という、その名の通りAmazonについて書かれた本です。

 

 

Amazonの収入源はオンラインストアではなくAWS

Amazonのビジネスとして真っ先に思い浮かぶのは、書籍を中心とするオンラインストアだと思います。

一般的にも、Amazonのサービスを利用する機会としてオンラインストアが一番多いですよね。

あとはAmazonプライムで映画やドラマ、アニメなどの配信ですかね。

 

 

この2つのイメージしか無い人がおそらく大半だと思うのですが、Amazonの稼ぎ頭の事業は実はこの2つではありません。

Amazonの提供しているサービスの中で最も収益性が高く、Amazonという会社を存続させている『金のなる木』に値する事業は、AWSというサーバーの貸し出し事業です。

むしろ、今はどうか知りませんが、オンラインストアは長らく赤字事業でした。

 

 

つまり、そこでは儲けてなかったという事です。

もちろん将来的には事業として成り立たせる算段はあったはずですが、そこの穴埋めをしていたのがAWSです。

AWSというキャッシュポイントを持っていたからこそ、Amazonはオンラインストアの領域でチャレンジし続けられたと言えます。

 

 

独立して事業をする時も参考に出来る

この考え方は個人でビジネスをする時にも参考にする事が出来て、僕自身も今はこれを参考に活動をしている形になります。

本当にやりたいのは、中小企業や小規模事業者に対してIT活用を中心としたビジネスサポートと、子供向けの教育です。

前者に対してはITという観点に関しては、今までの経験も使いながら出来るのですが、もっとビジネスを根本から見て一緒に課題を解決するには、ビジネス自体の知識も経験もまだまだ足りないと感じて、それを克服するためのアクションの1つが中小企業診断士の資格取得です。

 

 

中小企業診断士の資格で得た知識だけでは、まだまだ足りないと思うので、資格取得した後のアクションも考えています。

コンサルとしての経験を積むというよりも、1つ事業を立ち上げて自分自身のビジネスの経験値を稼ぐ方向性でいくつか案を考えています。

子供向けの教育に関しても、プログラミング教育に携わり始めたといっても、まだまだこれからの状況なので、理想としている状態にしていくには、相当な時間がかかるはずです。

そういう状況の中でやり始めたのが、大規模企業の案件を受注する事です。

 

 

ここに関しては、自分の中で提供出来る価値も比較的高く、またさっき挙げた2つと比べると少し劣りますが、やってて面白いというのもあるので、法人の案件もやり始めあるという形です。

で、そこで得たキャッシュを、よりやりたい事に投資していく事で、自分の全体としての活動を回していくというのが、今の状況ですね。

この辺りの事業間の資金繰りに関しては『PPM(プロダクト・ポートフォリオ・マネジメント)』というのを学ぶのも参考になるかと思います。

 

 

お金の問題が軽減されたらチャレンジ出来る範囲も広くなる

今はそんな感じでやってるというのが現状です。

中小企業診断士の資格取得を、自分の中では今後の活動の展開に対する影響として割と大きなポイントと考えているので、それなりに優先度を高めて今取り組んでいます。

それがクリア出来たら、さっきも少し書いたように新たな事業の準備に入って行くので、そこからはインプット量は極端に減らして行動量を高めていくつもりです。

やっぱり、こういう感じで少し先を見据えて考えられるようにするためには、まずは何としてでも目先のお金の問題を軽減出来るようにする事が大切だと思います。

その辺りは、キングコング西野さんの著書にも、絵本にチャレンジする時にもお笑い芸人としての仕事があったから出来たと書いていたので、自分に出来る事に置き換えて真似するのが良いかなと思います。

 

 

何かにチャレンジするというのは、1番の娯楽だと思うので、僕もチャレンジし続けますし、周りの人のチャレンジの背中も押せるような人間になれたら良いなと思っています。

一朝一夕に何事もなし得ないですが、確実に前に進み続ければ、だいたいどんな事でも実現出来ると思うので、頑張ってやっていきましょう!

 

【メール講座】ご案内集客できる!情報発信力向上の7ステップ

無料メール講座を配信しております。

ブログやSNSでの情報発信をこれから始めたいという方、もしくは始めて間も無い方にオススメのメール講座です。

詳細はこちらに記載していますので、ご興味ある方はぜひ一度読んでみてください。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で金沢 夏樹をフォローしよう!

Pocket

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事