コンテンツマーケティングで個人ビジネスを加速させるための基礎知識

Pocket

個人ビジネスコンサルタントの金沢夏樹です。

『コンテンツマーケティング』という言葉を聞いたことはありますか?

ここ数年、盛んに耳にするようになったキーワードで、
いま最も注目を浴びているマーケティング手法です。

インターネットを活用したマーケティング施策というのは
数多くのものが存在しますが、
個人ビジネスをやっている方には是非取り組んでもらいたいものです。

実は『コンテンツマーケティング』の考え方自体は何年も前から存在しますが、
色々な環境の変化によって注目度を高めてきました。

今回はコンテンツマーケティングの基本的な考え方について
ご説明したいと思います。

大企業にのみ関係すると思っている方もいるんですが、
個人ビジネスだからこそコンテンツマーケティングが重要であると考えていますので、
ぜひこの記事を読んで基本を押さえてください。

コンテンツマーケティングとは何か?

まず最初に『コンテンツマーケティング』って何か?
ということからですが、ひとことで言うとこんな感じです。

「ユーザーにとって価値あるコンテンツを提供し続け、
読者さんにファンとなってもらい信頼関係を築いた後に、
商品・サービスを購入してもらう」というマーケティング手法です。

ここでいうコンテンツというのはインターネット上で
提供する情報全てを指し、
ブログ記事はもちろん、動画や音声、スライドなどあらゆるものが対象です。

それらのコンテンツを通して価値ある情報を提供し、
それを受けとったユーザーに喜んでもらい信頼関係を構築し、
そして最終的に購買行動を起こしてもらいます。

そのため、コンテンツマーケティングというのは、
基本的にある程度長期的な視野を持って取り組むものになります。

ミシュランガイドもコンテンツマーケティング

外食業界で最高の権威として『ミシュランガイド』へ掲載される
というのがありますが、このミシュランガイドもコンテンツマーケティングといえます。

ご存知かと思いますが、ミシュランというのは自動車のタイヤを作っているメーカーです。
ミシュランガイドは元々タイヤをもっと買ってもらえる方法はないかと考えて作られました。

どういうことかというと、本当に美味しいお店だけを掲載し、話題にすることによって、
そのお店で食事をしてみたい人が全国から押しかけてきます。

そして自動車を利用する人のタイヤがすり減って、
ミシュランのタイヤを購入する機会を増やしたいというところに狙いがあったわけです。

これも一種のコンテンツマーケティングですよね。

『ミシュランガイド』というメディアを利用して、美味しいお店の情報というコンテンツを提供し、
ミシュランに親近感と信頼感を抱いてもらうことで、タイヤの販売につなげているわけです。

コンテンツマーケティングの中核はオウンドメディア

コンテンツマーケティングを語る時に欠かせないキーワードに『オウンドメディア』があります。

オウンドメディアは英語表記で『Owned Media』と表現します。
つまり、『自分で所有しているメディア』という意味です。

オウンドメディアを理解するにはそれ以外のメディアに何があるのかを知ることが
近道なので、そのあたりから簡単に説明します。

オウンドメディアの前提知識として『トリプルメディア』というのがあります。
トリプルメディアというのは『ペイドメディア』、『アーンドメディア』、
そして『オウンドメディア』の3つのメディアを総称した概念です。

アーンドメディア(Earnd Media)

アーンドメディアというのは『信用・信頼・評判を獲得するためのメディア』をいいます。
具体的にはFacebookやTwitter、Instagram、口コミサイトなどが該当します。

情報発信者自身も、もちろん発信していくのですが、
ユーザーが「いいね!」や「シェア」などによって成り立っているメディアともいえます。

このメディアは上手く機能すると爆発的に拡散していくのですが、
情報発信者側からはコントロールできないので、
価値ある情報をコツコツと提供していくことに専念することです。

ペイドメディアというのは『お金を払って掲載してもらうメディア』をいいます。
つまり、広告のことです。

最近では色々なタイプの広告があり、費用対効果も測定できるので、
テストしながらターゲットユーザーに最もリーチできる広告を選定していくことが重要です。

オウンドメディア(Owned Media)

オウンドメディアはさっきも書いた通り、『自社で所有しているメディア』です。

ミシュランガイドのような紙媒体ももちろんオウンドメディアですが、
個人ビジネスで重要なのはやはりブログです。

日々、記事を積み上げていくことで信頼関係を築き、
自分ブランドを向上させていきます。

ここでは、売り込みは極力抑え、
価値あるコンテンツを提供することに専念していくことがポイントです。

すぐに効果が出ることはあまり期待できませんが、
しっかりと続けていくことで認知度が高まり、信用を獲得することに貢献します。

なぜ今コンテンツマーケティングなのか?

