Pocket

金沢夏樹

『6ヶ月でWebから集客仕組みを作る!』神戸を拠点に活動しているWeb集客コンサルタント。セミナーや勉強会、交流会を主催。直近1年半の期間で累計1,500名以上を集客。

>>詳細なプロフィール★

 

ブログやオウンドメディアをたくさんの人に見てもらうために必要なことは色々あります。

その中でも重要なものの1つがコンテンツSEOです。

 

 

コンテンツSEOに成功するかどうかがオウンドメディアが成功するかどうかのカギを握ると言っても過言ではないぐらいです。

今回はコンテンツSEOとは何かということからご説明して、実際にどのように取り組んでいけば良いのかを書いていきます。

 

 

コンテンツSEOとは何か?

コンテンツSEO

まず最初にコンテンツSEOというのが何かを簡単に説明します。

 

 

ブログ、オウンドメディアを運営し始めたら、そこにアクセスをしてもらって自分の発信しているコンテンツを読んでもらわないと意味がありません。

頑張って書いていても自分以外に誰も読んでいなければ、それはただの自己満足でしかないですからね。

 

 

自己満足で終わらせないためにはブログ、オウンドメディアに集客する必要があります。

このブログ、オウンドメディアに集客する方法というのは色々あるんですが、1つ大きなものとしてSEO対策があります。

 

 

SEO対策というのは、自分のサイトの情報がインターネット検索した時に上の方に表示してもらえるようにするために行う施策のことで、インターネット検索からのアクセスを増やすために行うことと思ってもらえればオッケーです。

そもそもSEO対策って何?という方はまずはこちらをどうぞ!

 

 

SEO対策には大きく分けて3つの対策がある

SEO対策とは

そのSEO対策には大きく分けて次の3つの取り組むべき事があります。

  1. 内部対策
  2. 外部対策
  3. コンテンツSEO

 

それぞれを簡単に説明します。

 

 

内部対策はサイトの構造からの対応

まず内部対策というのは、サイトの構造を整えることによって、読みに来てくれた人にとって使い勝手の良いサイトを作ることです。

関連記事にリンクを貼ったり、どこにどんなコンテンツがあるのか分かりやすく整理してあげたりするような内容です。

 

 

Googleがサイトの情報を集めていきやすくなって、検索エンジンに評価をしてもらいやすくする事を内部対策といいます。

 

 

外部対策は被リンクを増やすための対応

外部対策というのは、他のサイトから自分のサイトのリンクを貼ってもらうというものです。

 

 

昔はSEO対策というと外部対策を指していました。

被リンクさえ沢山付けることが出来れば上位表示する事は簡単に出来たからです。

 

 

今はGoogleの検索エンジンも進化していて、もっと色んな角度から評価をするようになっているので、多少状況は変わってきています。

外部対策に関しては自分でコントロール出来ない部分なので、リンクを貼ってもらえるぐらいの良い記事を書こうという意識だけ持っておいたら良いかなと思います。

 

 

SEO対策で最も重要なのがコンテンツSEO

3つ目が今回のテーマでもある、コンテンツSEOです。

 

 

詳細は以降に書きますが、コンテンツをお客さんとの接点に設けて、それを通して自分自身や商品・サービスを見つけてもらうというものです。

昔のようにテクニック一辺倒ではインターネットの世界でも存在感は出せなくなってきています。

本当に良いコンテンツが必要不可欠で、それをいかにたくさん自分のメディアで出せるのかが生命線になります。

 

 

今回はコンテンツSEOの話に注力してお話ししますが、今の時代のSEO対策というのは、①内部対策、②外部対策、③コンテンツSEOの3つで成り立っているというのだけは覚えておいてください。

 

 

コンテンツSEOに取り組む必要性

コンテンツSEO

なぜ、コンテンツSEOに取り組む必要があるのか、従来のWebマーケティングの手法じゃダメなのか、という点についてお話します。

 

 

