ホームページを作っても集客に繋がっていない多くの人が陥っている4つの間違い

Pocket

『ホームページを作ったら売上が増えるんじゃないか』

『ホームページさえ作れば新規のお客さんがたくさん来てくれるようになるはず』

 

 

多くのご自身でビジネスを営んでいる方の多くが最初にホームページを制作する時に、このようなことを期待しています。

期待することは悪くないですし、そうなることがホームページを作成する大きな目的の1つであることは確かです。

 

ですが、ホームページを作成すれば必ず売れるようになるほど単純な話ではないのが現実です。

 

昔はホームページを持っていない人の方が多かったので、作りさえすればアドバンテージが得られるケースも実際にありました。

ただ、今では昔ほど大金をかけずともホームページを作ることができるようになり、個人であってもビジネスをやるならホームページを持つことが当たり前になっています。

 

 

つまり、インターネット上にはライバルたちがひしめき合っていて、ただ作っただけのようなホームページでは埋もれてしまい見つけてもらうことすら難しいという状況になっています。

 

そのため、『ホームページなんて作る意味がない」とまで言う人が少なくありません。

 

 

本当にホームページを作る意味はないのでしょうか?というと、私はやり方の問題だと考えています。

 

ホームページというのは、いわばインターネット上に開いたお店です。

ジャンルは何でも良いのですが、例えば、ただ単に飲食店を開いただけで『全然お客さん来ないなぁ。お店なんか作っても意味ないなぁ』とか言ってたら、『いや、お店作るだけで何もしなかったらお客さん来なくて当たり前』と思いますよね。

 

 

でも同じような飲食店であっても行列が絶えない人気店というのもあります。

当たり前のことですが、お店を開いたからといって、それだけで繁盛するわけはなく、お客さんがたくさん来るにはそれ相応の理由があるわけです。

 

 

これはホームページでも同じです。

ホームページを経由してお客さんが来るのには理由があります。逆にホームページを作ってもお客さんが来ないのにも理由があります。

 

 

今回はこのホームページを作っても集客に繋がらない定番の理由をいくつかご紹介します。

これからホームページを作ろうと思っている方はもちろん、すでに作っているけど集客に繋がっていない方はぜひご参考にしてみてください。

 

間違い1:立派なホームページをお金をかけて作ったらお客さんが来る

業者に外注してしっかりとお金をかけて立派なホームページを作りさえすれば、それを見た人がお客さんとしてやってきてくれる。

そう思い込んでいる人がとても多いのですが、実はどんなに立派なホームページでも作っただけでは全くと言って良いぐらい見られません。

 

 

『オシャレなデザインで作ってもらったし、きっと商品も売れるはず!』

『最新のIT技術をふんだんに利用して高機能な仕組みを入れたので、お客さんはたくさん来るだろう!』

 

そう思いたい気持ちは分かるのですが、残念ながらいくらホームページの制作にお金をかけたとしても、勝手に見に来てくれるということはありません。

 

 

実際に世の中に存在する大半のブログやホームページは1日に50PV以下だと言われています。

要するにほとんど見られていないということです。

 

 

ではこのようなホームページに何が必要なのかというと、それはホームページ自体に集客することです。

言い換えると、ホームページの宣伝をしてホームページを見に来てもらえる活動をする必要があるということです。

 

 

もちろん、ある程度の時間をかけて本当に質の高い、読んだ人にとって役に立つ情報をホームページ上で発信し続ければ、そのうち検索エンジンからも評価されて、そこからのアクセスが見込めるようになります。

 

ですが、それには時間がかかりますので、最初からそれに頼るのは得策とは言い難いです。

 

それよりも、自分からホームページに人を誘導するための活動をする必要があります。

 

  • メールの署名にホームページのURLを記載する
  • 名刺にホームページのURLを記載する
  • 会った人にホームページの存在を知らせる
  • FacebookやTwitterのようなSNSで告知をする etc.

 

ホームページというお店を開いたら、店の外で呼び込みをして人を呼んでくるための行動を行いましょう。

 

間違い2:分かりやすさよりもカッコよさを優先してしまう

ダサいよりはカッコイイ方が良いのはもちろんなのですが、カッコ良さを優先しすぎることもホームページで失敗する典型例の1つです。

 

デザイン性の高さが重要な商品やサービスを提供しているビジネスの場合はホームページもカッコ良く作りこむ必要がありますが、そうでない場合にはカッコ良いデザインよりも、分かりやすさの方が重要なケースの方が圧倒的に多いです。

 

 

一番重要なことは、まずホームページの目的を明確にすることです。

その目的を満たすにはどうすれば良いのかを考えて、何を優先させるべきかを考えましょう。

 

 

