Pocket

金沢夏樹

『6ヶ月でWebから集客仕組みを作る!』神戸を拠点に活動しているWeb集客コンサルタント。セミナーや勉強会、交流会を主催。直近1年半の期間で累計1,500名以上を集客。

>>詳細なプロフィール★

 

先日、下記の記事がネット上で話題になっていたのですが読みましたか?

 

素人の写真がプロの20倍以上の値段で売れる理由

https://note.mu/etomiho/n/n3e42445b8bb5

 

 

一言でいうと、プロが撮った写真より、インスタグラマーが撮った写真の方が20倍高くても売れるっていう記事です。

すごくないですか?

 

 

いわゆる『素人革命』ってやつです。

今回は、この素人革命の時代にどう考えて、どう生きるべきなのかについて書いてみたいと思います。

 

 

プロの情報が得やすくなった

一時期、堀江貴文さんが『寿司職人の修行期間の長さ』に言及したときにも少し話題に出てたと思うのですが、インターネットによってリアルタイムで情報が共有できる時代なので、素人であってもプロ並みの情報を得ることができるようになっています。

 

 

その結果として、今までは存在していたプロとアマの境界線が曖昧になってきています。

 

 

確かに今までは対面で直接教えてもらうしか方法が無いケースもありました。

ですが、今の時代、インターネットで情報共有がリアルタイムに行うことが可能になっていますし、情報共有のフォーマットも文字だけではなく、音声、動画という形態でも可能です。

 

 

さらに、スマホが登場したことによって、パソコンすら必要なくなり、時間も場所も選ばずに情報が得られるようになっています。

 

 

極端な話をすると、日本にいながら地球の裏側のブラジルの人にタイムラグも無く情報を届けることが可能です。

サバンナの八木さんが『ブラジルの人聞こえますか〜』というギャグがありますが、まさにブラジルの人に聞こえさせることも容易にできるわけです。

 

 

ツールの精度が相当高くなった

情報が得やすくなった事と合わせて、大きな要因となっているのが、テクノロジーの進化です。

テクノロジーが発展した事によってツールの精度がとんでもなく高くなってしまったという事。

 

 

今まではプロ用として高価なものを使わないと出来なかったレベルのものが、趣味用のツールでも可能になってしまったということ。

 

 

写真なんてまさにそうですよね。

昔は本格的な写真を撮ろうと思ったら、一眼レフカメラを使って撮影する必要がありました。

 

 

ですが、今ではスマホのカメラで撮影しても素人では差が分からないぐらい綺麗な写真を撮ることが出来ます。

同じようなことが、あらゆるジャンルで起こっているわけです。

 

 

もちろん超一流の人たちと素人では差がありますが、そこまでをお客さん側が求めているかどうかというと、ケースバイケースです。

プロであっても、技術レベルだけでは勝負出来ない時代が少しずつやってきているということです。

 

 

プロではない人が気軽に発信・販売できる環境も整ってきている

昔はプロ以外は他人にお金をもらって商品・サービスを販売することはできませんでした。

ですが、今では一般の人が気軽に商品・サービスを販売できる環境が整ってきています。

 

 

例えば、今まで店舗を構えて商品を販売していたところが、メルカリが登場したことで、スマホ1つで商品が販売することができるようになりました。

それと同じように、airbnb(元:ホテル)、UBER(元:タクシー)、Youtube(元:テレビ)、note(元:書籍)、snapmart(元:写真集)、voicy(元:ラジオ)など、以前はプロの領域だったものが、素人でも出来るようになりました。

 

 

環境的な面でもプロと素人との境目がなくなってきたと言えます。

 

 

プロじゃないからこその意外性

素人革命が起こっている、もう1つの理由が『意外性』です。

職業病という言葉があるように、そのジャンルに精通しているが故に思考が凝り固まってしまうという事は、少なからず誰にでもあるものです。

 

 

『こう来たらこう返す』っていうパターンがたくさん頭に入っているからこそ、専門家として活動出来ているというのはあります。

ですが、時にそれが足を引っ張って思考にフィルターがかかってしまう事も事実です。

 