インターネット上の情報の爆発的な増加

今は誰でも簡単にインターネット上で情報を発信する事が出来るようになったので、情報量が爆発的に増えてきています。

と言っている今この瞬間にもどんどん情報量は増えていっている状況です。

 

 

こんな中に質、量ともに普通の情報を出しても誰にも見てもらえませんし、見てもらえたとしても印象に残す事も出来ません。

じゃあどうすれば良いのかというと、答えは単純で情報量を豊富にかつ質の高い情報を出し続ける事がポイントになっていきます。

 

 

もちろん一朝一夕に出来る事ではないんですが、日頃から積み重ねていくしか無いので、コツコツ情報発信していきましょう。

 

 

Googleの検索エンジンの進化

Googleの検索エンジンが進化したと言うのも、コンテンツマーケティングの流れを後押ししています。

 

 

昔は自分でたくさんのサイトを作りまくって、それらのサイトから自分のメインのサイトへのリンクを貼れば検索ランキングの上位に表示してもらうことができました。

それはGoogleの検索エンジンの評価基準の大部分を被リンク(他のサイトから貼られたリンク)が占めていたからです。

 

 

そのような自作自演でも評価を高められる状況だったので、コンテンツにフォーカスするよりも、無料ブログをたくさん作る作業に力を入れてしまう人が大半だったのですが、Googleも度重なる検索アルゴリズムの修正を行って被リンクだけでは評価しないように改善しています。

 

 

Googleはちゃんと検索ユーザーにとっての価値を判断するようになっていて、その精度は相当な高さにまでなってきています。

そのため、インターネット上で存在感を出そうと思ったら、価値の高い情報をしっかりと発信するしか無くなったというのが現状です。

 

 

インターネットユーザーのリテラシーの向上

少し前までは、Webマーケティングというと『①ランディングページを作る → ②PPC広告を出す』これが一般的な流れでした。

インターネットを使っているユーザーも、いま見ているのが広告なのかどうかの判断もつかなかったというのもあり、広告の反応もそれなりにあったので、成り立っていました。

 

 

ですが、今はもうみんな広告だと分かっちゃってるので、なかなか反応が取れないという状況になっています。

広告と分かっててクリックはなかなかしないですよね。

だからこそ自分のメディアで自分の情報を発信する事に価値が出てくるようになったというわけです。

 

 

コンテンツSEOのゴールは?

ゴール

趣味でやっているわけではなく、ビジネスとして取り組む以上、何らかのゴールに向かって前に進む必要があります。

まして、コンテンツマーケティングというのは、ある程度の時間がかかる取り組みなので、ゴールを定めてやっていかないと軌道修正のしようもありません。

 

 

じゃあどこをゴールにするのか?

 

 

それは『お客さんがどれだけ来たか』です。

ビジネスなので、お客さんに来てもらうためにやらないとダメです。

 

 

ブログやオウンドメディアを運営し始めると、アクセス数とか直帰率のような数値が気になります。

ただ、それらの諸々の数値は、お客さんが来てくれて売上に繋がるように改善していくために使う材料でしかありません。

 

 

だから、極端な話をすると、これらの数値が悪くてもお客さんが来てたらブログ、オウンドメディアの運営としては成功です。

逆にアクセス数が100万PVなのに、お客さんゼロだとしたら、コンテンツマーケティングとしては失敗です。

 

 

中間ポイントを設けながら進んでは行くんですが、最終ゴールは見失わないように注意していきましょう。

 

 

コンテンツSEOを成功させるためにやるべき9つの事

ToDo

コンテンツSEOを成功させるためにどんな事をやれば良いのかというのを9つのステップに分けて書きます。

どれも大切なことなので、1つずつやってみてください。

 

 

何をテーマにして書くのかを決める事

まず最初にやる事はテーマを決める事です。

すでに自分のビジネスを持っている方であれば、それがテーマになるので簡単ですよね。

 

 

