カラーバス効果を使えば頭の固いあなたでもアイディアがポンポン思い付く

Pocket

新たなビジネスのアイディアを考えたい、もっと面白いブログの書き方を思い付きたい、面白い遊びがしたい。

 

こんなことを思ったことないですか?

アイディアって生まれつき発想が柔軟な人が思い付くものだと思っている人がいるんですが、全然そんなことはなくて工夫1つでポンポン出るようになります。

 

大きな本屋さんに行ったら分かると思いますけど、けっこうアイディアの発想法に関する本ってたくさんあります。

つまり、アイディアを発想するってスキルなんですよ。

スキルだからこれだけの数のノウハウ本があるわけで、完全に先天的なものだったら本にならないですからね。

 

と言うことで、今回は頭の固いあなたでもアイディアを発想することができる方法として「カラーバス効果」というものを紹介します。

 

カラーバス効果とは

人間の心理的な効果として『カラーバス効果』というものがあります。

 

英語で書くと『Color Bath』つまり、色(Color)を浴びる(Bath)です。

あれこれ説明する前にまずは一つ実験をしてみましょう。『百聞は一見にしかず』です。

 

まずはこの画面に集中して、周りをあまり見ないようにしてください。

 

『今、あなたの周りに赤いものはいくつありますか?』

はい!すぐに目を閉じて30秒間考えてみてください。

 

では目を開けて周りを見渡してみてください。

どうですか?

 

目を閉じている時には気が付かなかった赤いものが 意外にたくさんありませんでしたか?

 

何も意識していないとスルーしていたものが、赤いものを意識して見るとたくさんの赤いものが目に飛び込んでくるという、こんな心理現象をカラーバス効果と言います。

 

朝のニュース番組なんかで『あなたの今日のラッキーカラーは青色です』なんて言われると、その日1日青いものが目に付くのも同じことです。

これはラッキカラーが青だったから自分の周りに青いものが 集まってきたわけではもちろんなく、青い物は元々そこにあって、いつも目にはしていたけれど、 意識していなかったので、気にならなかっただけです。

それが意識をした途端に気になってくるということです。

 

意識すれば勝手に情報が入ってくる

このカラーバス効果というのは、別に色に限ったことでは無いんですね。

人の脳というのはその物事を意識すると、勝手に情報を集めるような仕組みになっているみたいです。

 

例えば、スマートフォンを買った当初のことを思い出してみてください。

今まであまり気にならなかったけど、スマホを持っている人って結構いるなと思いませんでした?

 

自分の周りにスマホを持っている人が急に増えたわけではなく、自分がスマホを意識し始めたからスマホを持っている人に気が付くようになり、スマホを持っている人って多いなと思ったということです。

 

アイディアを出すときも同じ

カラーバス効果というのは、アイディア発想法としてよく使われます。

アイディア自体をこの手法によって出していくというよりも、アイディアの元になる要素を集めてくる時に使うイメージです。

 

アイディアというのは全くゼロから生み出すものではなく、『既存の要素と既存の要素の新たな組み合わせを見つける』ことだというのを、どこかの有名な人が言っています。

つまり、この組み合わせるための要素を洗い出していくための発想法として、カラーバス効果を使うということです。

 

大切なことは常に意識しておく

カラーバス効果というものがあるので、僕たちがやるべきことは、アイディアが欲しいもの事を常に意識しておくことです。

意識していさえすれば脳が勝手に重要な情報を集めてきてくれます。

 

ビジネス上の課題があるなら、それを常に頭のどこかにおいて意識をしておくことです。

そうすると何かの拍子にパッと解決策が思い付く時があります。

それは外を歩いているときかもしれないし、お風呂に入っているときかもしれないし、はたまたテレビを見ているときかもしれません。

いつ、みつかるかは分かりませんが、意識していることによって、脳が勝手に解決策を探し続けてくれるので、ふとした時にパッと湧いてきたかのようにアイディアが頭に浮かんでくるわけですね。

 

夢や目標を紙に書いたら叶うというのもカラーバス効果

よく自己啓発書とかに、夢や目標は紙に書いたら叶うと言うのが書いてたりしますよね。

あれもたぶんカラーバス効果ですよね。

 

紙に書くことで頭の片隅にでもその夢や目標が刻み込まれるので、本人が忘れていても脳の奥の方できっと関連するアイディアを探し続けてくれてるんでしょうね。

 

そう考えるとネガティブなことも出来るだけ考えないようにした方が良いですね。

ネガティブな事も意識してしまうと、それを引き寄せる方向に脳が働くと思うからです。

って言っても僕はこういうの専門じゃないので、詳しいところは専門家に聞いてみてください。

 

ただ、アイディアを思い浮かべる時には、経験上使えるというのはわかっているのでお伝えしました。

 

最後に

『アンテナを立てておく』っていう表現が使われることがありますが、まさにアンテナを立ててたらアイディアが自然に入ってくるというのが、カラーバス効果です。

 

意識することなんてタダで出来ることですし、それによって自分の状況が変わるのであれば使わないと損です。

別にカラーバス効果っていう言葉は覚えなくて全然大丈夫です。

ですが、意識することで関連の情報が自然と目に付き、それによってアイディアも思い浮かぶということは、ぜひ覚えておいてください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で金沢 夏樹をフォローしよう!

Pocket

今回の記事がお役に立った場合、シェアしていただけると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Profileプロフィール

金沢夏樹

個人ビジネスコンサルタント
1983年8月22日生まれ 兵庫県神戸市出身(神戸市在住)
趣味:野球、マラソン、料理

オウンドメディアとソーシャルメディアを活用した個人ビジネス向けのWebマーケティングの専門家として活動している。

Webでの情報発信力を高めることを目的としたセミナーを毎月開催。
また、前向きに活動している仲間の集まる場ができればいう想いから朝活勉強会を毎週開催しており、個人事業主、経営者から起業志望者まで幅広い人が延べ100名以上参加している。

Web上の活動だけではなく、リアルな活動を重視し、Webとリアルの融合を軸にした提案が特徴。

【人生を懸けたミッション】
自分の好きな事に本気で取り組み、
ワクワクして生きる人を増やすこと!
自分に関わる全ての人に最高に面白い人生を生きて欲しい!