 

その辺りで素人だからこそできる歪みみたいなものが生まれてきて、そこを突くことで面白い事が起きたりします。

分からないが故に出来てしまうというのが、逆に強みになる事もあるっていうのが面白いところで、それが魅力になる事もあります。

 

 

クオリティじゃなく影響力

話を冒頭の記事に戻すと、これからの時代はスキルだけじゃダメで影響力をつけていくことが重要です。

インスタグラマーとプロカメラマンだったら確実にカメラマンの方が写真を撮影するスキルは高いはずです。

 

 

それにも関わらず、プロカメラマンの撮影した写真より、インスタグラマーの撮影した写真の方が高額で売れるという現実があります。

インスタグラマーの方が数がたくさん売れるというのであれば、すんなり理解はできると思います。

作家の人が書いた本より、芸能人が書いた本が売れるというケースもあるので、同じようなイメージですよね。

 

 

ですが、価格までインスタグラマーの方が高く売れるとなると、もうクオリティーだけでの勝負は出来ないということです。

 

 

そんな時代に何が必要なのかというと、影響力を高めることです。

なぜインスタグラマーの写真が高額で売れるのか?というのは、『影響力があるから』という理由だけです。

逆にいえば、影響力さえ高まれば、その後は何をしてもある程度やっていけるということでもあります。

 

 

 

影響力を高めるためには発信する事

影響力を高めたい!と言ってても影響力は高まりません。

影響力を高めるためには、高めるための行動をしていく必要があります。

 

 

それは何かというと、1つは情報発信です。

情報発信し始めてすぐに影響力が高まるというものではありませんが、コツコツ続けていく事で確実に影響力は高まっていきます。

 

 

インターネットで誰でも自由に情報発信ができるようになったとはいえ、実際に情報発信している人はまだまだ少数派です。

最初は発信してもレスポンスもありませんし、誰にも届かないかもしれません。

 

 

ですが、継続的に発信をし続けることで、確実に影響力は高まっていきます。

今の時代、ブログでもSNSでもYoutubeでも何でも得意なもので情報発信することが可能になっています。

 

 

やるかやらないか。それだけです。

やり続ければ影響力は高まっていきますし、やらなければ誰かの影響を受け続ける一方の人生になるだけです。

 

 

せっかくこのブログを読んでくれているあなたには、影響力を発揮する側の人になってもらいたいですね。

 

 

まとめ

ここ数年の間にいろいろな世の中の変化がありますが、インターネットが起こした変化はとてつもなく大きいものです。

 

 

今までは想像もつかなかった事ができる時代です。

その恩恵を受けられるのも、発信側の人間だけで、受動側の人に関しては今まで以上に可能性を殺して生きていく必要があります。

 

 

いきなり影響力を発揮することは出来ませんが、少しずつ情報発信していくことで確実に影響力は高まっていきます。

ぜひ情報発信をスタートして影響力を高めていきましょう!

 

 

↓この記事を読んでくれた方は以下の記事もオススメです↓

情報発信しないのは存在しないのと同じ事だと思った方が良い

 

 

LINE@のご案内

LINE@では、最新のWebマーケティングやWeb活用に関する情報についてお届けしています。

ご興味ある方は下のボタンよりご登録よろしくお願い致します。
友だち追加

【メール講座】ご案内集客できる!情報発信力向上の7ステップ

無料メール講座を配信しております。

ブログやSNSでの情報発信をこれから始めたいという方、
もしくは始めて間も無い方にオススメのメール講座です。

詳細はこちらに記載していますので、
ご興味ある方はぜひ一度読んでみてください。

オンラインコミュニティーのご案内!

6ヶ月でWebから集客出来る仕組みを作る方法や、最新のWeb活用の情報をシェアしてWeb集客出来る仲間を増やしていくためのコミュニティーです。
お互いのビジネスを高め合い、協力し合ったり、一緒に楽しいイベントで遊んだりする仲間を作りませんか

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で金沢 夏樹をフォローしよう!

Pocket

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事