Pocket

金沢夏樹

『6ヶ月でWebから集客仕組みを作る!』神戸を拠点に活動しているWeb集客コンサルタント。セミナーや勉強会、交流会を主催。直近1年半の期間で累計1,500名以上を集客。

>>詳細なプロフィール★

 

ブログを書いている人の多くが同じ悩みを持ちながら運営しています。

 

 

その悩みというのは、『頑張って書いた割に読まれていない』という悩みです。

ブログは読まれてなんぼのメディアなので、読んでもらわないことには何も始まりません。

読んでもらうからこそ、ブログからメルマガの登録をしてもらえたり、商品・サービスの注文をしてもらえたりすることに繋がるわけです。

読んでもらいさえすれば、満足してもらえるぐらい内容がとても良いものであったとしても、読んでもらわないことにはその良さは一切伝わらずに終わってしまいます。

 

 

多くの人がブログで情報発信をしている今の時代、ただ記事をひたすらに書いていても集客や売上につながるどころか、読んでももらえないというのが現実のところです。

読んでもらえるブログにするには、読んでもらえるポイントを押さえて運営する必要があります。

今回は読んでもらえるブログを書くために意識すると良いことについて、そのポイントを書いていきます。

 

この記事を読んで欲しい人
  • ブログを書いてはいるけれどアクセスが増えずに困っている人
  • ブログから反応が全くない人
  • 最近ブログを書き始めた人
  • ビジネスにブログを活用して認知を広げたい人

 

 

ブログが読まれるためには2つの要素が必要

自分が書いたブログを読んでもらうためには次の2つの要素が必要です。

  1. 自分が書いたブログを見つけてもらうこと
  2. 見つけてもらったブログを読み進めてもらうこと

 

当たり前ではあるのですが、そのどちらかが欠けても読んでもらったということにはなりません。

まずは自分が書いたブログをどこかで知ってもらい、そのブログに興味を持ってもらい記事を読んでもらうというステップを踏んでもらう必要があります。

自分のブログの存在を知ってもらうというのも大きなハードルですし、見つけてもらったブログを読んでもらうというのも大きなハードルで、それぞれ越えるために必要なポイントというのは異なっています。

 

 

そのそれぞれに対して押さえておくべきポイントが異なり、1つ1つクリアしていく必要があります。

具体的に、どんなポイントに気を付けてブログの運営をしていけば読んでもらえるブログになるのか具体的なポイントを挙げながらお話していきます。

 

 

自分の書いたブログ見つけてもらうためのコツ

まずは、自分が書いたブログを今は存在すら知らない人に知ってもらうためのコツについて書いていきます。

 

ブログを見つけてもらうコツ1:検索キーワードを意識して書く

ブログを見つけてもらうきっかけとして一番大きいものは、やはりインターネット検索です。

自分の書いたブログ記事が何かしらのキーワードで検索した時にヒットして、そこからアクセスしてもらうというのが、ブログの存在を知ってもらう最大のルートです。

このブログ自体もSNSやお気に入りなどのアクセスもあるのですが、やはり検索からのアクセスが最も多く、全体の8割程度を占めています。

ちなみに、検索からブログを見に来てくれる人というのは、すでに何かを解決したかったり、知りたい事が明確にある人なので、そこで信頼を得ていれば、次に繋がっていきやすいというのも特徴です。

 

 

インターネット検索からのアクセスを増やして多くの人にブログやホームページを見てもらうために行う施策のことを『SEO対策』と呼び、色々な対応をする必要があります。

 

 

SEO対策を行う上での大前提は『ニーズのある検索キーワードを確認』して、そのキーワードで検索している人に『役立つ情報をブログ記事を通して提供すること』です。

では、どうやって検索キーワードを意識した上で、役立つ記事にするのかには3つのポイントがあります。

  1. 検索した人が何を求めてそのキーワードを入力したのか検索意図を考えて記事を書く
  2. 狙っているキーワードを記事のタイトルに含める
  3. 小見出しにも狙っているキーワードを入れる

 

その他にも色々なポイントがあるのですが、まずはこの3つを最低限押さえた記事を書いていきましょう。

ブログ記事をインターネット検索に上位表示させてアクセスを増やすための流れは以下の記事にも書いていますので、そちらもご参考にしてみてください。

検索アクセスを増やすためのキーワード戦略について書いた記事

 

