Pocket

金沢夏樹

『6ヶ月でWebから集客仕組みを作る!』神戸を拠点に活動しているWeb集客コンサルタント。セミナーや勉強会、交流会を主催。直近1年半の期間で累計1,500名以上を集客。

>>詳細なプロフィール★

 

Instagramをビジネス活用する場合に知っておきたい機能の1つに『ビジネスプロフィール』というものがあります。

趣味で利用する場合は、通常のユーザー設定で活用すれば良いのですが、ビジネスで利用する場合は使う・使わないは別として知っておくと良いでしょう。

知っていて使わないのと、知らないのとでは大きな違いですからね。

 

 

今回はInstagramをビジネスに活用する場合に知っておきたい『ビジネスプロフィール』についてお話したいと思います。

ビジネス目的でInstagramを利用している人はぜひご参考にしてみてください。

この記事を読んで欲しい人
  • Instagramをビジネスに利用したい人
  • ビジネスプロフィールというのを小耳に挟んだことがある人
  • お店や教室などでInstagramを使っている人
  • Instagramをより有効活用したい人

 

 

Instagramのビジネスプロフィールとは?

Instagramビジネスプロフィール

Instagramのビジネスプロフィールというのは、その名前からも分かる通りビジネス目的の使用のために用意されたアカウントです。

通常のアカウントと比べてビジネスプロフィールにすることで出来るようになることは大きく次の3つです。

ビジネスプロフィールに変更することで出来ること
  1. ビジネス用の情報の公開
  2. インサイトの参照(リーチ数やクリック数等の投稿に対するデータ参照機能)
  3. 広告の出稿

 

 

ビジネス目的で利用する場合、なんとなく投稿し続けるのではなく、データを見ながら効果が出るように改善していくべきです。

その時に『インサイト』が見れないと改善することも難しいので、ビジネス目的でInstagramを利用する場合にはビジネスプロフィールを活用することがオススメです。

 

 Facebookページと連携が必須では無くなりました。
以前はビジネスプロフィールを使用するためには、Facebookページを作成して連携させる必要がありましたが、今はFacebookページが無くてもビジネスプロフィール単独でも使用することが出来るようになりました。

 

ビジネス用の情報の公開

Instagramをビジネスプロフィールに変更することで、『ビジネスのカテゴリー』や『メールアドレス・電話番号』、『住所』などを公開できるようになります。

Instagramのこの情報から直接問い合わせが来ることは、あまり無いかもしれませんが、情報を公開することによって信頼を得る材料にはなります。

特にお店等で利用している場合は、場所の情報や連絡先は超重要事項なので、必ずビジネスプロフィールにすべきです。

 

インサイトの参照

通常のアカウントの場合、投稿に対する結果というのは『いいね!の数』と『フォロワー数』でしか測定することが出来ません。

それだけだと、自分の投稿がどれぐらいの人に届いていて、どれぐらいの人が自分のことに興味を持ってくれているのかなど、投稿に対する分析をすることが出来るようになります。

なんとなく投稿し続けて狙った結果に繋げることは難しいので、しっかりと仮説を立てて投稿して、その結果がどうだったのかをインサイトを見てチェックして、差異がある場合は原因を考えて改善するというという風に運用していきましょう。

 

Instagramインサイトで見れる項目
  • プロフィール閲覧数
  • リーチ数(投稿が表示されたユーザー数)
  • フォロワーの属性
  • インプレッション数(投稿が表示された回数) etc.

 

広告の出稿

他のSNSと同様にInstagramに関しても投稿に対して広告を出すことが出来ます。

広告を出す場合には、ビジネスプロフィールになっていることが必要です。

InstagramはFacebookと連携しているため、Facebook広告と同様に属性を絞って出稿することが出来ます。

そのため、狙ったターゲット層に比較的情報を届けやすいという特徴があるので、効果的に広告を出しやすいという特徴があります。

 

 

ビジネスプロフィールに変更する場合の注意点

ビジネスプロフィールにする際の注意点

ビジネスプロフィールに切り替えることは簡単に出来るのですが、いくつか注意しておきたい点があるので、ご説明しておきます。

 

ビジネスプロフィール用のアカウントの登録は不要

Facebookのビジネス用のアカウントであるFacebookページを作成する場合、個人アカウントとは別のアカウントを登録する形になります。

 

 

ですが、Instagramの場合は別アカウントを登録する形ではなく、ステータスをビジネス用に切り替えるようなイメージになります。

すでにInstagramを利用していてこれからビジネスプロフィールを活用したいという場合は、既存のアカウントをそのまま利用することもできますし、ビジネス用に別アカウントを用意することもできます。

 

非公開のアカウントはビジネスプロフィールにできない

Instagramのアカウントの設定として、公開・非公開を選ぶことが出来るのですが、ビジネスプロフィールを利用する場合は公開設定にしておく必要があります。

ビジネス目的で利用する場合で非公開にすることはあまり無いとは思いますが、今までプライベート用としてInstagramを使っていた人がビジネスプロフィールに変更しようとした場合に、設定の問題で出来ないケースはあると思います。

その場合は、まず非公開の設定を解除してからビジネスプロフィールに変更するようにしましょう。

 

個人プロフィールに戻すとインサイトがリセットされる

Instagramのビジネスプロフィールに変更したアカウントを通常の個人プロフィールに戻すことが可能です。

ただ、注意しておきたいのは、一度個人プロフィールに戻したタイミングでインサイトの情報はリセットされてしまうので、後から見ることは出来なくなります。

再度ビジネスプロフィールに設定し直せば、またインサイトを見ることは出来ますが、設定し直した後からの分しか見れなくなるので、設定変更する場合は注意して行うようにしましょう。

 

 

まとめ

Instagramのビジネスプロフィールについてご紹介しました。

ビジネス目的で利用する場合に、必ずビジネスプロフィールにしなければならないというわけではありませんが、ビジネスプロフィールにしておいた方が便利であることは間違いありません。

特にインサイトが見れることは大きなメリットだと思いますので、ビジネスで利用する場合にはぜひ活用してみてください。

 

【メール講座】ご案内集客できる!情報発信力向上の7ステップ

無料メール講座を配信しております。

ブログやSNSでの情報発信をこれから始めたいという方、もしくは始めて間も無い方にオススメのメール講座です。

詳細はこちらに記載していますので、ご興味ある方はぜひ一度読んでみてください。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で金沢 夏樹をフォローしよう!

Pocket

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事