増えるデジタルシニア!情報発信側の意識変革も必要!

Pocket

『デジタルシニア』という言葉をご存知ですか?

 

 

3〜4年前ぐらいから、たまに耳にするようになった言葉です。

『デジタルシニア』というのは、パソコンやスマホなどのデジタルツールを使いこなして、インターネットを抵抗なく活用する能力を持つ60歳以上の方のことを言います。

 

 

普段生活をしていても、スマホを利用している人は増えているように感じますし、妻のご両親も60歳以上ですが、スマホを使いこなしています。

総務省が出している情報通信白書を見てみても、60〜64歳で8割以上、65歳〜69歳で7割以上、70代で5割以上の方が何かしらの目的でインターネットを利用している状況です。

出典:情報通信白書 第2部基本データと政策動向

 

上記のグラフは平成28年版の資料に掲載されていたものですが、今後もっとデジタルシニアと呼ばれる人たちが増えていくはずです。

というより、デジタルシニアという言葉が無くなるレベルで増えるはずです。

 

 

グラフをみれば分かりますが、右側の80歳以上から順に左に向かって数値が増えていっています。

 

 

6〜12歳でガクッと下がりますが、これはまだ小学生の年代なので、下がって当然ですよね。

ただそれでも7割以上の子供たちがインターネットを利用しているというのは驚きですが、小学2年生の私の息子も学校が休みの日にYouTubeを見たりしているので、そう考えるとインターネットが生活に密着しているということを実感します。

 

 

話を戻すと、グラフの左側の若い世代というのは1年1年経過するごとに右側にスライドしていく形になります。

今10代の人たちは20代に、20代の人たちは30代に移っていきます。

当たり前の話ですが、そうですよね。

 

 

何が言いたいのかというと、今デジタルツールを利用していない人が新たに利用を始めなかったとしても、時間の経過と共にデジタルシニアと呼ばれる人たちは増えていくということです。

 

 

例えば、今50代で90%以上の人がインターネットを利用して生活しているのに、60歳を過ぎて急に使わなくなるというのは、無くはないと思いますが、そこまで多くは無いでしょう。

スマホの登場前であれば、パソコンをわざわざ立ち上げて利用するのはめんどくさいので、やめてしまうという可能性もありますが、スマホが登場したことでそのハードルもかなり低くなっています。

 

 

そうすると、シニア世代であっても普通にスマホ等でインターネットをバリバリ活用するというのが当たり前になる可能性が高い。

 

 

今まではシニア層向けの商品やサービスはインターネット情報を発信しても、それを見てもらうことすら難しい面もありましたが、少しずつそれも緩和されていくことが予想されます。

 

 

若い世代であれば実際に足を運んで物を買いに行ったり、サービスを受けに行くのも容易にできますが、私の祖母のように足が不自由になってきたりすると、気軽には外に出れなくなってしまうので、むしろシニア層にこそインターネットの活用は役に立つ面もあります。

 

 

少しずつ時代が変わってきていて世の中の当たり前も変わって行っていることを、情報発信側の人たちはしっかりと認識して、意識変革していきましょう。

 

 

2017年10月25日(水)開催!
全くゼロの状態から独立するまでのストーリーをお話するセミナーを開催します。
これから起業したいと考えている方にご参考にしていただける内容になっていますので、
ぜひご参加ください!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で金沢 夏樹をフォローしよう!

Pocket

今回の記事がお役に立った場合、シェアしていただけると嬉しいです!


金沢夏樹公式メールマガジン



個人ビジネスコンサルタントの金沢夏樹公式メールマガジンのご案内です。

オウンドメディアとソーシャルメディアを活用してあなたのビジネスを加速させる
リアルWeb集客術を公式メルマガにてお届けいたします。

私自身が実践している方法や最新のWebマーケティングの情報を含め、
メルマガのみで公開するクローズドな情報も
公式メルマガを登録していただいた方には無料でお届けいたします。

ご興味ある方はぜひご登録ください。


ABOUTこの記事をかいた人

金沢夏樹

個人ビジネスコンサルタント
1983年8月22日生まれ 兵庫県神戸市出身(神戸市在住)
趣味:野球、マラソン、料理

オウンドメディアとソーシャルメディアを活用した個人ビジネス向けのWebマーケティングの専門家として活動している。

Webでの情報発信力を高めることを目的としたセミナーを毎月開催。
また、前向きに活動している仲間の集まる場ができればいう想いから朝活勉強会を毎週開催しており、個人事業主、経営者から起業志望者まで幅広い人が延べ100名以上参加している。

Web上の活動だけではなく、リアルな活動を重視し、Webとリアルの融合を軸にした提案が特徴。

【人生を懸けたミッション】
自分の好きな事に本気で取り組み、
ワクワクして生きる人を増やすこと!
自分に関わる全ての人に最高に面白い人生を生きて欲しい!