大企業の場合はブランディングの意味あいが強いケースが多いので、カッコ良さやデザイン性の高さを重視しているケースも多いです。

ですが、スモールビジネスの場合は、商品・サービスが売れるということがホームページの最大の目的です。

 

 

英語でカッコイイフレーズが並んでいるけど、結局何が言いたいのかは分からないというホームページはよくあります。

見込み客がホームページにせっかく訪れてくれたのに、何かよく分からないという理由で流出してしまうのはとても勿体ないですよね。

 

間違い3:情報発信型のホームページになっていない

昔からあるホームページは会社案内だけが掲載されているようなものが一般的でしたが、今はそれでは全くダメです。

 

今は昔と違ってホームページを持っていることが当たり前なため、ホームページを持っていることが差別化要素にはならないためです。

インターネットで検索したらとんでもない数のページがヒットするため、ただホームページを作っただけでは埋もれてしまって見つけてもらうことすら困難です。

 

 

じゃあどうするのかというと、ホームページ上で見込み顧客の人たちにとって価値がある情報を発信することです。

 

最近はコンテンツマーケティングというキーワードで語られることが多いのですが、自分の持っているサイトで情報発信を行い、Google検索で上位表示を狙うということと、自分のサイトにたどり着いてくれた人に価値を感じてもらって、頻繁にサイトに訪れてもらうようにします。

 

そしてそのうちニーズが生まれた時に商品やサービスを購入してもらうという形です。

 

 

ですので、ホームページを作るのであれば、昔ながらのホームページではなく、情報発信型のホームページを作るようにしましょう。

 

 

間違い4:SEO業者に検索上位表示してもらう

ホームページを作ると近くに忍び寄ってくるのがSEO業者と呼ばれる人たちです。

 

簡単に言うと、Googleで検索した時に上の方に表示させるようにしてあげるというサービスをしている業者なのですが、かなり要注意です。

 

ちゃんとコンテンツの作り方からしっかりと教えてくれて、ちゃんとした方法で上位表示できるようになるまでをサポートしてくれる業者なら良いケースもあります。

 

ですが、そうではなく業者のチューニングだけで上位表示させるようなところであれば、断ってください。

ブラックハットSEOと言って、Googleの検索エンジンの抜け穴を突く手法を取っている可能性が高く、仮に上位表示できたとしても長く続かない可能せいが高いからです。

 

 

また、Googleの検索結果に上位表示されたから売上が上がるというような単純なものでは決してないので、テクニックだけで何とかしようとする考えは捨ててください。

 

 

視点は常に読者、つまりお客さんもしくは見込み顧客です。

彼らがどんな情報を求めているのかをしっかりと考えて、それを理解できる形で提供してあげることに集中しましょう。

 

まとめ

本当に昔と今とではインターネットの世界も大きく様変わりしていて、昔はうまくいったことが今では全く上手く機能しないということも大いにありえます。

 

誰でも気軽に情報発信ができるようになったために、情報量が爆発的に増えたことが一番の要因です。

ホームページも作ったらオッケーという時代ではなく、そこでどんどん情報発信して、見つけてもらった人にまずは価値を提供するということをしていく必要があります。

 

定期的に情報発信することは少し大変ではありますが、絶対的に必要なことなので、ぜひ今回の間違い例を意識してホームページを集客のできるものに変えていってください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で金沢 夏樹をフォローしよう!

Pocket

今回の記事がお役に立った場合、シェアしていただけると嬉しいです!


金沢夏樹公式メールマガジン



個人ビジネスコンサルタントの金沢夏樹公式メールマガジンのご案内です。

オウンドメディアとソーシャルメディアを活用してあなたのビジネスを加速させる
リアルWeb集客術を公式メルマガにてお届けいたします。

私自身が実践している方法や最新のWebマーケティングの情報を含め、
メルマガのみで公開するクローズドな情報も
公式メルマガを登録していただいた方には無料でお届けいたします。

ご興味ある方はぜひご登録ください。


ABOUTこの記事をかいた人

金沢夏樹

個人ビジネスコンサルタント
1983年8月22日生まれ 兵庫県神戸市出身(神戸市在住)
趣味:野球、マラソン、料理

オウンドメディアとソーシャルメディアを活用した個人ビジネス向けのWebマーケティングの専門家として活動している。

Webでの情報発信力を高めることを目的としたセミナーを毎月開催。
また、前向きに活動している仲間の集まる場ができればいう想いから朝活勉強会を毎週開催しており、個人事業主、経営者から起業志望者まで幅広い人が延べ100名以上参加している。

Web上の活動だけではなく、リアルな活動を重視し、Webとリアルの融合を軸にした提案が特徴。

【人生を懸けたミッション】
自分の好きな事に本気で取り組み、
ワクワクして生きる人を増やすこと!
自分に関わる全ての人に最高に面白い人生を生きて欲しい!