これからビジネスを始める方の場合は、自分は何をやっていくのかを決める事が最初に必要です。

もちろん今は特に時代の流れが速いので、今やってることを未来永劫やり続けるということは考え難いので、途中で軌道修正は必ず発生するのですが、当面の方向性として何をテーマにするのかは決めておきましょう。

 

 

そのテーマの中でも力を入れる部分を決める事

決めたテーマの中でも、どの部分で勝負していくのかを、さらに深掘りできるなら深堀りしましょう。

 

 

例えばプロ野球選手でも、ホームランバッターなのか、アベレージヒッターなのか、もしくはバント職人になるのか。

全部できたらそれに越したことは無いんですが、対象を広げれば広げるほど浅い情報発信になってしまいます。

 

 

限られた時間の中で専門家としてのポジションを作っていかないといけないので、まずは狭く絞ってそこでは誰にも負けないぐらいのレベルを目指す。

それが出来たら少しずつ広げていく。

これを繰り返して自分の守備範囲を広げていくのが良いと考えています。

 

 

誰に読んで欲しいのかを明確にする事

ブログやオウンドメディアでの情報発信で、やりがちなのが対象者を決めずに曖昧に書いてしまう事です。

ブログを書くにあたって1番と言っても良いぐらい重要なポイントが『誰』に書くのかを明確にする事。

 

 

ペルソナと言って、理想の顧客像を作るのがマーケティングの世界では基本事項になっています。

逆にペルソナを作らないとメッセージを打ち出せないというぐらい重要なものです。

 

 

もしかすると、ペルソナを決めてしまうとターゲットが狭まってしまうので、読んでくれる人が極端に少なくなってしまうのではないかと不安に思うかもしれませんね。

確かに対象者は減りますが、その分深く読んでくれる人が増えるので、結局はこの方が先に繋がる可能性が高まります。

 

 

ですので、安心してペルソナを決めてその人に向けて発信するようにしていきましょう。

 

 

リサーチをしてニーズを探る事

わかる範囲でになりますが、ターゲットとして設定した人が、どんな事に困っていて、どんな事を知りたいと思っているのかをリサーチします。

 

 

実際にペルソナに合致するような知り合いがいるなら直接会話する機会を設けて聞いてみるのも良いでしょうし、もしいないのであれば、インターネットを活用してリサーチします。

 

 

リサーチする方法の1つは検索キーワードのリサーチです。

インターネットで検索するということは、何かしら知りたいことや、気になることがあるから調べるわけで、どんなキーワードを使って検索がされているのかを調べることで、どんな情報へのニーズがあるのかを想像することができます。

 

 

もう1つがヤフー知恵袋のようなQ&Aサイトへの書き込みを調べて見るという方法です。

あなたが扱うジャンルにもよるので、すべてのケースで使えるわけではないですが、参考情報として使えるケースは結構あるので、一度眺めてみるのもアリですね。

 

 

誰が書いているのかが分かるようにする事

それを誰が言っているのか、ということが重要視されるようになってきています。

インターネット上にはいろんな情報が発信されるようになっているので、信頼できる情報からデタラメな情報までたくさんのものが存在するようになっています。

 

 

インターネットを活用して情報を得ようとしている人にとっても、それを信用して良いのかどうかの判断をしながら情報を取得しないといけません。

その判断の材料として大きいのが、誰が書いてる情報なのかということです。

 

 

『この人が言ってるなら信頼できる』と思ってもらうためには、自分が書いているということを明記しておかないといけません。

最初は『誰やねん』状態ですが、価値ある情報を発信し続けていれば、そのうち浸透してきて信頼してもらえるようになります。

なので、自分が書いているというのをどこかでわかるようにしておきましょう。

 

 

読者にとって価値の高いコンテンツを作る事

ブログやオウンドメディアというのは、ただ情報を発信すれば良いというものではなく、読んでくれた人に価値を感じてもらわなければ意味がありません。

 

 

ただただ好き勝手に自分の書きたいことを書いているだけでは、それは趣味でしかありませんし、それをきっかけに商品やサービスを購入してくれることもないでしょう。

ビジネス目的で運営していく以上、次につながるようにしてく必要があります。

 