コンテンツマーテティングという考え方自体は昔からありましたが、
なぜ最近になって注目度を高めているのかについて触れておきます。

Googleのアルゴリズムが劇的に改善された

ここ数年の間にGoogleの検索エンジンは数々の改修が行われています。
『パンダアップデート』、『ペンギンアップデート』というのが有名どころです。

昔はコンテンツが優れているかどうかよりも、被リンクがあるかどうかが
検索ランキングに大きく影響していました。

そのため、とりあえず作ったようなサイトであっても、
大量に無料ブログを登録してそれらからリンクを貼ったり、
SEO業者にリンクを貼ってもらうことで上位表示ができました。

しかし、それは検索ユーザーにとってあまり良いことではないですよね。
何かについて調べた時に、それについて的確に説明されているサイトではなく、
ただリンクがたくさん付いているだけのサイトが出てくるのは嬉しくないですよね。

これはGoogleにとっても都合が悪いので、
しっかりとコンテンツの価値を評価して検索ランキングを決める
という形に改善を続けてきていたわけです。

それがかなりの精度まで高まってきていて、
ちゃんとしたコンテンツでないと上位表示ができないというレベルにまでなっています。

逆に言うとちゃんと価値あるコンテンツを出し続ければ
上位表示ができるので、しっかり取り組もうという人が増えてきたということです。

広告の効果が低下している

情報が大量に溢れ始めて、
また、パソコンやスマホで手軽に欲しい情報が得られる時代になったために、
いわゆるプッシュ型の広告は効果を下げていっています。

ユーザー自体が賢くなって、すぐに広告を見抜く目を持ったということもありますし、
単純にライバルも増えてちょっと広告を出してもなかなか選んでもらえない
というのもあり、広告自体が効果を上げにくくなってきています。

外注化しやすい環境が整った

コンテンツマーケティングの核はいうまでもなく『コンテンツ』です。
質の高いコンテンツが重要だということはもちろんなのですが、
いくら質の高いコンテンツを掲載していても、その数が少なくては効果は上げにくいです。

そこで行なわれているのが、コンテンツ作成部分を外注するということです。
つまり、自分のサイトに掲載するための記事をお金を払って書いてもらうということです。

ランサーズやクラウドワークスなどを覗いてもらうとスグにわかるのですが、
ライティングの仕事が溢れかえっています。
これらのほとんどすべてが何かしらのWeb上のメディアに掲載されるために外注されていて、
コンテンツマーケティングで効果を上げるために行なわれているわけです。

昔はクラウドソーシングのように気軽に仕事を外注できるような仕組みがなかったのですが、
今ではスマホ一つで仕事を発注することも、逆に仕事を受けることもできます。

まとめ

今の時代のWebマーケティングを語る上で、
コンテンツマーケティングを外すことはできません。

難しそうに感じるかもしれませんが、考え方自体はとてもシンプルです。

つまり、ターゲットとしている検索ユーザが本当に満足する情報を
自分のメディア、つまりブログを使って発信するというだけです。

重要なのはこれを続けるということ。
単発で渾身の情報を発信するというのは誰でもできます。
でもそれを続けられる人はそう多くはありません。

続けていくことで少しずつ浸透していき、
また、信頼も少しずつ構築されていきます。

そうは言ってもまずは始めることです。
今時点でまだ何も情報発信をしていないなら、
ぜひこの機会にコンテンツマーケティング始めていきましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で金沢 夏樹をフォローしよう!

Pocket

今回の記事がお役に立った場合、シェアしていただけると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Profileプロフィール

金沢夏樹

個人ビジネスコンサルタント
1983年8月22日生まれ 兵庫県神戸市出身(神戸市在住)
趣味:野球、マラソン、料理

オウンドメディアとソーシャルメディアを活用した個人ビジネス向けのWebマーケティングの専門家として活動している。

Webでの情報発信力を高めることを目的としたセミナーを毎月開催。
また、前向きに活動している仲間の集まる場ができればいう想いから朝活勉強会を毎週開催しており、個人事業主、経営者から起業志望者まで幅広い人が延べ100名以上参加している。

Web上の活動だけではなく、リアルな活動を重視し、Webとリアルの融合を軸にした提案が特徴。

【人生を懸けたミッション】
自分の好きな事に本気で取り組み、
ワクワクして生きる人を増やすこと!
自分に関わる全ての人に最高に面白い人生を生きて欲しい!