iPhoneで撮影した拡張子が『HEIC』の画像ファイルを扱う方法
Pocket

iPhoneで撮影した写真をパソコンに送った時に拡張子が『.HEIC』という見たことがないものになっていて、『ん?なにこれ?』ってなったので、調べた内容をメモしておきます。

 

HEICファイルとはどんなファイル形式なのか?

まず最初にHEICファイルというのがどんなファイル形式なのかを簡単に説明しておきます。

HEICというのはiOS11から採用されているHEIFと呼ばれる形式のファイルに付けられる拡張子で、高画質のデータを小さな容量で保存できるものです。

Appleはこの形式を標準フォーマットとして採用したので、今後iPhoneで撮影した画像はこの形式で保存されることになります。

 

 

パソコンでHEICファイルを閲覧する方法

まず、Macを使っている場合は何も考えずにiPhoneやiPadから転送した画像をダブルクリックすると普通に開けます。

Windowsのパソコンの場合は、現状そのままでは開けないようなので、ファイル形式の変換が必要になります。

変換自体はWebサービスが存在しているので、そういうツールでJPEGやPNG等に変換してあげることで閲覧できるようになります。

 

 

HEICファイルだとWordPressにアップロードできない

なぜこの記事を書いているかというと、iPhoneで撮影したファイルをAirdropでMacに転送して、それをWordPressにアップロードしようとした時にエラーになったので、『あれ?』と思って調べたことがきっかけです。

 

Macの場合は、画像ファイルを開いた後に、画面上部のメニューから『ファイル → 書き出す』を選んで表示されるポップアップでフォーマットをJPEG等にして保存すればファイル形式を変換できるので、それをアップすればOKです。

Windowsの場合は、先ほど書いたファイル形式を変換するツールを使えば良いと思います。

ご参考になれば幸いです。

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で金沢 夏樹をフォローしよう!

Pocket

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事