Pocket

Djangoが標準で用意しているログイン認証の仕組みで持っているユーザー関連のモデル

・django.contrib.auth.models.User

ユーザー権限に関する設定

ユーザー権限には3つの設定がある

  • Superuser権限
  • Staff権限
  • Active

Superuser権限(is_superuser)

全権限を与える管理者に付与する権限です。管理画面へのログインはもちろん、データの書き換えなどDjangoで想定している全てのユーザー操作が可能なユーザーの場合はON(True)にします。

ちなみに、スーパーユーザー権限を持ったユーザーを登録する場合は、ターミナルで以下のコマンドを打つと登録できます。

python manage.py createsuperuser

そうすると、ユーザー名とパスワードを指定するように促されるので、それに入力をするとスーパーユーザーが登録されます。その情報で管理画面にログインすることが可能となります。

Staff権限(is_staff)

管理画面にアクセスするための権限です。これも管理画面でON/OFFの変更が可能なので、そこで設定します。

Active(is_active)

ユーザーに対して有効・無効を設置するものです。無効の状態だとDjango標準の認証機能ではじかれてアプリケーションにログインできなくなります。

Pocket

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事