Pocket

金沢夏樹

『6ヶ月でWebから集客仕組みを作る!』神戸を拠点に活動しているWeb集客コンサルタント。セミナーや勉強会、交流会を主催。直近1年半の期間で累計1,500名以上を集客。

>>詳細なプロフィール★

 

Facebookグループって活用していますか?

 

 

Facebookのアカウントを持っているという人は多いと思います。

また、Facebookページを活用している人もビジネスをしている人ならそれなりにいるでしょう。

 

 

でも、Facebookグループとなると少し人数も減るのではないかなと思います。

さらにFacebookグループに参加しているのではなく、自分でFacebookグループを作って活用している人となると、さらに減ると思います。

 

 

ですが、ここ最近のFacebook社の動きを見ていると、Facebook社自体はグループ機能をもっと使わせたいと思っているのは明らかです。

そこにビジネス的な目論見があるのは当然なのですが、僕たちユーザー側としても今後ビジネス目的としてのFacebookの有効活用はグループ機能に行き着くと僕は思っています。

 

 

今回はその辺りについてお話したいなと思います。

 

 

まずはFacebookについて知っておきたい基本知識について

Facebookグループの話をするのですが、まずはFacebookの基本的な部分について少しだけおさらいしておきたいと思います。

 

 

Facebookのアカウントを持っている方なら知っている内容がほとんどだと思いますが、一応念のため最低限知っておきたいことは『初心者必見!今さら聞けないFacebookの基本の使い方』という記事に書いているので、もしこれから使いたいという方がいたら読んでみてください。

 

 

さらにFacebookをビジネス利用したい人はFacebookページについても知っておくべきです。

Facebookページに関しては『Facebookの商用利用はビジネスアカウント(Facebookページ)を活用しよう』という記事に書いてますので、こちらも参考にしてみてください。

 

 

もう1つだけ知っておいてもらいたいのがエッジランクについてです。

Facebookに投稿した内容というのは友達全員に届いているわけではなく、Facebook内での評価の仕組みがあり、その評価によって誰に情報を届けるのかが都度決められています。

詳しくは『Facebookをビジネスに有効活用するなら知っておきたいエッジランクについて』に書いているので、そちらをご参考にしてください。

 

 

特にこのエッジランクという仕組みの存在は知っておくべきで、これの存在があるためにむやみに友達を増やしても、ただの数あそびになってしまう可能性があるという点は認識しておくと良いでしょう。

 

 

Facebookグループとは何か?

Facebookグループについての話が今回のメインなので、その話に入っていきたいなと思います。

まず簡単にFacebookグループというのがどんなものなのかを説明すると、特定の目的に対してFacebook上でコニュニティーを作るための機能です。

 

 

趣味のコミュニティーもあればビジネス目的のコミュニティー、会社や学校などでの情報共有のためのコミュニティーなど目的は様々です。

 

 

特定の人たちの間で情報共有したい場合に使う機能です。

僕の場合だと、運営しているオンラインコミュニティーのFacebookグループや主催している異業種交流会にご参加いただいた方々のためのFacebookグループを作成しています。

また、他の人が運営されているグループにも多数参加させてもらっています。

 

 

で、このFacebookグループですが使うのに何か難しいことがあるかというと、特に無くて、普通に自分のアカウントから投稿しているのを、Facebookグループの中で投稿するというぐらいです。

もちろん運用ルール等は決めないといけないので、管理上の問題はあるのですが、ITスキル的に難しいことは特にありません。

ですので、普段からFacebookで投稿している方なら全然使いこなせるはずです。

 

 

Facebookグループを使うことの何が良いのかというと、グループに参加してくれている方々に情報が届きやすいということです。

個人アカウントのタイムラインやFacebookページに投稿した場合は、先ほどご紹介したエッジランクという仕組みによって選別された人たちに情報が届く形です。

 

 

ですが、Facebookグループ内に投稿した情報は、そのグループに参加している人ほとんどに届きます。

Facebook自体を見ていない人には当然届きませんが、そうで無い人には基本的に見てもらえるということです。

 

 

Facebookの表示アルゴリズムも頻繁に変わっている

Facebookの表示アルゴリズムもGoogleの検索エンジンと同様に、常に変更が加えられています。

数ヶ月前にはなりますが、Facebookの表示アルゴリズムは大きな方針転換を行っていて、家族や友達など身近な人の投稿を最優先してニュースフィードに流すという風に公式に発表されました。

 

 

端的に言うと、宣伝とか告知の投稿は多くの人に届きにくくなったということです。

その辺りのことは『Facebook社から『トップに表示』の推奨が出てるがこれは本当有効なのか?』という記事に以前書いているので、ご参考になるかなと思います。

 

 

で、今回この記事を書くきっかけになったのが、以下の記事がTwitterのタイムラインに流れてきたことです。

Facebookグループ、ピクセルで「エンゲージ」を追跡可能に

(DIGIDAY)

 

 

ピクセルというものを使えば、Facebookグループ内でシェアしたURLをクリックした先のページで行ったアクションも追跡して把握することが出来るようになるということです。

この機能自体は個人レベルの活用の場合は、1万人レベルで参加者のいるグループが作れる人もほとんどいないので、そんなに意識する必要も無いかなと考えています。

 

 

ですが、Facebook社がグループ機能をもっと活用して欲しいと思っているのは確かで、そこに対して利便性を高めていくことは今後も考えられるので、そこに関して注視していきたいな思っています。

 

 

まとめ

今回は、Facebookグループについて書きました。

 

 

書いたきっかけはピクセルというクリック解析用の機能が追加されるという記事を見かけたからなのですが、Facebookグループ自体もとても便利な機能なので、活用出来るシーンがあれば活用すると良いと思います。

 

 

LINE@のご案内

LINE@では、最新のWebマーケティングやWeb活用に関する情報についてお届けしています。

ご興味ある方は下のボタンよりご登録よろしくお願い致します。
友だち追加

【メール講座】ご案内集客できる!情報発信力向上の7ステップ

無料メール講座を配信しております。

ブログやSNSでの情報発信をこれから始めたいという方、
もしくは始めて間も無い方にオススメのメール講座です。

詳細はこちらに記載していますので、
ご興味ある方はぜひ一度読んでみてください。

オンラインコミュニティーのご案内!

6ヶ月でWebから集客出来る仕組みを作る方法や、最新のWeb活用の情報をシェアしてWeb集客出来る仲間を増やしていくためのコミュニティーです。
お互いのビジネスを高め合い、協力し合ったり、一緒に楽しいイベントで遊んだりする仲間を作りませんか

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で金沢 夏樹をフォローしよう!

Pocket

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事