一般の人向けの情報発信では専門用語より一般用語を使おう!

Pocket

Googleが公式に情報発信している『ウェブマスター向けブログ』というのがあるのですが、昨日このブログが更新されました。

 

 

医療や健康に関連する検索結果の改善について』というタイトルの記事で、内容をざっくり書くと、医療や健康に関連する内容を扱う情報を提供している場合は、専門家が発信している情報を優先して検索結果に表示するというものです。

 

 

昨年末頃に問題になったWELQの件など、医療や健康に関連する内容に関して専門知識を持たない人が発信した情報が検索にヒットしてしまい、誤った情報で認識されてしまう事が問題となっていました。

今回、Googleはそこにメスを入れて、医療・健康に関連する情報を扱うサイトの場合は誰が書いているのかをチェックして評価すると言っています。

 

 

人の健康や命に関わる部分にもかかわらず、金儲けのためにいい加減な情報を出しているサイトが表示されにくくなるのは良い対応です。

 

 

この内容に付随して以下のような記載があったので、今回はそこにフォーカスしたいと思います。

ページ内に専門用語が多用されていたら、一般ユーザーが検索でページを見つけることは難しくなるでしょう。
内容も分かりづらいかもしれません。

 

 

今回のGoogleの記事では医療従事者に向けてこのような発信をしているのですが、他のジャンルでも同じ点に気を付ける必要があります。

 

 

どんなジャンルであっても専門用語というのがあります。

そのジャンルに詳しい人たちが使う言葉ですね。

 

 

医療関連でも、IT関連でも、スポーツ関連でも、どんな業界にも専門用語はあります。

その言葉というのは、その業界の人には分かるかもしれませんが、そうじゃない人にはその言葉を使われてもピンとこない場合がほとんどです。

 

 

例えば、この写真。

 

この建築現場で使う乗り物を何と呼びますか?

 

 

おそらく多くの人は『パワーショベル』とか『ショベルカー』と呼ぶんじゃないかと思います。

ですが、建築関係の仕事をしている方の多くはこれを『ユンボ』と呼びます。

 

 

『ユンボ』というのは元々は商品名だったらしいのですが、それが一般化してパワーショベルの事をそう呼びます。

建築関連に関わりの無い人に『ユンボ』と言っても、なんの事か分からないですよね。

 

 

情報発信にも2つのケースがあって、専門家を相手にするケースと一般の人を相手にするケースがあります。

 

 

専門家に向けて発信する情報の場合は専門用語でオッケーです。

ですが、一般の人に向けて専門家の立場から情報発信するケースでは専門用語ではなく一般用語を使った方が良い事が多いです。

 

 

その専門用語自体を知らない人は、その情報にアクセスできない可能性が高いですし、アクセスできても理解できないかもしれません。

 

 

ここでも『誰』に情報発信するのかが大切だということです。

一般の人に向けての情報発信は、専門用語より一般用語を使うようにしましょう!

 

 

勉強会を開催します!
知識やスキルが無くても自分で
ホームページ・LP(ランディングページ)が作れるようになるための
勉強会を開催しますので、ぜひご参加下さい!


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で金沢 夏樹をフォローしよう!

Pocket

今回の記事がお役に立った場合、シェアしていただけると嬉しいです!


金沢夏樹公式メールマガジン



個人ビジネスコンサルタントの金沢夏樹公式メールマガジンのご案内です。

オウンドメディアとソーシャルメディアを活用してあなたのビジネスを加速させる
リアルWeb集客術を公式メルマガにてお届けいたします。

私自身が実践している方法や最新のWebマーケティングの情報を含め、
メルマガのみで公開するクローズドな情報も
公式メルマガを登録していただいた方には無料でお届けいたします。

ご興味ある方はぜひご登録ください。


ABOUTこの記事をかいた人

金沢夏樹

個人ビジネスコンサルタント
1983年8月22日生まれ 兵庫県神戸市出身(神戸市在住)
趣味:野球、マラソン、料理

オウンドメディアとソーシャルメディアを活用した個人ビジネス向けのWebマーケティングの専門家として活動している。

Webでの情報発信力を高めることを目的としたセミナーを毎月開催。
また、前向きに活動している仲間の集まる場ができればいう想いから朝活勉強会を毎週開催しており、個人事業主、経営者から起業志望者まで幅広い人が延べ100名以上参加している。

Web上の活動だけではなく、リアルな活動を重視し、Webとリアルの融合を軸にした提案が特徴。

【人生を懸けたミッション】
自分の好きな事に本気で取り組み、
ワクワクして生きる人を増やすこと!
自分に関わる全ての人に最高に面白い人生を生きて欲しい!