Googleインドアビューで店舗の中を公開する

Pocket

こんばんは。 個人ビジネスコンサルタントの金沢夏樹です。 今日は『Googleインドアビューで店舗の中を公開する』というテーマです。 ご参考になれば幸いです。  

インドアビューって何?

Googleのサービスでインドアビューというものがあります。 僕も勉強不足で知らなかったんですけど、たまたま読んだ記事にこのインドアビューのことが書いてあって、面白いと思ったので、今日はこれについて書きます。 Googleのサービスでストリートビューっていうのがあるんですけど、見たことありますか? Googleマップと連動して、画面上にその場所の風景の写真を表示して、本当にそこを歩いているかのような感覚で周りを観れるというサービスです。 これけっこう面白いですよ。たまに見かけるんですけど、Googleのロゴがペインティングされた車が上にカメラを乗っけて街中を走りながら撮影していることがあります。ストリートビューに使うための画像データを集めて回っているわけですね。 けっこう日本全体を網羅して撮影しているみたいで、自分が住んでる地域とかも見れます。昔、住んでた家をストリートビューで見た時に、干してた布団がはっきり掲載されていたぐらい、ちゃんと日本中を漏れなく撮影しているようです(笑) そして、インドアビューというのは、このストリートビューの建物の内側版のサービスです。  

店舗型のビジネスで使える

建物の内側なので、基本的には店舗を構えて行うビジネスを対象としたサービスです。 例えば、パーティースペースがあるような飲食店とかこれ使うといいと思いますね。会社のイベントの懇親会を行う会場を探している時で、下見に行けないような場合は、こういうのがあると、安心して行きやすいですよね。 あとは、不動産屋さんが空き物件の内装をこれでネット上で見せてくれたら、とても便利だと思うんですよね。千葉から神戸に引っ越してくる時に、住む家決めるのに、全く中を見ずに決めるのはちょっと心配じゃないですか。なので、帰ってきて何件か見せてもらったんですよね。 その時は娘が生まれたてだったこともあるので、僕と息子2人で神戸に見に来たわけです。で、一応写真とって、嫁に見せるわけですけど、写真だとやっぱり分断された画像になるので、繋がりが分かりづらくイメージしにくいんですよね。 それが、このインドアビューの技術で現地に行ってなくても、ある程度リアリティ持って見れるようになれば、とても良いと思うんですよね。まぁ僕が知らないだけで、こんな良い技術なので、誰かが既にやってる気はしますけどね。 とここまで書いて、ちょっと気になったので検索してみると、意外とけっこう前からあったみたいで、やっぱりすでに多くの店舗で利用されているようです(笑) 有名なLIGブログさんにいっぱい事例載ってたので、ご興味ある方は見てみてください。

http://liginc.co.jp/web/service/google/120413

今日は以上です。ご参考になれば幸いです!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で金沢 夏樹をフォローしよう!

Pocket

今回の記事がお役に立った場合、シェアしていただけると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Profileプロフィール

金沢夏樹

個人ビジネスコンサルタント
1983年8月22日生まれ 兵庫県神戸市出身(神戸市在住)
趣味:野球、マラソン、料理

オウンドメディアとソーシャルメディアを活用した個人ビジネス向けのWebマーケティングの専門家として活動している。

Webでの情報発信力を高めることを目的としたセミナーを毎月開催。
また、前向きに活動している仲間の集まる場ができればいう想いから朝活勉強会を毎週開催しており、個人事業主、経営者から起業志望者まで幅広い人が延べ100名以上参加している。

Web上の活動だけではなく、リアルな活動を重視し、Webとリアルの融合を軸にした提案が特徴。

【人生を懸けたミッション】
自分の好きな事に本気で取り組み、
ワクワクして生きる人を増やすこと!
自分に関わる全ての人に最高に面白い人生を生きて欲しい!