ブログを見つけてもらうコツ2:SNSを活用してブログ更新を案内する

検索からのアクセスを増やすのが重要なのは間違いないのですが、検索結果に上位表示させるためには、ある程度の時間がかかってしまいます。

狙っているキーワードによって異なるので、一概には言えませんが、ブログに検索からのアクセスを集められるようになるためには、早くて半年、通常1年程度の期間を費やしてようやく来てもらえるようになります。

逆に言うと、一度検索からアクセスが集められるようになってくると、ある程度安定的にアクセスが集められるようになるので、楽になってきます。

 

 

ただ、そうなるまでには我慢の時期が必要で、そのタイムラグを埋めるために活用したいのが、FacebookやTwitterなどのSNSです。

ブログを更新して読みに来てくれるのを待っていても来てもらえないなら、こちらからブログを更新した事を告知して来てもらうという方法です。

継続的に読んでもらうためには最初のきっかけが必要で、SNS上でつながっている人に存在を知ってもらったら、『この人のブログは役に立つな』と思ってもらえたら継続的に読んでもらえるかもしれません。

地道な活動にはなりますが、そういう人を1人ずつ増やしていくことがとても重要です。

 

 

FacebookやTwitterなどのSNSでの告知も含めて更新したブログを拡散する方法について以下の記事に書いていますので、ご参考にしてみてください。

 

ブログを見つけてもらうコツ3:オフラインでもブログの存在を知らせる

ブログを書き始めて間もない時には特に一番効果的だと考えているのが、オフラインでのブログの告知です。

自分で交流会や勉強会など少しライトなイベントをオフラインで企画して、そこに人に集まってもらい、その人たちにブログの存在を知ってもらうという方法です。

そんなにガンガンアピールする必要もなく、名刺にブログのURLもしくはQRコードを載せておいて、参加してくれた人と名刺交換をする時に、一言ブログで情報発信している旨を伝えるだけです。

もちろん全員が読んでくれるわけではありませんが、全然それでオッケーです。

 

 

イメージ的には潜在的に興味を持っている人を取りこぼさないように漏れなく知らせるという感じです。

全員に同じ熱量でアピールする必要はなく、興味なさそうな人に対してはスッと引いて、興味ありそうな人にはしっかりと伝えるという形で問題ありません。

どうせ、興味がある人しか読んでもらえませんし、無理に読んでもらっても意味が無いので、反応を見ながら案内すればオッケーです。

 

 

また、『自分でオフラインで集まる場を用意しなくても他にやっている人のところに参加すれば良いのでは?』という疑問もあると思いますが、主催の場を持った方が広がり方が圧倒的に早くなるので、やる価値は大いにあると思っています。

参加者数名から30人程度までのイベントであれば、イベント開催自体はそこまで大変ではないので、ぜひチャレンジしてみてください。

イベントへの集客方法について書いた記事

 

 

自分の書いたブログを読んでもらうためのコツ

自分のブログを見つけてもらうところまでが第一ステップで、ブログまで来てもらった人にしっかりと読んでもらうというのが第二ステップです。

せっかく見つけてもらうところまで達成することが出来ても、読んでもらわないとブログを読んでもらった先にある集客や売上アップ等の結果には繋がりません。

自分のブログを読んでもらうためのコツについていくつか挙げていきます。

 

ブログを読んでもらうコツ1:タイトルで興味を持ってもらえるように力を入れて考える

ブログが読んでもらえるかどうかの最大のポイントはタイトルです。

極端な話、タイトルをしっかりと魅力的に書くことができれば、その記事を読んでもらうことは可能です。

それぐらい重要なものがタイトルなわけです。

タイトルを魅力的に書くためのコツについては以下の記事に詳しく書いているので、そちらを参考にしてみてください。

ブログのタイトルについて書いた記事

 

ブログを読んでもらうコツ2:文字サイズは読みやすい大きさを意識する

文字サイズというのも意識しておくべきポイントです。

インターネットのページを開いた瞬間に目に飛び込んでくる文字が極端に小さかったり、逆に大きかったりすると読みにくくて画面を閉じられてしまいます。

とても細かいポイントにはなるのですが、こういう小さな事の積み重ねがブログのアクセスの差になってきます。

 

 

想定している読者さんがどのような人で、どれぐらいの文字の大きさで書くと読みやすいと感じてもらえるのかを意識して文字サイズを決めましょう。

また、大きい文字を使う場合についても、特に重要なポイントに絞って使うようにすれば、効果的に印象に残せるようになるので、メリハリを付けることを意識してみてください。

 

