複雑な問題は小さな要素に分解して考える

Pocket

個人ビジネスコンサルタントの金沢夏樹です。 今日は『複雑な問題は小さな要素に分解して考える』というテーマです。 問題解決に必要な考え方なので、ぜひ読んでみてください。  

複雑に見えるものも紐解けばシンプル

ビジネスに関するものでも何でもそうですけど、一見複雑で難しそうなものってありますよね? 見た瞬間、難しい雰囲気満々で『うぇ〜』となるような課題に直面してしまうこともあると思います。でも、ホンマはそんなに難しいもんじゃないってことはけっこうあります。なぜなら、難しいことの多くはそれ単体が難しいのではなく、何かと何かが複雑に組み合わさっているから難しく感じていることがほとんどだからです。 その『何か』を丁寧に紐解いていけば意外にシンプルな要素がそこにあるという感じです。 例えば、料理が得意では無い人がいきなり『海鮮あんかけチャーハン』作ろうと思ったら、ちょっとハードル高くないですか? でも、海鮮あんかけチャーハンを『海鮮』と『あんかけ』と『チャーハン』という構成要素に分解したらそれぞれはパッとイメージ出来ますよね。ただ、もしかしたらめっちゃ料理苦手だったら『チャーハン』の作り方が難しいかもしれません。その場合は、チャーハンをさらに構成要素に分けます。 『玉ねぎ』と『たまご』と『チャーシュー』と『ごはん』が必要です。玉ねぎはみじん切りに、たまごは割るだけ、チャーシューはサイコロ状に切る、みたいな感じでさらにそれぞれをどうしないといけないかを考えるわけです。 各構成要素一つずつはシンプルな作業なのに、ひとまとまりになると、なんか難しく見える、そういうことです。  

ビジネス上の問題も基本は同じこと

例えば、思うような利益が出ていないという課題があったとします。このときに、『何でこんなに利益少ないんやろ?』と考えると理由はなかなか思いつきません。なので、海鮮あんかけチャーハンと同じように構成要素に分けて考えていきます。 利益の構成要素は何かというと、『収益』と『費用』ですね。『収益』は『売上』だと考えてもらってオッケーです。つまり、売上から掛かった費用をマイナスすると手元にいくらか残りますが、それが利益です。なので、利益には、売上と費用という構成要素があるということです。 じゃあ今度は売上ってどんな要素で成り立ってんの?と考えると、商品を買ってくれた『お客さんの人数』とそのお客さん1人あたりにいくら買ってくれたかという『単価』になります。 さらにお客さんの人数も『新規のお客さん』と『リピーター』という感じで、どんどん分けていきます。そうしていくと、どこかのタイミングでしっかりと理解できる単位になっていきます。 じっくり考えるのはそこからです。課題に対して漠然とした理解から的確な解決策を見出すというのは無理なので、何か『難しいなぁ』という問題に出くわしたら今日の話を思い出してみてください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で金沢 夏樹をフォローしよう!

Pocket

今回の記事がお役に立った場合、シェアしていただけると嬉しいです!


金沢夏樹公式メールマガジン



個人ビジネスコンサルタントの金沢夏樹公式メールマガジンのご案内です。

オウンドメディアとソーシャルメディアを活用してあなたのビジネスを加速させる
リアルWeb集客術を公式メルマガにてお届けいたします。

私自身が実践している方法や最新のWebマーケティングの情報を含め、
メルマガのみで公開するクローズドな情報も
公式メルマガを登録していただいた方には無料でお届けいたします。

ご興味ある方はぜひご登録ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

金沢夏樹

個人ビジネスコンサルタント
1983年8月22日生まれ 兵庫県神戸市出身(神戸市在住)
趣味:野球、マラソン、料理

オウンドメディアとソーシャルメディアを活用した個人ビジネス向けのWebマーケティングの専門家として活動している。

Webでの情報発信力を高めることを目的としたセミナーを毎月開催。
また、前向きに活動している仲間の集まる場ができればいう想いから朝活勉強会を毎週開催しており、個人事業主、経営者から起業志望者まで幅広い人が延べ100名以上参加している。

Web上の活動だけではなく、リアルな活動を重視し、Webとリアルの融合を軸にした提案が特徴。

【人生を懸けたミッション】
自分の好きな事に本気で取り組み、
ワクワクして生きる人を増やすこと!
自分に関わる全ての人に最高に面白い人生を生きて欲しい!