Pocket

金沢夏樹

『6ヶ月でWebから集客仕組みを作る!』神戸を拠点に活動しているWeb集客コンサルタント。セミナーや勉強会、交流会を主催。直近1年半の期間で累計1,500名以上を集客。

>>詳細なプロフィール★

 

Twitterって使っていますか?

4大SNSと呼ばれている、『Facebook、Twitter、Instagram、LINE』の中で一番最初に登場したのがTwitterで、日本におけるユーザー数ではLINEに次ぐ2番目に位置しています。

LINEの場合は、一応SNSに含められていますが、どちらかというとメッセージングアプリとしての利用がほとんどだと思うので、実質的にはTwitterユーザーが多いと考えて差し支えないと思います。

 

 

昔からあるので、盛り上がりの波もあるのですが、ここ最近Twitterが再燃しているように感じています。

いわゆるインフルエンサーと呼ばれる、発信力が高く影響力を持っている人たちが『Twitterで発信した方が良い』と言っているため、アクティブなユーザーが増えているような気がしています。

情報発信の基本は、多くの人がいるところに出すというのがあるので、いま盛り上がりを見せているTwitterを有効活用しない手はないだろうと考えているところです。

 

 

せっかく活用するならフォロワーもしっかりと増やして、多くの人に本当にちゃんと情報を届けられる状況を作っていきたいと考えています。

で、今回自分のメインのアカウントフォロワーを1万人まで増やすというチャレンジを始めたので、今考えているところを記録の意味で記事として書いておきたいと思います。

 

 

今のTwitterのアカウントの状況

Twitter自体を始めたのは、もう7〜8年ほど前になります。

なので、スタート自体は早かったのですが、途中使っていない時期が何年かあり、その間にログインできなくなったので、2015年10月に新たなアカウントを登録して、今はそれを使っている状況です。

ちょうど3年ほど運用しているアカウントだということです。

 

 

一応Twitterのトップページを貼り付けておくと↓のような感じです。

金沢夏樹Twitterアカウント状況

 

 

現時点のフォロワー数は約1,200名なので、目標を達成するためには今の10倍の人にフォローしてもらわないといけないという状況です。

とりあえずの目標としては、不可能ではないけれど今まで通りの使い方では到達しないので、良いぐらいの目標かなと思っています。

ちなみにツイート数は現時点で約6,800件。

最初の方はブログの更新情報のシェアをボットに登録して自動投稿していた分がたくさん含まれているので、実質的な投稿は1,000〜2,000件ぐらいじゃないかなと思っています。

 

 

ここから試行錯誤しながら1万フォロワーに到達させたいなと思っています。

今まではどちらかというと、ブログのためのTwitterという感じで運用していたのですが、フォロワー数が1万人を越えるまでは意識を変えてTwitter単体でちゃんと動かしていくようにしていくつもりです。

 

 

Twitterのフォロワーを増やすためにこれからやろうとしていること

具体的にどうやってフォロワーを増やそうとしているのかを書いておきたいなと思います。

ただ最初にお断りしておきたいのは、僕自身もTwitterのフォロワー1,000人までの増やし方は自分がやってきたので分かるのですが、1万人はやったことが無いので、正解を書くわけではなく仮説を書きます。

なので、上手くいくかもしれないですし、全くフォロワーが増えずに終わるかもしれません。

 

 

一応2月末をターゲットに取り組んでいく予定なので、そのタイミングで検証できるようにこの記事を書いています。

少なくともフォロワー1,000人までは行けたので、これからTwitterを始めるという方にはご参考になるかなと思います。

 

 

フォロワーを増やすためにやらないこと

フォロワーを増やすために行うことを書く前に、まずはやらないことを書いておきたいと思います。

実はフォロワーを増やすだけなら簡単に出来る方法が2つあります。

  • フォロワー買い
  • 相互フォロー

 

 