ブログを読んでもらうコツ3:適度に改行を入れる

ブログの場合は小学校の時に書いた作文のように詰めて書くのではなく、適度に改行を入れながら書いた方が読みやすくなります。

書籍などもそうですが、紙の場合には一枚の大きさが決まっているので、ある程度詰めて書かれていますが、ブログの場合はその制限がありません。

文章の意味的なつながりを考えて、自分の伝えたいことが一番伝わるように改行を入れるようにしましょう。

 

 

特に最近では、パソコンからよりもスマホでブログを読んでくれる人が多いため、文字が詰まり過ぎていると画面が小さい分読みづらくなります。

少し多すぎるかなと思うぐらい改行を入れるのがちょうど良いので、意識的に改行を入れて余白を作るようにしましょう。

 

ブログを読んでもらうコツ4:難しすぎる漢字は使わない

いわゆる難読漢字といわれるような読むのが難しい漢字はあまり使わない方が無難です。

やはり難しい漢字がたくさん出てくると読んでいる側としてはストレスを感じます。

文章を書いている側はパソコンなどで書いているため、変換ボタンを押せば難しい漢字であっても勝手に変換してくれるので、あまり意識せずに書くことができます。

しかし、読む側はそうではないので、読めない漢字が出てきたら意識がその難しい漢字に行ってしまい、内容よりもそっちが気になってしまいます。

 

 

自分の賢さをひけらかしたいと思ってあえて難しい言葉や漢字を使っている人もいるのですが、ブログでそれは逆効果なので誰が読んでも分かる言葉を使うようにしましょう。

 

ブログを読んでもらうコツ5:専門用語はあまり使わない

文章を書いていると、そのテーマのジャンルで使われる専門用語が必ず出てきます。

専門用語というのはその分野に精通している人には知っていて当然ですが、ブログを読んでくれている人の中にはそうでは無い人も多くいます。

文章を読んでいて一番ストレスがかかるのは意味の分からない用語が連続して出てくることです。

調べながら読むと時間がかかるし、その用語の意味が分からないと読んでも理解が出来ないというのは辛いものです。

 

 

その文章を読んでもらうターゲットが誰かにもよりますが、専門用語を使う場合は誰にでも分かる表現に言い換えたり注釈を付けたりするなど、誰が読んでも分かるような配慮をするようにしましょう

 

ブログを読んでもらうコツ6:誤字脱字をチェックする

これはブログに限った話ではありませんが、自分が書いた文章に誤りがないかチェックしてから人の目に触れるようにするということです。

人間なので、少しは間違いもありますが、それを最小限に押さえるために一度書いた文章を自分の目でチェックしてから公開しましょう。

もちろん他人のチェックが入れられるのであれば、そのほうが良いです。

 

 

多少の誤字脱字は仕方が無いのですが、多すぎると内容そのものの信憑性も疑われることになりかねないので、公開ボタンを押す前に必ずチェックすることをおすすめします。

 

 

まとめ

貴重な時間を使って頑張って書いたブログ記事なので、1人でも多くの人に読んでもらいたいと思う気持ちはみんなが持っていると思います。

インターネットの世界では、やみくもに書いていても読んでもらうことは難しいので、読んでもらえるような書き方をしていく事が大切です。

そのためのポイントを今回はいくつかご紹介させていただきました。

 

 

全てをまとめて対応することは難しいと思いますが、1つ1つ意識して改善していけば、誰でも必ず読んでもらえるブログを作っていくことは可能です。

頑張って読んでもらえるブログを作っていきましょう!

 

 

LINE@のご案内

LINE@では、最新のWebマーケティングやWeb活用に関する情報についてお届けしています。

ご興味ある方は下のボタンよりご登録よろしくお願い致します。
友だち追加

【メール講座】ご案内集客できる!情報発信力向上の7ステップ

無料メール講座を配信しております。

ブログやSNSでの情報発信をこれから始めたいという方、
もしくは始めて間も無い方にオススメのメール講座です。

詳細はこちらに記載していますので、
ご興味ある方はぜひ一度読んでみてください。

オンラインコミュニティーのご案内!

6ヶ月でWebから集客出来る仕組みを作る方法や、最新のWeb活用の情報をシェアしてWeb集客出来る仲間を増やしていくためのコミュニティーです。
お互いのビジネスを高め合い、協力し合ったり、一緒に楽しいイベントで遊んだりする仲間を作りませんか

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で金沢 夏樹をフォローしよう!

Pocket

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事