 

ではどうやったら次につながるのかというと、自分が発信している情報に価値があると思ってもらうことです。

 

 

インターネットを活用したマーケティングは基本的にまずはGIVEから始まります。

有意義な情報を最初に与えて、それに価値を感じてもらって信頼してもらい、その後ニーズが発生したタイミングで問い合わせをしてきてくれるという流れです。

なので、まずは価値のあるコンテンツを提供することに全力を注ぎましょう。

 

 

コンテンツを作ったら告知して読みに来てもらう事

多くの人が勘違いしてしまっているのが、コンテンツを作ったら勝手に読みに来てくれると思っていることです。

昔はそれでも読んでもらえたかもしれませんが、今は情報が爆発しているので、書いたことを知ってもらうこともできない可能性が高いです。

 

 

だから、ブログ、オウンドメディアにコンテンツを投稿したらそれを告知しましょう。

告知する先は色々ありますが、『ブログを更新後に集客するために行う10種類の告知方法』に詳細を書いていますので、参考にしてみてください。

 

 

コンテンツを作り続ける事

いくら良いコンテンツを作ったとしても、それが単発で終わってしまってはマーケティング効果は見込めません。

質の良いコンテンツを作ることも重要なのですが、それと同じぐらい継続的にコンテンツを作る続けることが重要です。

 

 

これはなかなか難しいことではあるんですが、これをやらないことにはインターネット上での存在感は高まりません。

ある程度長期的な視点を持ってコツコツとコンテンツを作り続けましょう。

 

 

作りっ放しにしないでアップデートし続ける事

コンテンツSEOで成功するためには、一度作ったコンテンツをそのまま放置するのではなく、様子を見ながら加筆・修正をしてより良いコンテンツにアップデートすることです。

 

 

これが『記事』ではなく、『コンテンツ』と呼んでいる理由で、情報としての価値を高めるということを繰り返していきます。

一発で完璧なものが出せる人はそれで良いんですが、多くの人はそうではないので、ちょっとこんな表現をした方が分かりやすかったかなとか、こんな図表を付けた方が理解してもらいやすいかなというものがあれば、随時修正していきましょう。

 

 

まとめ

ビジネスにおいては、GIVE & GIVE & GIVEの精神が大切だとよく言われるのですが、この考え方からいっても、コンテンツマーケティングというのは理に適っています。

 

 

まずは自分の価値を可能な範囲でブログ記事というコンテンツで提供して、それを通して信頼関係を作っていく。

そして、本当にニーズが生まれた時に商品やサービスを購入してもらう。

これが、コンテンツマーケティングの基本の考え方です。

 

 

ある程度の期間において自分の発信している情報を読んでくれた人がお客さんとしてやって来てくれるので、ミスマッチも起きにくくなるというものコンテンツマーケティングの良い点です。

 

 

時間も労力もかかるので、取り組む大変さはありますが、将来必ず自分に良い影響を返してくれるので、ぜひ取り組んでみてもらえればと思います。

 

 

LINE@のご案内

LINE@では、最新のWebマーケティングやWeb活用に関する情報についてお届けしています。

ご興味ある方は下のボタンよりご登録よろしくお願い致します。
友だち追加

【メール講座】ご案内集客できる!情報発信力向上の7ステップ

無料メール講座を配信しております。

ブログやSNSでの情報発信をこれから始めたいという方、
もしくは始めて間も無い方にオススメのメール講座です。

詳細はこちらに記載していますので、
ご興味ある方はぜひ一度読んでみてください。

オンラインコミュニティーのご案内!

6ヶ月でWebから集客出来る仕組みを作る方法や、最新のWeb活用の情報をシェアしてWeb集客出来る仲間を増やしていくためのコミュニティーです。
お互いのビジネスを高め合い、協力し合ったり、一緒に楽しいイベントで遊んだりする仲間を作りませんか

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で金沢 夏樹をフォローしよう!

Pocket

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事