Pocket

金沢夏樹

『6ヶ月でWebから集客仕組みを作る!』神戸を拠点に活動しているWeb集客コンサルタント。セミナーや勉強会、交流会を主催。直近1年半の期間で累計1,500名以上を集客。

>>詳細なプロフィール★

 

島田紳助さんの『自己プロデュース力』という書籍をご存知ですか?

たまたま見かけて、気になる部分だけ流し読みしてみましたが、これがとても良い書籍でした。

 

 

昔、紳助さんがNSCに講師として講義をしに行ったことがあるらしいです。

その時に、お笑い芸人として売れるために何をすべきか、M-1の決勝に残るためにどんな事を考えるべきなのか、という話をした時の内容を書き起こした書籍です。

 

 

その中に、紳助さんが漫才師として売れるためにやってきた事が紹介されてる部分がありました。

 

 

漫才師として、売れるためにまずは自分の中で漫才の正解を定義する教科書を作ろうと思ったそうで、漫才が上手い・面白いと言われる人たちの漫才を聞き倒して、紙に書き出して何が面白いのかを研究したそうです。

 

 

そこで分かったのが、漫才が上手い師匠と呼ばれているような人たちは『間』が多いと。

『間』が多ければ多いほど失敗する可能性があるし、テクニックがいるから難しい漫才になる。

 

 

漫才をうまくやろうと思ったら、その間をたくさん取れるようにスキルを高めていく必要があると。

でも、お笑いのプロと呼ばれる人でも『間』の回数を数えている人は少ないのに、一般の人がそんなところを気にしているわけがないですよね。

なので、結局大切なのは、漫才が上手いかどうかじゃなくて、おもろいかどうかだということです。

下手でも面白かったら良い。

 

 

こんな感じの事が書かれていました。これは他の世界でも同じ事が言えますよね。

このブログでも話題に出す事の多いホームページについても同じです。

 

 

業者に頼んで数十万円かけて作ったホームページよりも、半日程度の時間で自分でペライチで作ったホームページの方がお客さんが来る事があります。

インターネット広告に使う画像もプロが作ったデザイン性の高いものより、素人が作ったのが分かるものの方が反応がある事もあります。

 

 

どんなに新しい技術や他では使っていない技術を使ったとしても、それがお客さんが来る事に繋がらなければ、ただの趣味です。

そんな事より、簡単なツールを使ったとしても、1人でもWebからリアルに人が来る方がよっぽど価値があります。

 

 

新しい技術やクオリティを軽視しているわけでは決してなく、それも必要な事だと思います。

ですが、そこを見すぎるがために本来の目的を忘れてしまったら本末転倒です。

 

 

時代はどんどん変わってきています。

ホームページ作成に関しても、もう業者に頼んで作ってもらう時代じゃなくなりました。

こんな流れの速い時代に何ヶ月もかけて作ってもらってる場合じゃありません。

 

 

簡単に作れるツールを使って自分ですぐに作り始める。

そして、まずは公開して、改善を加えながら運営していく事が重要です。

 

 

昔と違って、プログラミングの知識なんて無くても作れる方法がいくらでもあります。

ぜひ、その方法を知ってスピード感を持ってホームページを運営出来るようになりましょう!

 

 

スキルがなくても自分で集客用のホームページを作成出来るようになる勉強会を開催します。

ご興味ある方のご参加をお待ちしております。

 

 

LINE@では、最新のWebマーケティングやWeb活用に関する情報についてお届けしています。

ご興味ある方は下のボタンよりご登録よろしくお願い致します。
友だち追加

 

 集客できる!情報発信力向上の7ステップ
無料メール講座を配信しております。

ブログやSNSでの情報発信をこれから始めたいという方、
もしくは始めて間も無い方にオススメのメール講座です。

詳細はこちらに記載していますので、
ご興味ある方はぜひ一度読んでみてください。

 

 

>>Twitterでも情報発信しています!良かったらフォローしてください!<<

 

6ヶ月でWebから集客出来る仕組みを作る方法や、最新のWeb活用の情報をシェアしてWeb集客出来る仲間を増やしていくためのコミュニティーです。
お互いのビジネスを高め合い、協力し合ったり、一緒に楽しいイベントで遊んだりする仲間を作りませんか

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で金沢 夏樹をフォローしよう!

Pocket

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事