Pocket

DjangoではMTVモデルという考え方を採用しており、VにあたるViewの書き方には大きく『クラスビュー』と『関数ビュー』という2種類があります。

名前の通り、クラスベースでプログラムを書くのか、関数ベースでプログラムを書くのかの違いで、公式ドキュメントではクラスベースビューが推奨されています。

一番シンプルなViewクラスを継承してビューを実装する例です。

from django.http  import HttpResponse
from django.views import View

class IndexView(View):

    def get(self, request):
        return HttpResponse('GETリクエスト')

    def post(self, request):
        return HttpResponse('POSTリクエスト')

Pocket

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事