Pocket

テーブルデータの更新を楽にするための汎用ビューとして『UpdateView』が用意されています。

このクラスを使えば数行の記述でテーブルデータを更新することができます。

from django.views.generic import UpdateView
from django.urls          import reverse_lazy

from .models              import Article


class BookUpdateView(UpdateView):

    template_name = 'book/update.html'
    model         = Book
    fields        = ['title', 'author', 'date]
    success_url   = reverse_lazy('book:index')

Pocket

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事