フォロワー買いというのは、お金を出してフォローしてもらうというサービスを利用する方法です。

この方法を使えば数字上のフォロワーはすぐに増やすことはできます。

ですが、最近Twitter社も不正アカウント等の取り締まりを強化していて、本来の使い方から外れる方法で運用しているものはアカウント停止をしていっています。

購入出来るフォロワーというのは、売るために登録されているアカウントなので、すぐに分かってしまうわけですね。

その前に、そもそもお金で買った数字だけのフォロワーを増やしても全く何の意味も無いので、それは今回やりません。

 

 

もう1つの相互フォローというのは、お返しのフォローのことですね。

お返しにフォローしてくれそうな人に、こっちからフォローをしてフォロワーを増やしていくという方法です。

これは意見が分かれるところではあるのですが、僕はあまり意味が無い気がするので、フォロー返し狙いのフォローは一切せずに1万フォロワーを目指していきます。

 

 

施策1:ボットを止めて純粋な投稿でひとまず運用する

今までブログのシェアをしていたブログのボットは一切停止して、当面は全て手作業で投稿をしていくことにします。

というのも、ボットを流していると少し投稿の感覚が空いてしまうと、タイムラインがブログのシェアばかりになってしまいます。

そうすると、何かのきっかけで自分のアカウントにたどり着いた人に『自動投稿だけの人』だと思われるとフォローしてもらえなくなるからです。

 

 

ポイントを決めてボットを使う分には良いのですが、当面はTwitterに向き合う時間を増やすつもりなので、全て自分のタイミングで投稿することにします。

おそらく多くの人がツイートを見てどんな人なのか気になった時にプロフィールを見に来てくれたとしても、タイムラインの上からいくつかを見るぐらいだと思うので、そこに役に立ちそうな投稿が常にあるような状態を目指して投稿していくということです。

 

 

施策2:Web集客にテーマを絞ったツイートを1万件投稿する

無名のユーザーが誰かにフォローしてもらうという場合、人間性とかよりも先に『自分にとって役に立つ情報を発信してそう』と思ってもらう必要があると考えています。

そう思ってもらうために出来ることとして、投稿の内容を絞り込んで徹底的にそのジャンルの投稿をし続けるのが有効かなと考えています。

もちろん他の内容の投稿も行うのですが、Web集客に特化した内容を一連で投稿していることが分かるようにしながら、1万件投稿することにしました。

 

こんな感じで一連の投稿には連番を振ってどれぐらい投稿しているのかを分かるようにしました。

 

 

この狙いは2つです。

1つは数が分かることで、増えていけば増えていくほど専門性を感じてもらうことが出来るということ。

もう1つは途中で見つけた人が遡って複数の投稿を見てくれる可能性があること。

単純接触効果というのがあるように、ネット上であっても頻繁に接触していると親近感も湧いてくるはずです。

 

 

1万件投稿していると、遡って読んでくれる時も1度に全てを読み切れないはずなので、何度かに分けて見に来てくれるでしょうから、接触回数が増えることになります。

そうすると、フォローしてもらえる可能性が高くなるんじゃないかなと思っています。

 

 

施策3:noteにこの取り組みの経過を投稿していく

ハッシュタグ等を使いながら、Twitter上で見つけてもらってフォローしてもらうという工夫もしていくのですが、Twitter以外で見つけてもらうというのもアリだと考えています。

そうした時に、今時点でTwitterと相性が良い発信媒体が何か考えるとnoteが良いという結論に達しました。

 

 

『noteって何?』という方は上記の記事を一度読んでもらいたいのですが、このnoteのユーザーとTwitterのユーザーは重複しているケースが多いと感じています。

つまり、noteを使っている人はTwitterもやっているので、note上でTwitterに関する記事を書き続けていたら、そっちで見つけてもらった人にもフォローしてもらえるのではないかと目論んでいます。

 

 

