Pocket

金沢夏樹

『6ヶ月でWebから集客仕組みを作る!』神戸を拠点に活動しているWeb集客コンサルタント。セミナーや勉強会、交流会を主催。直近1年半の期間で累計1,500名以上を集客。

>>詳細なプロフィール★

 

今のWebマーケティングの中心と言ったら、やはり『コンテンツマーケティング』です。

それは大企業でも個人レベルのスモールビジネスであっても同じです。

 

 

インターネットをビジネスに活用して集客したいと考えるなら、コンテンツマーケティングの存在を無視することはできません。

実際、コンテンツマーケティングに本格的に取り組むところはかなり増えてきました。

 

 

コンテンツマーケティングの考え方自体は昔から存在していましたが、注目度がここ数年圧倒的に高まってきているのは間違いありません。

ですので、今回はコンテンツマーケティングに取り組むメリットとデメリットについて整理したいと思います。

 

 

これからコンテンツマーケティングに取り組もうと考えている方は本格的に取り組むかどうかを判断する材料に、すでに取り組み始めている方はご自身が実施されている事の意義を再認識していただければと思います。

 

 

コンテンツマーケティングに取り組むメリット

 

まずはコンテンツマーケティングに取り組むメリットについてお話していきます。

 

 

スタートするハードルが低い

コンテンツマーケティングに取り組むにあたって必ず必要となるものは、『コンテンツ』と『コンテンツを公開する場』だけです。

これだけ用意できればコンテンツマーケティングに取り組む事が出来ます。

 

 

もちろんコンテンツマーケティングから生まれる成果を最大化させるためには多くの事に取り組む必要があります。

キーワード選定、ペルソナ作成、拡散ルートの確保など、やった方が良いことは他にもたくさんあります。

 

 

ですが、まずはスタートするという観点で言えば、『コンテンツ』と『公開する場』さえ用意する事が出来れば始めることはできます。

いずれにしても修正しながらの運営になっていくことは間違いないので、すぐにスタートできるというのは大切なことです。

 

 

まずはスタートして、コンテンツを作っていきながら他の事は準備していく形を取れるというのは大きなメリットがあるということです。

 

 

見込み度の高い人たちにリーチしやすい

コンテンツマーケティングというのは、自分の専門分野に関する情報をオウンドメディアにどんどん蓄積していくという形をとります。

そして、そこに自分の商品・サービスについて興味度の高い人たちにアクセスしてもらい、まずはそこにあるコンテンツを消費してもらう事から始めます。

 

 

コンテンツという媒介を通して、見込み客との信頼関係を構築して、そこ後にお客さんになってもらうというのが、基本のストーリーです。

 

 

そのため、少し時間は掛かるのですが、よく知ってもらった上でお客さんになってもらうため、ミスマッチも少なくなるというメリットがあります。

 

 

SNS(ソーシャルメディア)と相性が良い

コンテンツマーケティングでは、価値のあるコンテンツをたくさん提供する事が成功のカギとなります。

出来る限り役に立つ情報を、分かりやすくお届けする事を意識しながら取り組んでいく事が重要です。

 

 

コンテンツが本当に良いものであれば、それを読んだり見たりした人が自身の持ってるFacebookやTwitterのアカウントでシェアしてくれるようになります。

さらに場合によっては、それが連鎖していき自分では想像も付かないぐらい広い範囲に情報が広がっていく可能性もあります。

いわゆるバズというものです。

 

 

ビジネスというのは、まずは認知してもらうことが重要なので、それを広く多くの人に対して行える可能性を秘めているというのもコンテンツマーケティングのメリットです。

 

 

専門家としてのブランディングが出来る

先ほども書きましたが、コンテンツマーケティングというのは、自分の持っているメディアを使って、専門情報をコツコツと蓄積していく形になります。

 

 

1記事とか2記事ではなく、数十記事や数百記事の専門情報を出していくワケなので、自ずとその分野の専門家として周りも見てくれるようになります。

もちろん、専門知識がなければそれだけの数のコンテンツを作る事は出来ないので、そこまでの情報を自分の中に蓄えていく必要は当然あります。

 

 

ですが、それを1つ1つ自分の言葉で自分の色を出しながら発信していく事で、他とは違う『自分』というブランドが出来ていきます。

 

