やりたい事が色々あっても最初は1つに絞って集中して取り組む!

Pocket

これから自分でビジネスを始めたいという場合に陥りがちなのが、あれもこれもとやりたいことを手広くやろうとして、どれも中途半端な状況になってしまう事です。

 

人間そんなに器用な生き物ではないので、たくさんの事を同時に集中力を持って取り組む事はできません。

 

 

なので、色々やりたい事があっても最初は1つに絞ってそれに集中する事です。

ドラッカーも『プロフェッショナルの条件』でこんな事を言っています。

 

成果を上げるための秘訣を1つだけあげるならば、それは集中である。

成果をあげる人は、もっとも重要なことから始め、しかも、一度に1つのことしかしない。

 

 

 

やりたい事はたくさんあるかもしれないけど、まずは1つに絞る

起業して自分でビジネスをやりたいと思っている人なので、ある程度自分は出来ると思っているでしょうし、好奇心も旺盛な人が多いです。

 

そのため、あれもこれもやりたい、あれも出来るこれも出来る、というように色んな事をいきなり一気に始めてしまったりします。

気持ちは分かるのですが、最初は絞ったほうが絶対に良いです。

 

 

確かに何をやってもすぐに上手くできるスーパーマンもいますが、それは本当に一握りの人で、ほとんどの人が残念ながらそうではありません。

 

 

初心者があれもこれもやって通用するほど世の中は甘くないし、忙しく動いている(つもり)にも関わらず、思っているほど何も前に進まず全てが中途半端な形になります。

 

 

 

ランチェスター戦略というスモールビジネスのバイブルのように多くの中小企業が参考にしている考え方があります。

元々は軍事戦略から生まれたものなのですが、ランチェスター戦略でも『弱者が勝つためには一点集中すべし』と説いています。

 

 

大きな会社であれば人材や資金などのリソースが豊富にあるので、色んな事を同時に幅広く手掛けていくことが可能です。

ですが、今からビジネスをスタートする人は、ほぼ例外なく不利な状況の中で戦っていく必要があります。

 

 

ただでさえ少ない力を分散してしまったら、何も形にならずに終わってしまいます。

まずは一点突破で力をそこに集中する事が必要不可欠です。

他にもやりたい事があるなら、それが上手く回ってきてからやりましょう。

 

 

やりたい事が見つからない

少し話が逸れるんですが、逆にやりたい事が見つからないという人もけっこういます。

その多くの場合、自分に制限を掛けてしまっていて、本当はやりたい事があるけれど、そこから目を逸らしています。

 

『自分には力不足で』

『〇〇さんだから出来るんでしょ』

『才能がある人がうらやましい』

 

こんな思考からやりたい事が頭に浮かんでも、勝手にフィルタリングしてしまっています。

これはとてももったいない。

 

 

人間けっこう本気でやれば何でも出来ますよ。

もちろん30代半ばからプロ野球選手になりたいと言っても、それは難しいかもしれません。

絶対無理とは言いませんが、可能性は限りなくゼロに近いです。

 

 

ですが、プロ野球選手にはなれないかもしれないですが、その近いところなら目指せるかもしれないですよね。

 

  • プロ野球チームのオーナーになる。
  • 審判とかグラウンド整備の仕事をする
  • プロ野球選手を輩出するための野球スクールを作る などなど

 

これなら、今からでも目指せますよね。

叶う確率はあなたの頑張り次第です。

 

 

言いたいことは、今の自分の実力から考える必要はなく、心の底からやりたいと思う事を素直にやればオッケーです。

 

それでも選択肢が見つからない

自分の中の制限を外してもまだやりたい事が見つからない人もいます。

その場合は、情報のインプット、今までの人生での経験値、思考量が足りてません。

 

 

今日からこれらを増やしていく事が必要です。

意識的にインプット量を増やして、それを拙くても良いので、アウトプットしましょう。

 

 

アウトプット先は人前で話す事が1番良いのですが、それだけだとなかなか数をこなせないので、インターネットを活用するのがオススメです。

ブログ、Facebook、Twitterなどの情報発信ツールを活用して、インプットした事を自分の中で咀嚼して文章として発信します。

 

 

これによって自分の中に情報の流れができ、さらにそこに自分の行動をプラスする事で、情報の質を高めていきます。

これを繰り返していく事で、自分の中のアンテナ感度も高くなっていき、そこに引っかかる事が出てくるようになります。

 

 

1つの分野でインフルエンサーになれば他のジャンルにも行きやすくなる

将来的には色んな事がしたいと思っている場合も、まずは1つのジャンルで影響力を持つ事で、他のジャンルでも活躍しやすくなります。

 

 

芸能人とかでも1人でお笑い、役者、歌手、映画監督、飲食店経営とか色んな事をやってる人がいますよね。

彼らが最初から全部をいっぺんに始めたかと言うと、そうじゃないはずです。

 

 

まずは核となる自分のジャンルに特化して活動して、そこで結果を残して、次のやりたい事をやり始める。

そうすることで、最初に成功した分野での影響力が次の分野でも生きてますよね。

 

 

キングコングの西野さんもいきなり絵本書いたり、ビジネス書作家をしたり、町を作ったりした訳ではなく、お笑い芸人としての軸があるからこそ他の分野でも影響力が生きています。

 

 

やりたい事がたくさんあったとしても、後からでも出来る可能性はあります。

たくさんやりたい事があったとしても、まずは1つに絞ってそれに集中する事が大切です。

 

 

 

まとめ

やりたい事がたくさんあったとしてもまずは1つに絞る事です。

何をやるのかを決めるというのは、逆に言うとやらない事を決めるという事です。

 

 

意外にやらない事を決めるというのは抵抗を感じる人も多くて、捨てられずに中途半端になってしまう人が多い。

どうしても他にやりたい事があっても、まずは1つに絞ってそれを思いっきりやり、そこで結果を残して次に行くようにしましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で金沢 夏樹をフォローしよう!

Pocket

今回の記事がお役に立った場合、シェアしていただけると嬉しいです!


金沢夏樹公式メールマガジン



個人ビジネスコンサルタントの金沢夏樹公式メールマガジンのご案内です。

オウンドメディアとソーシャルメディアを活用してあなたのビジネスを加速させる
リアルWeb集客術を公式メルマガにてお届けいたします。

私自身が実践している方法や最新のWebマーケティングの情報を含め、
メルマガのみで公開するクローズドな情報も
公式メルマガを登録していただいた方には無料でお届けいたします。

ご興味ある方はぜひご登録ください。


ABOUTこの記事をかいた人

金沢夏樹

個人ビジネスコンサルタント
1983年8月22日生まれ 兵庫県神戸市出身(神戸市在住)
趣味:野球、マラソン、料理

オウンドメディアとソーシャルメディアを活用した個人ビジネス向けのWebマーケティングの専門家として活動している。

Webでの情報発信力を高めることを目的としたセミナーを毎月開催。
また、前向きに活動している仲間の集まる場ができればいう想いから朝活勉強会を毎週開催しており、個人事業主、経営者から起業志望者まで幅広い人が延べ100名以上参加している。

Web上の活動だけではなく、リアルな活動を重視し、Webとリアルの融合を軸にした提案が特徴。

【人生を懸けたミッション】
自分の好きな事に本気で取り組み、
ワクワクして生きる人を増やすこと!
自分に関わる全ての人に最高に面白い人生を生きて欲しい!