今回のTwitterのフォロワーを1万人まで増やすチャレンジの過程をnoteに詳しく書いていこうと思っています。

次にどうしようと思っているか、やってみてどうだったか、上手く行ったこと・失敗だったこと、参考にした情報源など全て書いていくつもりです。

純粋に取り組み自体を参考にしてもらえると思うので、フォローしてもらう価値もあると思っています。

 

 

もしかすると、noteより適切なメディアがあるのかもしれませんが、note自体の理解も深めたいというのがあるので、まずはnoteを使ってTwitterの取り組みを投稿していきます。

 

 

施策4:ポジションを取った投稿をしていく

施策2で挙げた1万件のツイートが100件を超えたら、それ以外の内容の投稿も少し増やしていきます。

無理に偏った考えを作り込むことはしませんが、考えを明確にしたポジションを取った内容の投稿をして自分の考えを出していきます。

そうすることで、自分の考えと合う・合わないがしっかりと出てくるはずです。

 

 

ビジネスという観点で考えると、好き・嫌い・普通の3つで分類すると『嫌い』と『普通』は見込み客としてカウント出来ないので、どっちもゼロでしかありません。

嫌いだと感じる人が出たとしても『好き』だと思ってもらえる人が増えるならオッケーです。

無理に嫌われにいく必要は無いですが、結果として嫌われることになるのは仕方ない部分もあるかなと思っています。

意見を明確にすればするほど敵を作る可能性もあるのですが、自分が助けたい人を助けるために自分が敵を作るリスクは受け入れていこうかなという感じです。

 

 

施策5:他のユーザーとコミュニケーションを意識的に取る

最後の5つ目はとてもシンプルで本来のソーシャルメディアの使い方と言っても良いのですが、発信だけではなくしっかりと他のユーザーの投稿を読んでコミュニケーションを取っていくことです。

インターネットというメディア、特にソーシャルメディアというのは、人と人をつなぐのが本質です。

 

 

インターネット上とはいえ、他の人と交流して対話するというのは楽しいですし、人を介した方が広がりが早いと考えています。

個の時代になったからこそ、個のつながりがより重要になってきていると思っています。

フォロワーを増やすためというのが目的では無いですが、せっかくのSNSなのでつながりを広げる場として活用していこうと思います。

 

 

まとめ

Twitterのフォロワーが1万人を超えてくると、情報が直接届く範囲が広がる事はもちろん、そこからの拡散の仕方が全然違ってくると想像しています。

今まで情報取得を主な目的として活用していたので、あまり力を入れてTwitterで発信していなかったのですが、やはり活用すべきツールの1つであることは間違いないので、今回注力して取り組んでみます。

 

 

試行錯誤しながらになるので、上手くいくこといかないことが出てくるのですが、その辺りはnoteの方に書いていきたいと思いますので、ご興味ある方はそちらも読んでみてください。

また、今回書いた通りTwitterでお役に立てていただける情報を配信するようにしていきますので、良かったらフォローしてみてください。

 ▶️ Twitterのアカウントはこちらです。(@NatsukiKanazawa)

 

 

LINE@のご案内

LINE@では、最新のWebマーケティングやWeb活用に関する情報についてお届けしています。

ご興味ある方は下のボタンよりご登録よろしくお願い致します。
友だち追加

【メール講座】ご案内集客できる!情報発信力向上の7ステップ

無料メール講座を配信しております。

ブログやSNSでの情報発信をこれから始めたいという方、
もしくは始めて間も無い方にオススメのメール講座です。

詳細はこちらに記載していますので、
ご興味ある方はぜひ一度読んでみてください。

オンラインコミュニティーのご案内!

6ヶ月でWebから集客出来る仕組みを作る方法や、最新のWeb活用の情報をシェアしてWeb集客出来る仲間を増やしていくためのコミュニティーです。
お互いのビジネスを高め合い、協力し合ったり、一緒に楽しいイベントで遊んだりする仲間を作りませんか

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で金沢 夏樹をフォローしよう!

Pocket

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事