 

これはLP(ランディングページ)と広告だけのマーケティングではなかなか得られないものです。

日々、コンテンツを発信していくことによって自分のブランディングをしていけるというのがコンテンツマーケティングのメリットです。

 

 

価値が積み重なって資産となる

コンテンツマーケティングに取り組む最大のメリットが、発信したコンテンツが1つ1つ資産として積み上がっていくという事です。

 

 

コンテンツマーケティングのメインはオウンドメディアに記事を書いていく事です。

それは、TwitterやFacebookの投稿のように単発の流れで消費されるものではなく、ある程度長期間に渡って読んでもらえる可能性を秘めています。

 

 

それは検索というアクセスのされ方によるところもありますし、オウンドメディアの作り込みによって長期に渡って読んでもらえるようにする事も出来ます。

 

 

コンテンツマーケティングに取り組むデメリット

 

メリットがあれば当然デメリットもあります。コンテンツマーケティングにおいてもそれは同様です。

先ほどご説明したメリットに対して、デメリットもご説明していきます。

 

 

コンテンツを作成する手間暇がかかる

コンテンツマーケティングに取り組むにあたっての最大のデメリットは、コンテンツ作成に時間がかかってしまうという事です。

 

 

コンテンツマーケティングにおけるキモは、やはりコンテンツの価値です。

読んでくれる人が、どれだけ自分の作ったコンテンツに価値を感じてくれるのかに大きく左右されます。

 

 

そのため、コンテンツ作成には手が抜けないので、どうしても時間がかかってしまいます。

最近だとクラウドワーキングを使って記事を外注する事も出来るといえば出来るのですが、これも細心の注意を払って行わないと、中途半端なものを出してしまうと、自分のイメージも下がってしまいます。

 

 

ですので、コンテンツ作成は出来る限りその分野のプロであるあなた自身が行う事をオススメしており、そのため時間がかかる事は覚悟する必要があります。

 

 

結果が出始めるまでに時間がかかる

さらにコンテンツマーケティングというのは、その性質上、結果が出始めるまでには、ある程度の時間がかかります。

コツコツと積み上げていったコンテンツを読んでもらって、まずはそれに価値を感じてもらいます。

 

 

それを継続的に行っていく事で、少しずつ読者さんとの信頼関係を深めていきます。

そして、ニーズが生まれた時に自分の事を思い出してもらえるようにするというのがコンテンツマーケティングなので、今日出したから明日にはレスポンスがあるというものでもありません。

むしろ、しっかりと時間をかけて自分の事を知ってもらう事で、ちゃんと自分の事を理解してくれてる人がやってきてくれるので、お互いにミスマッチも起きにくいというのがあります。

 

 

まとめ

コンテンツマーケティングというのは、本質的には人間関係を育むための手段です。

自分の持っている情報を分かりやすくアレンジを加えて、使えるように仕立て上げた上で提供します。

 

 

それをコツコツとやっていく事で将来大きな価値を持つメディアになります。

今回ご紹介したようなメリット、デメリットがあるので、それらを天秤にかけてメリットが大きいと感じられたなら、取り組んでみてください。

 

 

↓この記事を読んでくれた方は以下の記事もオススメです↓

コンテンツマーケティングとは何か?猿でも分かるように説明してみる

 

 

LINE@では、最新のWebマーケティングやWeb活用に関する情報についてお届けしています。

ご興味ある方は下のボタンよりご登録よろしくお願い致します。
友だち追加

 

 集客できる!情報発信力向上の7ステップ
無料メール講座を配信しております。

ブログやSNSでの情報発信をこれから始めたいという方、
もしくは始めて間も無い方にオススメのメール講座です。

詳細はこちらに記載していますので、
ご興味ある方はぜひ一度読んでみてください。

 

 

>>Twitterでも情報発信しています!良かったらフォローしてください!<<

 

6ヶ月でWebから集客出来る仕組みを作る方法や、最新のWeb活用の情報をシェアしてWeb集客出来る仲間を増やしていくためのコミュニティーです。
お互いのビジネスを高め合い、協力し合ったり、一緒に楽しいイベントで遊んだりする仲間を作りませんか

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で金沢 夏樹をフォローしよう!

Pocket

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事